catch-img

eラーニングの比較方法。おすすめLMSの紹介と導入のメリットとは

自社にとってベストなeラーニングを選ぶには、まず各社のeラーニングを比較・検討することが重要です。

eラーニングの比較方法には、どのようなセキュリティ対策を採用しているか、準備期間と費用はどれくらいかなど、複数の検討項目があります。

今回はeラーニングの比較方法のポイントや、eラーニングを導入するメリット・デメリット、eラーニングのタイプなど、eラーニングを比較・検討したい時に知っておくべきことをまとめて解説いたします。

目次[非表示]

  1. 1.eラーニングとは
    1. 1.1.eラーニングと集合研修の比較
  2. 2.eラーニングのメリット
    1. 2.1.コストと手間を削減できる
    2. 2.2.進捗管理が可能
    3. 2.3.教材の配布・更新・再利用が容易
  3. 3.eラーニングのデメリット
  4. 4.eラーニングのタイプ
    1. 4.1.汎用型教材コンテンツがあるタイプ
    2. 4.2.特化型教材コンテンツがあるタイプ
    3. 4.3.自社コンテンツの運用を重視するタイプ
    4. 4.4.コンテンツ作成を重視するタイプ
  5. 5.eラーニングの比較ポイント
    1. 5.1.オンプレミス型かクラウド型か
    2. 5.2.教材の内容は充実しているか
    3. 5.3.運用規模が合っているか
    4. 5.4.eラーニングの標準規格に合ったものか
    5. 5.5.運用のための機能が備わっているか
    6. 5.6.スマホに対応しているか
    7. 5.7.セキュリティ対策ができているか
    8. 5.8.準備期間と費用はどれくらいか
  6. 6.etudesと他社LMSの比較
    1. 6.1.価格
    2. 6.2.教材の内容
    3. 6.3.セキュリティ対策
    4. 6.4.対象企業規模
  7. 7.まとめ


eラーニングとは

まず、eラーニングの基本情報をお伝えいたします。

eラーニングの「e」とはelectronicの略で、eラーニングという言葉は「電子学習」を意味します。インターネットを利用した学習形態のことで、パソコンやスマートフォン、タブレットを用いて学習が行われます。

1950年代にはコンピューターを利用した学習が着目されており、1990年代にパーソナルコンピューターやCD-ROMを利用して一般化していきました。2000年代には「eラーニング」という言葉と、Webを利用した学習方法が広まっていきます。

そして2010年代、スマートフォンやタブレットに対応したeラーニングも出始め、現在に至ります。


eラーニングと集合研修の比較

eラーニングと集合研修には、どのような違いがあるのでしょうか。おおまかに見ていきましょう。



eラーニング
集合研修
場所
インターネット
研修会場
時間
いつでも
指定時間
コスト
導入・運用費
会場・講師・資料・運営・宿泊費等
講師
一度の出演のみ
研修を実施するごとに出演が必要


このように、eラーニングはインターネットでいつでもどこでも学習ができる一方、集合研修は指定の時間と場所で学習をするという特徴があります。他にも、eラーニングは継続的なコストが、集合研修は一時的なコストがかかることがわかります。


eラーニングのメリット

メリットとデメリット


集合研修との違いを知ったところで、eラーニングを導入するメリットを紹介していきます。

  • コストと手間を削減できる
  • 進捗管理が可能
  • 教材の配布・更新・再利用が容易

以下にて詳しく見ていきましょう。


コストと手間を削減できる

eラーニング導入のメリットとして挙げられるのは、集合研修に比べコストと手間を削減できることです。前章で紹介した通り、集合研修には会場費や講師代などさまざまな費用がかかります。

たとえば、集合研修の場合、新人研修を毎年4月に行うとすると、毎年コストを割かなければいけません。一方eラーニングは、一度作成してしまうと以降かかるコストは運用費のみです。相対的に見て、eラーニングの方がコストを削減できると言えるでしょう。

また、毎年の新人研修を集合研修で行うとすると、イベントを企画・運営する手間も毎年必要になります。eラーニングでは、それらの手間が一切必要ありません。システムを運用していく手間のみとなるため、場合によっては人員削減も可能でしょう。


進捗管理が可能

一般的にeラーニングは、LMS(Learning Management System)というシステムと併用し運営されます。学習管理システムとも呼ばれるLMSでは、学習者一人ひとりの学習の進捗管理が可能となっています。

