catch-img

【2024年最新】eラーニングシステム(LMS)の比較項目を徹底解説!

自社にとってベストなeラーニングシステムを選ぶには、まず各社のeラーニングシステムを比較・検討することが重要です。
eラーニングシステムを比較するには、どのようなセキュリティ対策を採用しているか、準備期間と費用はどれくらいかなど、複数の検討項目があります。
今回はeラーニングシステムを比較・検討したい時に知っておくべきことや、eラーニングシステムを導入する前の注意点などをまとめて解説いたします。


実際に企業でどのように人材育成をしているのか、他社事例を知りたい方は「導入事例:住友ゴム工業株式会社 / 株式会社メガネトップ / 株式会社オカムラ / 他」で詳しくご紹介します。

etudesでは「人材育成の運営工数を削減したい」「eラーニングで育成施策の成果を上げたい」企業様をご支援しています。人材育成にお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


目次[非表示]

  1. 1.自社に最適なeラーニングシステムを見つけるにはまず比較!
    1. 1.1.そもそも、eラーニングとは?
    2. 1.2.eラーニングによる社員研修が注目される背景
  2. 2.eラーニングシステムの比較項目一覧
    1. 2.1.オンプレミス型かクラウド型か
    2. 2.2.受講者向け機能・使いやすさ
    3. 2.3.管理者向け機能・使いやすさ
    4. 2.4.セキュリティ対策ができているか
    5. 2.5.標準規格(SCORM)への準拠
    6. 2.6.システム導入時に必要となる作業
    7. 2.7.運用開始後のサポート体制は万全か
    8. 2.8.開発体制・不具合の対策について
    9. 2.9.料金形態や相場に合っているか
    10. 2.10.契約書
    11. 2.11.人材育成に関する知見
  3. 3.eラーニングシステム導入前には必ず無料トライアルがおすすめ
    1. 3.1.教材のアップロードの方法
    2. 3.2.受講者管理の方法
    3. 3.3.管理者権限が分かれているか
    4. 3.4.動作の速さや使いやすさ
  4. 4.使いやすいeラーニングシステムなら「etudes」
  5. 5.etudesと他社LMSの比較
    1. 5.1.【比較①】価格
    2. 5.2.【比較②】教材の内容
    3. 5.3.【比較③】運営サポート体制とセキュリティ対策
    4. 5.4.【比較④】利用できる従業員規模の制限
  6. 6.まとめ


eラーニングシステムetudesが分かる資料セット(会社紹介・サービス概要・導入実績)をダウンロードする


自社に最適なeラーニングシステムを見つけるにはまず比較!

	LMSイラスト

自社で行っている研修を、eラーニングによってオンライン化したいと考える企業は数多くあります。eラーニングを管理するツールはさまざまなベンダーから提供されているため、どれを選ぶべきか迷ったらまずは比較して検討することが重要です。

しかし、ツールとなるeラーニングシステムやLMS(学習管理システム)はどこを基準に比較すればいいのかわからないことも多いでしょう。

eラーニングの比較ポイントについて理解を深めるため、まずはeラーニングの基本情報からご紹介いたします。


そもそも、eラーニングとは?

eラーニングの「e」とはelectronicの略で、eラーニングという言葉は「電子学習」を意味します。インターネットを利用した学習形態のことで、パソコンやスマートフォン、タブレットを用いて学習が行われます。

1950年代にはコンピューターを利用した学習が着目されており、1990年代にパーソナルコンピューターやCD-ROMを利用した初期のeラーニングが一般化していきました。2000年代には「eラーニング」という言葉と、Webを利用した学習方法が広まっていきます。

そして2010年代、スマートフォンやタブレットに対応したeラーニングも出始め、現在に至ります。


eラーニングによる社員研修が注目される背景

eラーニングによる社員研修が一般化した背景には、働き方の変化や企業のDX推進などがあります。
全国の社員を本社に集めて集合研修を行うには、教室代・交通費・宿泊費といったコストが発生し、業務の忙しさによっては参加できない社員が出ることもよくありました。
従来のアナログな研修方法を見直し、居住地や勤務場所に関わらず、全ての社員に対して均等に研修を実践するために、eラーニング研修を導入する企業が増えたのです。



▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら



eラーニングシステムの比較項目一覧

	Learnig Management System

eラーニングの基本情報を理解したところで、ここからはeラーニングシステムの比較ポイントを見ていきましょう。
以下にまとめる11のポイントを比較して、自社にとってベストなeラーニングシステムを選んでください。


