eラーニング教材

人材育成の成果につながる研修教材をご提供・作成いたします

計画実行における障害の解消

計画実行における障害の解消

チームの付加価値向上に向けて、実現可能性の高い業務計画を立案する方法を学びます。
※本講座はACM-4-K1『業務生産性の向上』コースを受講された方を対象とします

約85分

カリキュラム

タイトル

概要

イントロダクション

チームの付加価値向上に向けて、実現可能性の高い業務計画を立案する方法を学ぶ

Step1:理想のゴールを明確化する動画で確認①

理想のゴールを明確化するうえでは、実現可能かを一旦脇において、最大の付加価値を出せるゴールを考えることが重要

Step1:理想のゴールを明確化する演習で実践①

ケースと自チームの場合それぞれで理想のゴールを設定する(各1問)

Step2:必要なリソースを見積もる動画で確認②

現状を一旦脇において、理想のゴールを実現するために最大限効果的なリソースを見積もることが重要であることと、そのプロセスを学ぶ

Step2:必要なリソースを見積もる演習で実践②

ケースで理想のゴールを実現するプロセスをもとに最適な手段を選ぶ(×1問)
自チームの理想のゴールについて、ロードマップを設定するとともに、必要なリソースを見積もる(各1問)

Step3:複数案を考える動画で確認③

チーム全体を巻き込むために、上司の意思決定を促すべく、複数案のゴールを設定することを学ぶ

Step3:複数案を考える演習で実践③

自チームの理想のゴールとそれに必要なリソースをもとにゴール案を複数考え、改めてロードマップとリソースを考える(×1問)

Step4:計画を精緻化し割り振る動画で確認④

ロードマップをさらに細かく見て、マイルストーンを設定し、メンバーに仕事を割り振るという、計画の精緻化と仕事の割り振り方について学ぶ

Step4:計画を精緻化し割り振る演習で実践④

理想のゴールをもとに、自チームのメンバーに作業を割り振る(×1問)

アンケート

学びのポイントの理解度と、現場での実践意欲を確認する

おすすめ対象者

  • 中堅・リーダー層

コンテンツの特長

  • ケースと自チームの場合の両方で同じ演習を行うことで、計画実行において求められれる水準を体感しつつ、現場実践につなげることができます