LMSで可能となるのは、学習進捗管理だけではありません。

  • 教材管理
  • 成績管理
  • 提出物管理
  • メール、メルマガ配信管理

このように、受講者の学習に関わるさまざまなことが、LMSを利用したeラーニングでは可能となります。


教材の配布・更新・再利用が容易

eラーニングは、教材をインターネットで配布するため、資料を人数分印刷する必要がありません。コスト削減につながるだけでなく、間違いがあった時など、内容を更新しやすいというメリットもあるのです。

また、紙の資料を繰り返し使おうとした時、保管に場所が取られます。eラーニングであれば場所を確保する必要はありませんし、何度でも繰り返し資料を閲覧することが簡単に行えるのです。


eラーニングのデメリット

コストや手間を削減し、学習の進捗管理や教材の配布・更新などが容易にできるというメリットの多いeラーニングですが、一方でデメリットもあります。

もっとも一般的なデメリットには、モチベーションの維持が難しいことが挙げられるでしょう。集合研修では勉強に対する強制力が発生しますが、eラーニングにはそれがほとんどありません。eラーニングはいつでもどこでも学習が可能という特徴がありますが、それが仇となるデメリットです。

いつでもどこでも学習ができるから、今でなくてもかまわないといった心理が働き、学習のモチベーションが低くなってしまいます。

また、eラーニングはインターネットですべてが完結できる特徴があり、実技が伴う研修には向きません。ただし、実技研修のスケジュールを調整できるLMSも存在するため、実技が必要な職種である場合は、eラーニングと実技研修を併用すると良いでしょう。


eラーニングのタイプ

eラーニングのメリットとデメリットを確認したところで、次は「eラーニングのタイプ」を知っていきましょう。eラーニングのタイプには、以下の4種類があります。

  • 汎用型教材コンテンツがあるタイプ
  • 特化型教材コンテンツがあるタイプ
  • 自社コンテンツの運用を重視するタイプ
  • コンテンツ作成を重視するタイプ

ではここから、詳しく紹介していきます。


汎用型教材コンテンツがあるタイプ

まず、汎用とは、さまざまな用途に活用できることです。汎用型教材コンテンツとは、さまざまな用途に活用できる教材コンテンツを用意しているeラーニングのことを指します。

新人教育、中堅社員向け、チームリーダー向け、ビジネススキル教育、など、さまざまな汎用型コンテンツを網羅したeラーニングが、まず一つ目のeラーニングのタイプです。


特化型教材コンテンツがあるタイプ

続いては、特化型コンテンツがまとまっているeラーニングタイプです。

特化型コンテンツとは、汎用型のようにさまざまなスキルを網羅しているものではなく、英語、ITスキル、技術系スキルなど、なにか一つに特化したeラーニングのことです。


自社コンテンツの運用を重視するタイプ

続いては、自社コンテンツの運用を重視するタイプです。自社でコンテンツを作成し、LMSを利用してeラーニング化させることを重要視しているタイプです。

教材作成のノウハウを持っているのであれば、自社でeラーニングを内製することができます。eラーニング教材の内製をサポートするサービスも、一部LMSベンダーでは行っているため、確認してみると良いでしょう。


コンテンツ作成を重視するタイプ

最後は、コンテンツ作成を重視するタイプです。経験豊富なコンサルタントが担当として付き、自社がeラーニング化させたいものをヒアリングしコンテンツ化させます。

eラーニングベンダーの中には、コンテンツ作成の特別なノウハウを持っているところもあります。eラーニング教材作成のプロと共に、自社独自の教材コンテンツが作成できるでしょう。


eラーニングの比較ポイント


勉強する男性

eラーニングのタイプを確認したところで、ここからはeラーニングの比較ポイントを見ていきましょう。

eラーニングの比較ポイントは、以下の8つです。

  • オンプレミス型かクラウド型か
  • 教材の内容は充実しているか
  • 運用規模が合っているか
  • eラーニングの標準規格に合ったものか
  • 運用のための機能が備わっているか
  • スマホに対応しているか
  • セキュリティ対策ができているか
  • 準備期間と費用はどれくらいか

