eラーニング教材

人材育成の成果につながる研修教材をご提供・作成いたします

キャリアの可能性を拡げる

キャリアの可能性を拡げる

中長期的視点から自身のキャリアを捉え、若手社員に必要なキャリアデザイン力を伸ばすためのポイントを学びます。

約90分

カリキュラム

タイトル

概要

イントロダクション 動画で確認

キャリアの可能性を拡げることの意義と、キャリアデザイン力を伸ばすための方法について概要を学ぶ

イントロダクション 演習で実践

入社してからこれまでの期間において一般的に発生するキャリアの課題を見て、それぞれの項目について「どのようなことがあって」「どう解決してきたか」を振り返る(×1問)

Part1:現状を知る 動画で確認①

キャリアデザインの状態を知るための、「キャリアの効果性」という考え方について学ぶ

Part1:現状を知る 演習で実践①

自分のキャリアの効果性の現状を把握するためにワークシートでチェックする(×2問)
これまでを振り返り、自分のキャリアの効果性の変遷を知る(×3問)

Part2:方向性を捉える 動画で確認②

キャリアの可能性を拡げつつ、方向性を捉えるということがどういうことを意味しているのか、そしてそれをどう実現するのかを学ぶ

Part2:方向性を捉える 演習で実践②

価値観を明確にするために、理想と現状について考える(×3問)
自分の価値観と経営理念とを接続させるためのワークに取り組む(×2問)

Part3:経験を蓄積する 動画で確認③

キャリア形成のために経験を蓄積するということがどういうことを指し、どう実現していけば良いのかを学ぶ

Part3:経験を蓄積する 演習で実践③

自分の強みを言語化するために、これまでの経験を思い出す(×3問)
具体的な仕事の場面を3つ考え、それぞれについて自分の強みをどう活かすかを考える(×1問)

最後に 動画で振り返り

これまでの内容をまとめとして振り返る

最後に 自分との約束

「キャリアの可能性を拡げる」ことを継続するために、職場でどういう行動をしていくかを考える(×1問)

アンケート

プログラムへの満足度や気づき、現場で活かせそうなことについて確認する

おすすめ対象者

  • 20代後半社員
  • 若手社員

コンテンツの特長

  • 20代後半の若手社員に「キャリアのおおまかな方向性を持ちつつ、どんなことにも前向きにチャレンジする」ことを目指します。