オンプレミス型かクラウド型か

eラーニングには、「オンプレミス型」と「クラウド型」の2種類のプラットフォーム提供形態が存在します。
オンプレミス型は自社サーバーにLMSを構築する形態で、カスタマイズ性に優れていますが、高い初期投資と維持費が必要です。クラウド型はSaaSサービスとしてLMSを利用する形態で、低コストで導入できますが、カスタマイズに制限があります。

どちらを選ぶかは企業のニーズやリソースに依存しますが、近年では導入・運用がしやすいクラウド型が主流になっています。
オンプレミス型とクラウド型の詳しい比較を知りたい方は『クラウド型eラーニングとは?オンプレミス型との比較とメリットについて』をご覧ください。弊社クラウド型eラーニング「etudes」の導入事例も紹介しています。


受講者向け機能・使いやすさ

直感的でわかりやすいユーザーインターフェースや快適な動作速度など、受講者にとっての使いやすさは学習効率に直結します。
 ユーザーフレンドリーで直感的に操作できるデザインにより、受講者はストレスなく学習コンテンツへアクセスできます。モバイル対応やクラウドベースのアクセスなど、どのデバイスからでもアクセスしやすいことが望ましいです。


管理者向け機能・使いやすさ

eラーニングシステムを効率的に運用するには、管理者向け機能が充実していることが不可欠です。
受講者の進捗状況や成績の管理、コースの作成・編集・配布など、eラーニングを運用するうえで必要な機能が揃っていることは大前提。そのほか、管理者権限の設定やダッシュボードのカスタマイズなどの機能が充実していれば、大規模な組織でもチームごとに柔軟な教育管理が行えるようになります。


セキュリティ対策ができているか

セキュリティ対策は、eラーニングシステムの信頼性を保証する重要な要素です。
eラーニングでは、場合によって社外秘の情報を取り扱うこともあります。データ漏洩は企業の評判に甚大な影響を及ぼすため、システム選定時はISMS認証の有無やセキュリティ機能についても比較しましょう。
eラーニングの導入にあたって必要なセキュリティ対策については、以下の記事で詳しく解説しております。
eラーニング導入時に知っておきたいセキュリティ対策について


標準規格(SCORM)への準拠

eラーニングには、SCORM(スコーム)と呼ばれる国際的な標準規格があります。SCORMは、Sharable Content Object Reference Modelの略称です。
eラーニングは「eラーニングコンテンツ」と「LMS」の、2つの要素からできています。この2つの要素が構築される規格の標準の形がSCORMです。たとえば、この規格が適応されていないeラーニングコンテンツを採用してしまうと、使用したいLMSで反映ができなくなってしまうのです。
eラーニング導入時はSCORMについての理解を深め、SCORM規格に則って作成されたものを選択するようにしましょう。
eラーニングの導入にあたって必要なセキュリティ対策については、以下の記事で詳しく解説しております。
eラーニング導入時に知っておきたいセキュリティ対策について


システム導入時に必要となる作業

システム導入時に必要な作業、かかるコストは比較するうえで欠かせないポイントです。
一般的には、LMSの機能が多いほど導入時に必要となる作業が増えていきます。特に海外製の高機能を謳うLMSだと、導入時にコンサルティング会社の支援なしに自分たちだけで導入することは難しく、LMSの費用よりも導入費用が高くなるケースがあります。
導入時に必要となる作業を、ベンダー側の作業と自社の作業とに分けて把握し、ベンダー側の見積もり費用と自社作業に掛かる人件費を足した総額で比較することが重要です。
導入時の作業量を減らしたいなら、自分たちに必要な機能を見極めて身の丈に合ったLMSを選びましょう。背伸びしたLMSを導入してしまうと、使わない機能のために導入作業が膨らんでしまうので注意してください。


運用開始後のサポート体制は万全か

システムをスムーズに運用するために、サポート体制は万全かどうかも確認しておきましょう。
eラーニングシステムLMSを導入するにあたって、立ち上げから仕組み化までのサポート体制が整っていると、スムーズに学習へ取り組むことができます。サポートには、メール・電話・チャットボットなどの種類があるので、内容を比較しながら自社のニーズに合ったものを選ぶとよいでしょう。


開発体制・不具合の対策について

トラブルが発生した際、すぐに対応できるかどうかもeラーニングシステム選びでは重要です。
上述した運用開始後のサポート体制にも通じるポイントですが、日本国内で開発を行っているベンダーであれば、システム運用中の不具合対応も迅速に行うことができます。持続的にシステムを利用する場合は、信頼できる開発体制が整っているものを選びましょう。