では、詳しくまとめていきます。


オンプレミス型かクラウド型か

eラーニングには、「オンプレミス型」と「クラウド型」が存在します。

  • オンプレミス型:自社サーバーにLMSを構築し、eラーニングを取り入れる方法
  • クラウド型:SaaSサービスとしてLMSを利用し、eラーニングを取り入れる方法

一般的にオンプレミス型は、導入コストに大きな金額がかかり、運用費は抑えられる特徴があります。一方クラウド型は、導入コストが安く、運用費がオンプレミス型よりかかります。

より導入が簡単なクラウド型が、現在の主流となっています。


教材の内容は充実しているか

教材が充実しているかどうかは、eラーニング選択の重要なポイントです。せっかくeラーニングを導入しても、利用できるeラーニング教材がなければ元も子もありません。自社が求めている教材があるかどうか、導入前にきちんと確認しましょう。

また、教材を一から作成したいと考えている企業は、教材作成のサポート体制がしっかりしているかどうかもチェックポイントです。

専門的な知識を持ったコンサルタントはいるか、小さな悩みでも聞いてくれる親切なベンダーか、そもそもどんなeラーニングを導入すればいいか分からないといった根本的な悩みでも聞いてくれるか、長い付き合いとなるeラーニングベンダーですから、確実に信頼できるところを選ぶようにしましょう。


運用規模が合っているか

自社がどの程度の規模で運用を検討しているのか、しっかりと確認してからeラーニングは選ぶようにしましょう。ベンダーによっては、下限利用者数や上限利用者数を定めているところもあります。

運営規模が決まっていなかったり、最初は少人数からはじめて徐々に大規模運用にしたいといった企業であれば、下限利用者数と上限利用者数が定まっていないeラーニングを選択すると良いでしょう。


eラーニングの標準規格に合ったものか

eラーニングには、国際的な標準規格があります。SCORM(スコーム)と呼ばれる標準規格は、Sharable Content Object Reference Modelの略称です。

eラーニングは「eラーニングコンテンツ」と「LMS」の、2つの要素からできています。この2つの要素が構築される規格の、標準の形がSCORMです。たとえば、この規格が適応されていないeラーニングコンテンツを採用してしまうと、使用したいLMSで反映ができなくなってしまうのです。

eラーニング導入時には、SCORMについてしっかりと知り、SCORM規格に則って作成されたものを選択するようにしましょう。


運用のための機能が備わっているか

eラーニングは、導入しただけではその効果を完全に発揮できるとは言えません。eラーニングコンテンツの追加支援をやっているか、内製化支援をやっているか、場合によっては導入後にオリジナルコンテンツを追加したい要望が出た時、その対応をやってもらえるか、柔軟な導入後支援があるかどうかは必ず確認したいポイントです。

また、人材教育のコンサルタントサービスがあるかどうかも評価の転換点となるでしょう。eラーニングをより効果的に取り入れるためには、導入後にどのようなサービスがあるかどうかを明確にして、ベンダーを選択する必要があるのです。


スマホに対応しているか

スマートフォンやタブレットに対応しているかどうかも、eラーニング比較のポイントです。スマートフォンに対応していると、学習者がいつでもどこでも学習をすることができます。モチベーションの向上にもつながるため、スマートフォン・タブレット対応をしているeラーニングを選択するようにしましょう。

また、レスポンシブデザインを採用しているかどうかも評価のポイントです。レスポンシブデザインとは、使用する端末によって画面の大きさを最適化するデザインのことです。同一URLを使用しているため、端末によって個別にエラーが出ることを防ぐことができます。


セキュリティ対策ができているか

セキュリティ対策がどの程度できるかも、重要なeラーニング比較のチェック項目でしょう。

eラーニングでは、場合によって社外秘の情報を取り扱うこともあります。重要な情報を社外に漏らさないように、どのような工夫をしているのか、eラーニングを選択する時には比較するようにしましょう。


