eラーニング教材

人材育成の成果につながる研修教材をご提供・作成いたします
全社連携

全社連携

全社連携に向けて、自組織内外の関係者・部門に働きかけ、組織成果の最大化に向けた協働体制を構築する方法を学びます。
約140分

カリキュラム

タイトル

 

概要

 

イントロダクション 動画で確認

 

部長と課長の違いについて学び、これから皆さんに求められることを知る
 
イントロダクション 知識の確認

 

部長と課長の仕事の特徴と差異と、部長が全社連携で果たすべき役割を全うするための全体像について学ぶ

 

Part1:目標達成に向けて部をマネジメントする 動画で確認①
 
課長から部長になると、マネジメントにおいて向き合うべき時間軸が変わり、未来に目を向けるための時間の割合を増やし、現在の管理の部分を減らすことが求められる
 
Part1:目標達成に向けて部をマネジメントする 演習で実践①
 
ケースを読み、主人公が「組織管理」に関して取るべきであった対応について考察する(×1問)
 
Part2:文化を醸成する 動画で確認②
 
組織が継続的に目標達成するためには、目標が浸透しており、行動指針まで定まっている組織のほうが達成確率が高いため、文化を醸成する必要があることと、そのためのステップを学ぶ
 
Part2:文化を醸成する 演習で実践②
 
目標達成のために、組織として私たちがどのような行動をとることが必要かを考える/組織に浸透、定着させるために、どのような表現が適切かを考える(各1問)

 

Part3:部門間での連携を深める 動画で確認③
 
他部門との連携を深めることの重要さと、そのために問題解決の交渉に関する技術を意識的に取り入れる方法を学ぶ
 
Part3:部門間での連携を深める 演習で実践③
 
ケースで自分が望む案/相手にとってもメリットのある案/相手にメリットが伝わりやすい伝え方について考える(×1問)
追加情報を踏まえて、改めて交渉の進め方を検討する(×1問)
人事部長の裏の事情を踏まえて、交渉の形はどのように変わるか考える(×1問)
 
Part4:価値を共創する 動画で確認④
 
変化の大きい事態においては、多様な部門とも高度に連携する必要があり、そのために勝ちが最大化されるような「場づくり」をすることが重要
 
Part4:価値を共創する 演習で実践④
 
自社において、「他部門間連携のポイント」を満たすために実践したいことを考える(×1問)
 
まとめ 動画で振り返り
 
部長として全社連携で果たすべき役割を再度確かめる
 
アンケート

 

コースを受講した気づきや職場で活かせそうな場面などを確かめる

 

 

おすすめ対象者

チェックマーク 部長

チェックマーク 部門間で連携をしている必要性を感じている方

コンテンツの特長

チェックマーク ケースで部門間連携で必要な要素を体感すると共に、自組織でも「部門間連携のポイント」を満たすために実践したいことを考え、現場実践につなげることができます

関連するeラーニング教材

キャリア

キャリアを切り拓く

これまでの経験や志向などから自分のキャリアの方向性を明確にし、現状に満足せずに常に高みを目指して挑戦するために必要なキャリアデザインのポイントを学びます。
設定型問題解決

設定型問題解決

あるべき姿を高くおくことで、今は見えていない問題を自ら「設定」して解決する設定型問題解決について学びます。
リーダーシップ

リーダーシップ理論

リーダーシップ理論の歴史的発展を理解し、特に近年主流とされているコンセプト理論から具体的なリーダーシップスタイルについて学びます。
1on1

1on1ミーティングの基本

1on1ミーティングの重要性を認識し、相手と信頼関係を築き、成長させるためのコミュニケーションスキルについて学びます。
 ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン

ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン

ダイバーシティの推進において、「エクイティ(公平)」の考え方をより明確にした「ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン」について学びます。
一人ひとりの固有のニーズに合わせて、全員が公平に活躍するための考え方を重点的に取り扱います。
リーダーシップ

理感一致のリーダーシップ

「自分らしさ・組織らしさ」を起点として、組織からの期待に応えるためのあり方を学びます。
プレイヤーからマネジャーへの脱却

プレイヤーからマネジャーへの脱却

課長層としての役割を理解し、パフォーマンスを発揮していくための認知力・対応力を学びます。
成果

成果が出せる組織風土の醸成

成果が出せる組織風土の醸成に向けて、組織開発の側面からその方法を学びます。
ベストプラクティスの実装

ベストプラクティスの実装

目標達成に向けて、施策を遂行する体制を整えて実行に移す方法を学びます。
組織の重点戦略の立案

組織の重点戦略の立案

自部門の分析を踏まえて、目標の設定/施策の立案/3か年計画の策定の方法を学びます。
 組織・事業の重点目標の達成

組織・事業の重点目標の達成

機能部門の目標設定及び施策立案に向けて、自部門を分析する方法を学びます。
変革型のリーダーシップ

変革型のリーダーシップ

自分と会社の理念をベースにして、他者や組織を導いていくリーダーシップについて学びます。
未知を切り拓く

未知を切り拓く意識への転換

部長への期待を理解し、自分・組織のさらなる進化に向けた考え方・方法を学びます。
 成長する機会・環境の提供

成長する機会・環境の提供

業務目標の達成とバランスをとりながら、メンバーに成長機会を提供し、メンバーの成長を支援するための方法を学びます。
コミュニケーションのハブ

コミュニケーションのハブ

コミュニケーションの基本プロセスを理解した上で、関係者別のコミュニケーションの取り方を学びます。
 遂行状況のモニタリング及び支援

遂行状況のモニタリング及び支援

プロジェクトを成功に導くために、遂行状況のモニタリングおよび支援の方法を学びます。
他部署・社外との連携を含めた計画立案

他部署・社外との連携を含めた計画立案

プロジェクトの成功確率を高めるための遂行計画の立案方法を学びます。
 職場のあるべき姿の実現

職場のあるべき姿の実現

プロジェクトにおけるスコープ設定の方法を学びます。
共創型のリーダーシップ

共創型のリーダーシップ

リーダーシップ発揮にあたっての基本的な考え方を学びます。
新境地の開拓

新境地の開拓

自分・周囲・組織の成長に向かうために、皆の力を持ち寄るための考え方・行動を学びます。
チームレベルの問題解決・標準化

チームレベルの問題解決・標準化

チームレベルの問題を定義し、問題を分析して解決に向けて実行していく方法を学びます。
計画実行における障害の解消

計画実行における障害の解消

チームの付加価値向上に向けて、実現可能性の高い業務計画を立案する方法を学びます。
※本講座はACM-4-K1『業務生産性の向上』コースを受講された方を対象とします
 業務生産性の向上

業務生産性の向上

生産性向上の観点からチームの付加価値向上の方向性を特定する方法を学びます。
自己マスタリー

自己マスタリー

自分の力量や成果など、現実を直視しつつも常に自分の描く理想の姿に向けて高い目標を掲げて、学び続けるための自分の成長戦略を描く方法を学びます。
ロジカルシンキングドリル

ロジカルシンキングドリル

ロジカルシンキングにおける構造化方法の一つ「ピラミッド構造」を作るための4つのルールについて、一問一答のドリル形式でトレーニングします。
問題解決思考ドリル

問題解決思考ドリル

問題解決プロセスについて、一問一答のドリル形式でトレーニングします。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから
         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る