料金形態や相場に合っているか

eラーニングは、導入形態や導入規模によってかかる費用が異なります。
クラウド型は初期費用0円から始められるものも多く、月額5万円程度からの利用も可能です。一方、オンプレミス型は開発の仕方によって変わるため、初期費用は10万円~1,000万円を超えるものまであり、運用費用も月額で3万円~10万円程度かかります。
また、基本料金は安く設定されていても、基本料金の範囲を超えたときの超過料金がかさむようなタイプもあるので、パッと見ではわからない隠れたコストにも要注意です。アップロードしたコンテンツ容量に応じて追加料金がかかるものや、子会社でも使おうとすると都度初期費用がかかるものなどがあるため、料金形態や相場に合っているかは意識しておきましょう。


契約書

著作権の帰属先など、データの取り扱いに関する契約には必ず目を通しておきましょう。

特に海外製LMSでは、何らかの問題が発生した場合に「サンフランシスコの裁判所」での解決が求められることがあります。これは、実質的に訴訟を起こすことが困難であることを意味し、利用者にとって不利な条件になる可能性が高いです。
契約によっては、著作権がLMSベンダーに移行する可能性も。一部のLMSでは、ユーザーデータを統計的に処理し、分析やその他の目的に利用することもあるので、企業にとってリスクにならない契約かどうかチェックしましょう。


人材育成に関する知見

eラーニングシステムの選定では、技術面だけでなく、そのベンダーが人材育成に関する知見を持っているかどうかも重要な比較ポイントです。
さまざまな研修プログラムを実施しているベンダーは、ブレンディッドラーニングの設計や実施に関する深い理解を持っており、結果としてeラーニング導入の成功に直結する可能性が高いです。
単なるシステム提供者ではなく、実務に即した知見を持つベンダーの選定は、eラーニング導入の成果を最大化するための鍵となります。



▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら



eラーニングシステム導入前には必ず無料トライアルがおすすめ

	LMSイラストを書く男性

eラーニングシステム導入前には、無料トライアルを実施することが大切です。無料トライアルを通じて、以下の内容に問題がないか確認しておきましょう。


教材のアップロードの方法

 eラーニングシステムにおいて、教材のアップロード方法は簡単かつ直感的だと作業効率がアップします。
eラーニングシステムによって、アップロードできるファイルの形式や方法は異なります。課題やレポートの提出方法は、ファイルアップロード形式なのか、それとも直接フォームに入力するのか。PDF・Excel・Word・Zipなどのファイル形式には対応しているのかなどは要チェックです。
また、教材をアップできるストレージ数もさまざまなので、ユーザー独自の教材を作る場合は制限数も確認しておきましょう。


受講者管理の方法

eラーニングの管理者は、各個人の理解度格差を縮めるために、受講者が適切なプログラムや進度で受講できているのかを把握する必要があります。
受講者が多い場合や組織が複雑化している場合は、受講履歴管理に手間と時間がかかってしまうのが難点。学習日時や点数の記録、動画の閲覧履歴などデータを細かく把握できるシステムを選べば、効果的な受講管理が可能です。


管理者権限が分かれているか

複数人でコースを管理するなら、管理者権限が分かれていると便利です。
管理者権限が細かく設定できれば、コースごとの管理者を登録し、複数人での役割分担が実現可能です。また、不適切な操作を防ぐためのセキュリティ対策としても効果的で、システムの効率性と安全性の両方を確保できます。


動作の速さや使いやすさ

システムの応答速度と使いやすさは、ユーザ体験を大きく左右します。
動作が高速で使いやすいシステムは、受講者の学習意欲を高め、より良い学習結果を生み出します。一方で、動作が遅いまたは複雑なシステムは、受講者にとってストレスになり、学習意欲を低下させるので注意が必要です。
無料トライアルで動作の速さや使いやすさを実際に体験することで、受講者にとって最適な学習環境を選択することが可能になります。



▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら



使いやすいeラーニングシステムなら「etudes」

eラーニングシステムの選定にお困りなら、「etudes(エチュード)」の導入をおすすめします。etudesは、約20年の人材育成経験を持つアルー株式会社が開発した国産LMSです。豊富な教材選択肢、カスタマイズ可能な教材作成サポート、そしてブレンディッドラーニングの実施にも対応しています。