準備期間と費用はどれくらいか

eラーニングは、導入までに準備期間が必要になる場合があります。たとえば、コンテンツを一から作りたい場合、eラーニング納品までに以下のような行程が必要になります。

  • コンサルタントからのヒアリング
  • プランニング・見積もり
  • 設計・作成

ベンダーや状況によってこれらにかかる期間はさまざまですが、導入までに大体どれくらいの時間がかかるのかは、検討段階で確認しておきましょう。

すぐに導入をしたいと考えている場合は、既存のeラーニングコンテンツを基に準備すると良いでしょう。

また、全体でかかる費用がどれくらいなのかも事前チェックのポイントです。これも場合によってさまざまであるため、公式HPなどに目安が載っていないことがあります。見積もりを無料で行っているベンダーもあるため、気になったら気軽に問い合わせを行うと良いでしょう。


etudesと他社LMSの比較

etudes

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

アルー株式会社が20余年の人材育成ノウハウを活かして開発した、eラーニングサービス「etudes(エチュード)」。ここからは、etudesと他社LMSの比較を行っていきます。

etudesには、どのような特徴があるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。


価格

ではまずは、価格を見ていきましょう。



費用の目安

etudes

~500円/ID課金制

A社

月額980円~/1ID

B社

月額198円/ID
C社
月額1,500円/1ID~
D社
月額1,500円~/ID
E社
月額80,000円~
F社
月額4,000円~
G社
月額2,500円〜/名
H社
月額4,900円~/50人

1IDあたりの金額は、他社と比べて安いことが分かります。また、1IDあたりの金額の上限が500円と定まっているため、月額利用料のシミュレーションがしやすいでしょう。


教材の内容

続いて、おおまかな教材内容の特徴を比較していきましょう。



教材内容の特徴
etudes
用途別に豊富な教材、教材アップロード数無制限、運用サポートあり
A社
教材3,000レッスンが見放題
B社
1,500本以上の研修動画を提供
C社
社内研修・人材育成系の教材が充実
D社
初心者向けでシンプル・簡単
E社
テスト機能に強み
F社
Web業界・IT業界に特化した教材
G社
幅広いジャンルの講座を用意
H社
管理職に求められる知識・スキルに特化

etudesは、汎用型のeラーニングサービスです。さまざまなニーズに対応したセットプランの他にも、教材のアップロード数無制限という特徴があります。もちろん、教材の内製化の運用サポートもあり、eラーニングのカスタマイズも比較的容易に行えると言えるでしょう。

etudesの教材について詳しくは『eラーニング教材一覧』をご覧ください。


セキュリティ対策

セキュリティ対策も比較対象の一つです。詳しく見ていきましょう。


セキュリティの特徴
etudes
Microsoft® Azure®のPaaSを利用し、高いセキュリティを実現
A社
2段階認証やアクセス制限でセキュリティを強化
B社
限られた視聴者のみに高セキュリティに動画を配信できる
C社
社内ポータルとのシングルサインオンを実現


※非公開のベンダーは省略しています。

etudesは、数多くあるクラウド型eラーニングサービスの中でも、トップクラスのセキュリティを擁しています。ベンダーによってセキュリティ対策の方法が異なることはよくあることなので、資料請求などをして比べてみると良いでしょう。

etudesのセキュリティについて詳しくは『セキュリティ』をご覧ください。


対象企業規模

最後に、企業規模について比較をしていきましょう。


対象企業規模
etudes
すべての規模に対応
A社
1,000名以上
B社
すべての規模に対応
C社
100名以上 ※対象者10名程度でも利用可
D社
小規模~2,000名以上にも対応
E社
100ID〜
F社
1,000IDまで


※非公開のベンダーは省略しています。

自社がどの程度の規模で導入を検討しているのかを明確にした上で、気になるベンダーがどのような規模でサービスを展開しているのか確認しましょう。非公開のベンダーもいくつかあるので、気になった際は問い合わせをしてみると良いです。

etudesは、すべての規模に対応をしています。小規模からはじめて、大規模運用に移行していく方法も可能です。

比較した結果からetudesは導入しやすい価格帯で、あらゆる規模の企業に対応し、教材の充実度も高くセキュリティ面でも安心なクラウド型eラーニングシステムであることがわかります。


まとめ

複数あるeラーニングを選択する時、大手企業だから、問い合わせ件数が多いからといった理由で安易に決めてしまうと、後になって後悔する可能性もあります。

eラーニングをなんのために導入するのか、その目的をしっかりと明確にしてから、eラーニングシステムの導入を検討することをおすすめします。自社の目的を解決できるeラーニングかどうか、今回の記事で紹介したポイントを確認しながら、比較・検討しましょう。

etudesは、比較的安価で教材のアップロード数が無制限、万全のセキュリティ対策を取っており、すべての企業規模に合致したeラーニングシステムです。

ご興味をお持ちの方は、是非お気軽にお問い合わせください。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る