eラーニング教材

人材育成の成果につながる研修教材をご提供・作成いたします

共創型のリーダーシップ

リーダーシップ発揮にあたっての基本的な考え方を学びます。
約105分

カリキュラム

タイトル

 

概要

 

イントロダクション 動画で確認
 
プレーヤーから管理職層に向かっていく皆さんには、より、組織全体の目的達成に向けた視野・視座で業務に取り組むことが期待されていることを学ぶ
 
イントロダクション知識の確認
 
人を動かす方法にはポジションパワーとパーソナルパワーがあり、パーソナルパワーによって人を動かすことが期待されていることを学ぶ
 
Part1:メンバーの可能性に目を向ける動画で確認①
 
メンバーの可能性を信じ、メンバーの未来の可能性に目を向けることを学ぶ
 
Part1:メンバーの可能性に目を向ける演習で実践①
 
Aさんの改善すべきポイントと信頼を失うような行動の要因を挙げる(×1問)
自分が普段持ってしまいがちな過去の経験に基づく偏見と、その偏見を引き起こしている要因を考える(×1問)
 
Part2:ゴールをメンバーに共有する動画で確認②
 
パーソナルパワーによってメンバーに向かっていきたいと思えるようなゴールを示し、そこにメンバーが辿り着くための支援をすることについて学ぶ
 
Part2:ゴールをメンバーに共有する演習で実践②
 
2人の係長の、メンバーに対する伝え方をそれぞれ読み、どちらの係長についていきたいと思うのか、それはなぜかを考える(×1問)
実際の職場であなたの上司から伝達されたゴールを、リーダーとしてメンバーに伝える内容を整理する(×1問)
 
Part3:メンバーのパフォーマンス発揮を支援する動画で確認③
 
チーム皆でゴールに辿り着くために、メンバーが動機づけられた状態を作る支援について学ぶ
 
Part3:メンバーのパフォーマンス発揮を支援する演習で実践③
 
自チームに配属されたばかりの新入社員に質問された場合、あなたならどのように対応するか考える(×1問)
 
Part4:批判に向き合う動画で確認④
 
仕事をしていると避けられれない「批判」について、向き合い方を学ぶ
 
Part4:批判に向き合う演習で実践④
 
今までにメンバーや後輩に批判されたことを思い出し、どのような行動に対して誰からどのような批判を受け、どのように感じ、どのような対応をしたかを整理する(×1問)
 
巻末資料
 
リーダーシップ理論の変遷を理解する
 
アンケート
 
学びのポイントの理解度と、現場での実践意欲を確認する
 

 

 

おすすめ対象者

チェックマーク 管理職手前

 
 

コンテンツの特長

チェックマーク ケースと自分自身の場合の両方で、リーダーシップにまつわるワークを実施することで、求められる水準を学びながら現場での行動発揮を意識することができます

関連するeラーニング教材

キャリアを切り拓く

これまでの経験や志向などから自分のキャリアの方向性を明確にし、現状に満足せずに常に高みを目指して挑戦するために必要なキャリアデザインのポイントを学びます。

リーダーシップ理論

リーダーシップ理論の歴史的発展を理解し、特に近年主流とされているコンセプト理論から具体的なリーダーシップスタイルについて学びます。

ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン

ダイバーシティの推進において、「エクイティ(公平)」の考え方をより明確にした「ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン」について学びます。
一人ひとりの固有のニーズに合わせて、全員が公平に活躍するための考え方を重点的に取り扱います。

理感一致のリーダーシップ

「自分らしさ・組織らしさ」を起点として、組織からの期待に応えるためのあり方を学びます。

プレイヤーからマネジャーへの脱却

課長層としての役割を理解し、パフォーマンスを発揮していくための認知力・対応力を学びます。

成果が出せる組織風土の醸成

成果が出せる組織風土の醸成に向けて、組織開発の側面からその方法を学びます。

全社連携

全社連携に向けて、自組織内外の関係者・部門に働きかけ、組織成果の最大化に向けた協働体制を構築する方法を学びます。
約140分

変革型のリーダーシップ

自分と会社の理念をベースにして、他者や組織を導いていくリーダーシップについて学びます。

未知を切り拓く意識への転換

部長への期待を理解し、自分・組織のさらなる進化に向けた考え方・方法を学びます。

アジャイル思考

【中野安美講師】
昨今のデジタル変革推進や変化の激しい市場へ対応するため注目されている「アジャイル」。最近ではソフトウェア開発だけでなく、様々な分野や業種でも導入されています。本講座では、アジャイルが生まれた背景やアジャイルの考え方、そしてアジャイルで最も多く採用されている「スクラム」について、ベースとする考え方、フレームワークを構成する3つの役割・5つのイベント・3つの作成物について解説します。

新しい価値創造のためのデザイン思考研修

【山原すすむ講師】
従来のビジネスのやり方ではデータや数字、フレームなど左脳的なアプローチから新しい商品やサービスを考えることが通常でした。しかし、変化が激しく顧客の嗜好が多様化した現代においては、こうした手法でビジネスを進めると他と差別化が難しくなり、従来の延長上での結果しか得られない、というジレンマに陥ります。これに対してどのように新しい発想を得ていくかを事例を交えて解説します。

データ分析概論

【ヤフー鎌田篤慎講師】
現代は、データ解析を行う機会が増え、客観的な事実にもとづいてた意思決定や行動が求められる時代です。ビジネスシーンにおいても、分野や業種を問わず、様々な場面において、信頼できるデータを収集し、分析することで課題解決を図ることが求められるようになりました。本講座では、データ分析を行う上で必要となる考え方を、データ分析の基本的なプロセスに沿って、具体事例を交えながら解説します。

成長する機会・環境の提供

業務目標の達成とバランスをとりながら、メンバーに成長機会を提供し、メンバーの成長を支援するための方法を学びます。

コミュニケーションのハブ

コミュニケーションの基本プロセスを理解した上で、関係者別のコミュニケーションの取り方を学びます。

職場のあるべき姿の実現

プロジェクトにおけるスコープ設定の方法を学びます。

新境地の開拓

自分・周囲・組織の成長に向かうために、皆の力を持ち寄るための考え方・行動を学びます。

率先型のリーダーシップ

決断の状況における、自分の傾向を認識します。

自己マスタリー

自分の力量や成果など、現実を直視しつつも常に自分の描く理想の姿に向けて高い目標を掲げて、学び続けるための自分の成長戦略を描く方法を学びます。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから
         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る