指導者・受講者がともにわかりやすいUI/UXを採用しており、効率的なeラーニング学習だけでなく、オリジナルコースを作成することで社内ナレッジ共有のプラットフォームとして活用することも可能です。eラーニングによるインプットとオンラインや対面型の集合研修を組み合わせたブレンディッドラーニングもシステムで一元管理できるだけでなく、受講履歴はすべてCSVで取得することができます。人材育成の成果の可視化、人材育成全体にかかる工数削減や、学習履歴の分析などを実施することもでき、より良い人材育成施策をより生産性高く実施するための機能を標準装備しています。

etudesは初期費用ゼロで導入可能で、わかりやすい料金形態に加えて、システムの機能性や利便性を事前に体験できる無料トライアルも提供しています。大規模運用が可能な国産eラーニングシステムとして、効果的な人材育成と教育運営の効率化を実現します。



▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


etudesと他社LMSの比較

さまざまな企業向けLMSがあるなかで、etudesが多くの企業から選ばれ、導入されているのは、使いやすさと機能性以外にもさまざまなメリットがあるためです。

ここからは、etudesと他社LMSを4つの項目で比較していきます。


  • 【比較①】価格
  • 【比較②】教材の内容
  • 【比較③】セキュリティ対策
  • 【比較④】対象企業規模


一つずつ、詳しく解説していきます。


【比較①】価格

では、まず価格を見ていきましょう。価格だけでなく料金体系や契約条件についても加味して比較する必要があります。同じ1IDごとの単価だけで比べると似たような価格帯の場合でも、契約ID数に条件があったり、契約条件に大きな違いがある場合もあります。ボリュームディスカウントもベンダーによって条件はさまざまです。
自社の運営に適した料金設定のシステムを選ぶと良いでしょう。


ID契約条件

課金条件

利用期間条件

etudes


・1IDから利用可能
・1ID / 月額500円
・最低契約数なし 
・ボリュームディスカウントあり

・月間の有効IDのみの課金制
・契約者側で有効・無効の管理ができる

・最低契約期間条件なし
・解約は1か月前申告

A社

・最低利用ID数あり
・1ID / 月額500円
・ボリュームディスカウントなし

・固定ID制で契約したID数の利用料を月額請求

・実際のシステム利用者が0人でも課金
・最低契約期間1年
・契約書で取り交わした期間内に解約を通知しない場合、1年契約を自動更新

B社

・最低利用ID数なし
・1ID / 月額1,000円
・ボリュームディスカウントあり

・1ID~契約したID数の利用料を月額請求
・実際のシステム利用者が0人でも課金

・最低契約期間6カ月
・契約書で取り交わした期間内に解約を通知しない場合、1年契約を自動更新

固定ID数で毎月決まった利用料を支払う場合は、月単位の経費予測はしやすくなりますが、一方で実際の利用者の比率が低い場合、ロスが出てしまいます。
有効ID課金制の場合、実際の利用IDのみの請求となるため、利用者が限られていたり、毎月利用しない運用の場合はコストが安くなります。有効IDと無効IDを管理する必要がありますが、システムで簡単に設定できるため、運営工数を増やさず、コストをおさえることができます。


【比較②】教材の内容

続いて、教材内容の特徴を比較していきましょう。ベンダーがオリジナルのeラーニング教材を持つ場合と、システムのみ提供する場合とがあります。
さらに、ベンダーの教材を利用するだけでなく、システムに自由に自社の資料や動画をアップロードでき、自社オリジナルのeラーニングコースをつくれるシステムもあります。
教材の有無と、システムの汎用性は必ず確認することがおすすめです。

教材は新人向け・管理職向けなどの階層別eラーニング教材がある場合もあれば、テーマ別のみの教材の場合もあります。動画教材中心の場合は、受講しやすい反面、Youtube視聴などとの差別化が難しく、教材内容によっては受講者が少なくなり、社内で形骸化してしまう可能性もあります。

また、教材形式だけでなく、同じテーマの教材があったとしても、演習の量などがまったく異なる場合もあります。演習がある場合は1つのコースの受講時間は長くなりますが、受講者が主体的に取り組む必要があり、実践に活かしやすいという特徴があります。

一方で、動画視聴中心の場合は、手軽に受講することができ、広いテーマの知識を幅広く取り入れることができます。

いずれも自社の人材育成でどのような教材が必要かを明確にしたうえで、教材を確認することが必要です。教材についてもシステムと同様に無料トライアルがある場合が多いので、教材のタイトルだけで判断するのではなく、上記のような視点で実際の教材を試してみることがおすすめです。


