etudesとは

詳しい資料はこちら

約20年の人材育成ノウハウが詰まったeラーニングが
組織の成長をアシスト

etudes(エチュード)は、社内教育に必要な機能をこれひとつに集約したクラウド型eラーニングシステム(LMS)です。
受講者にも管理者にも使いやすいUI/UXと、人材育成に約20年間の豊富な実績を持つ私たちアルーのノウハウと教材が、
お客さまの社内教育における様々な課題を解決へと導きます。

サービス内容の紹介

01

わかりやすいUI/UXが受講者のスマートな学習をサポート

etudes(エチュード)は、様々な年代の受講者・管理者のみなさまが、マニュアルが無くとも直感的にお使いいただけるよう、わかりやすいUI/UXにこだわったeラーニングシステムです。
パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット端末にも対応し、時間や場所を選ばないスマートな学習をサポート。
動画やドキュメントファイルでの教材の配信はもちろん、ご自身に必要な学習コースをひと目で見つけられるパネル型のホーム画面や、教材を探しやすい検索機能、画面上にリアルタイムで反映される進捗状況などにより、お客さまにおける人材育成のDX化とeラーニングの定着を実現します。
サービス01
サービス02
02

社内教育の管理もetudesだけで実現

eラーニングによる学習だけでなく、これまで煩雑となっていた社内教育の管理もetudesが解決。
eラーニングの受講履歴をわかりやすく可視化するのはもちろん、オンライン・オフラインの社内研修の告知や出欠をスピーディーに管理でき、研修管理者のみなさまの業務負担を大幅に削減します。
また、お客さまの人事システムとの連携により、社員情報や組織情報をシームレスに同期することも可能。
少人数から数十万人まで、企業の規模にかかわらず人材育成のスマートな管理をetudesだけで実現します。

03

人材育成を専門とするアルーならではの教材と教育ノウハウでお客さまに貢献

私たちアルー株式会社は、2003年の設立以来、約20年間にわたって、人材に対する研修と組織改善のためのコンサルティングによるトータルソリューションで、多数の企業に貢献してまいりました。
etudesでは、そんなアルーの長年の人材育成ノウハウが詰まったeラーニング教材を配信しています。
新入社員や内定者はもちろん、中堅社員やチームリーダー、管理職にいたるまで、組織における様々な階層を想定した教材をラインナップ。
様々な業界のプロフェッショナルを育ててきたアルーならではの教育ノウハウが網羅されています。
また、独自の研修教材の新たな制作も承り、企画から効果測定までトータルでサポートします。
サービス03

開発思想

少子化×人工知能の世界をどう生きるのか

ai
今後20年で日本の労働人口の約50%がAIやロボットで代替可能になる、とも言われています。この波に飲み込まれないようにするには、置き換えの利かない知識やスキルを身に付ける以外に道はありません。

その手段の1つとして、手軽さと効果測定の容易さからeラーニングシステムの活用こそが重要だと認識されるよう、システムの使いやすさ・コンテンツのクオリティ・活用方法のご提案の3方向から価値をご提供していきます。

日本のeラーニングを変える必要性

これまでの日本のeラーニングは、全社員必須受講研修の配信に重きを置きすぎる傾向がありました。そんな教育実施方法の”効率”のみを追い求めている間に、世界では「タレントマネジメント」「ピープルアナリティクス」といった、より高度な人材マネジメント手法が広まりつつあり、eラーニングもその1ピースとして役割を広げています。

このような世界の最新の潮流を取り入れながらも日本企業ならではの人材の育成方法を追求していき、日本発ならではのeラーニングを作り上げていきたいと考えています。
pc

企業内人材育成に関するアルーの豊富な知見

alue
社会人の人材育成には、子ども向けの学校教育とは異なるコンセプトやノウハウが必要です。子どもにとっては学習することが”目的”ですが、大人にとっては学習は業務で成果を上げるための”手段”の1つだからです。

アルーには、成人学習理論やインストラクショナルデザイン等の理論、カスタマイズ等により培ったコンテンツ制作の実績、育成の成果の見える化とそれにもとづく設計のノウハウのすべてがあります。

より詳しい背景などをお知りになりたい方はぜひお気軽にお問い合わせください。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから
         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る