eラーニング教材

人材育成の成果につながる研修教材をご提供・作成いたします

コミュニケーションのハブ

コミュニケーションのハブ

コミュニケーションの基本プロセスを理解した上で、関係者別のコミュニケーションの取り方を学びます。

約85分

カリキュラム

タイトル

概要

イントロダクション動画で確認

これからは、他部署も含めたより大きな範囲をチームとして捉えることが求められることを学ぶ

イントロダクション知識の確認

皆さんにはコミュニケーションのハブとなることが求められていることを知り、コミュニケーションの基本プロセスを理解した上で、関係者別のコミュニケーションの取り方を学ぶ

Part1:コミュニケーションの基本プロセスを理解・実践する動画で確認①

皆さんに求められるコミュニケーションのコンセプトは、「チームの情報流通の結節点」になることであり、チームの概念をこれまでより広く捉えることが期待されている

Part1:コミュニケーションの基本プロセスを理解・実践する演習で実践①

ケースで、あなたが相手にかける言葉に近い解答を選択する(×3問)
企画したサービス実行にあたり、ほかのメンバーにも協力してもらう必要がある場合、どのように協力を求めるか考える(×1問)

Part2:上司と円滑な関係を築く動画で確認②

上司と円滑な関係を築くために、上司の「立場」と「タイプ」を理解することが重要

Part2:上司と円滑な関係を築く演習で実践②

一般的な組織図を見て、自分の上司の立場に立った時に大変だと思うこと、上司の立場から部下に求める事を想像する(×1問)
みなさんの上司は、どのような点を「評価されている」のか考える(×1問)
みなさんの上司タイプを考える(×1問)
自分の「上司タイプ」に基づき、自分の上司としての特徴/接し方を理解する(×1問)

Part3:現場の意見を吸い上げる動画で確認③

現場の意見を吸い上げるための手順や確認方法を学ぶ

Part3:現場の意見を吸い上げる演習で実践③

会議の内容が腑に落ちていないメンバーとコミュニケーションをとり、意見を吸い上げる(×1問)

Part4:他部署と折衝する動画で確認④

最も重要かつ難しい、他部署と折衝する場面について、ポイントを学ぶ

Part4:他部署と折衝する演習で実践④

2つの係の係長の対話を聴き、お互いの要望・背景を理解した上で、共通目標を見出す(×1問)

アンケート

学びのポイントの理解度と、現場での実践意欲を確認する

おすすめ対象者

  • 管理職手前

コンテンツの特長

  • 上司の立場に立って考えたり、メンバーにお願いをしたりするワークを通して、上司とメンバー両方の目線を理解し、コミュニケーションのハブとなることができるようになります