教材内容の特徴

etudes

・独自の階層別(新人・中堅・管理職など)スキルマップをベースに作った階層別教材あり
・OJT / コミュニケーション / ビジネススキル等のテーマ別教材ありに
・自社教材をアップロード可能(データ量での追加課金なし)
・演習が豊富に組み込まれるため1コースの時間は長め

A社

・動画教材のみ
・1,000レッスンが見放題
・自社教材のアップロードは不可

B社

・動画中心の教材
・1,500本以上の研修動画教材を受け放題
・自社教材のアップロード可能(データ量で追加課金あり)

C社

・階層別教材 / スキルテーマ別教材
・100本の教材が受け放題
・演習は少ないため1コースの時間は短め

このように各社が取り扱う教材にも特徴があります。良い悪いではなく、自社に適した内容かどうかを基準に比較することがポイントです。

もし社内運用整備がこれからといった場合や、目的を広く持ちたい場合は、etudesのような汎用性の高いeラーニングシステムがおすすめです。
企業向け研修提供のノウハウを活かしたシステムと教材のため、人材育成全体の運営を効率化し、成果を高めることができます。

etudesの教材について詳しくは『eラーニング教材一覧』をご覧ください。


【比較③】運営サポート体制とセキュリティ対策

実際に導入した後、どのような運営サポートを受けることができるのかも非常に重要な比較ポイントです。自社に特定のサポート担当がつく場合もあれば、サポートセンター全体でサポートをする場合もあります。
また、対応時間も24時間 / 365日 サポートの場合でも、営業時間のみか、問い合わせ自体も24時間なのか違いがある場合もあります。

また、システム障害が発生した際に、どのようにアラートが来るのかも確認しておくと良いでしょう。サイトに掲載される、メールが受信される、など、細かなサポート内容を事前に確認することがおすすめです。

最後に、システムのセキュリティ対策も重要な比較ポイントの一つです。システム導入ではセキュリティは必須となるため、詳しく見ていきましょう。


セキュリティの特徴

etudes

Microsoft® Azure®のPaaSを利用し、高いセキュリティを実現

A社

2段階認証やアクセス制限でセキュリティを強化

B社

限られた視聴者のみに高セキュリティに動画を配信できる

C社

社内ポータルとのシングルサインオンを実現

etudesは、数多くあるクラウド型eラーニングサービスの中でも、トップクラスのセキュリティを擁しています。ベンダーによってセキュリティ対策の方法が異なることはよくあることなので、資料請求などをして比べてみると良いでしょう。

etudesのセキュリティについて詳しくは『セキュリティ』をご覧ください。


【比較④】利用できる従業員規模の制限

最後に、利用に関わる企業規模について比較をしていきましょう。ベンダーによってはシステム負荷の関係上、利用する企業規模に制限がある場合もあります。


対象企業規模

etudes

すべての規模に対応

A社

1,000名以上

B社

すべての規模に対応

C社

100名以上 ※対象者10名程度でも利用可

D社

小規模~2,000名以上にも対応

E社

100ID〜

F社

1,000IDまで

etudesは、すべての従業員規模に対応をしていますが、契約自体は1IDから契約可能なため、小規模な導入からはじめて、大規模運用に移行していく方法も可能です。

比較した結果からetudesは導入しやすい価格帯で、あらゆる規模の企業に対応し、教材の充実度も高くセキュリティ面でも安心なクラウド型LMSであることがわかります。



▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

​​​​​​​


まとめ

複数あるeラーニングを選択する時、eラーニングシステム・LMSとしての機能やサポート内容を知らずに決めてしまうと、後になって後悔する可能性もあります。

eラーニングをなんのために導入するのか、その目的をしっかりと明確にしてから、eラーニングシステムの導入を検討することをおすすめします。自社の目的を解決できるeラーニングかどうか、今回の記事で紹介したポイントを確認しながら、比較・検討しましょう。

etudesは、比較的安価で教材のアップロード数が無制限、万全のセキュリティ対策を取っており、すべての企業規模に対応できるLMSです。

ご興味をお持ちの方は、是非お気軽にお問い合わせください。

etudesの製品紹介について詳しく知りたい方は製品紹介資料をご覧ください。etudesの特徴やデモ画面、費用についてご紹介しています。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気のお役立ち資料

企業の導入・活用事例集

 etudes導入事例集

etudesがよく分かる資料2点セット

	アルー株式会社eラーニングシステムご紹介資料

eラーニング販売をご検討中の方向け

eラーニングビジネスをはじめたい方向け

人気記事ランキング

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る