catch-img

学習管理システム「LMS」とは?基本情報やメリットをご紹介

オンラインでの社員研修に活用されるeラーニングをさらに使いやすくする「LMS」という学習管理システムが今、注目されています。
テレワークや在宅勤務が当たり前になった現代において、LMSによってeラーニングの学習管理を行うことで多くのメリットが得られるためです。
今まさにeラーニングの導入を検討している、またはeラーニング運用に課題を抱えているという方に向けて、LMSというシステムを詳しく解説いたします。


目次[非表示]

  1. 1.学習管理システム「LMS」とは?
    1. 1.1.LMSを利用しなかった場合のeラーニングの課題
    2. 1.2.LMS導入によるソリューション
  2. 2.LMSの歴史
  3. 3.なぜ今LMSが注目されているのか
    1. 3.1.コロナ禍による研修のオンライン化
    2. 3.2.一般企業の社内DXの推進も後押し
  4. 4.LMSの種類
  5. 5.LMSの代表的な機能をご紹介
    1. 5.1.1.管理機能
    2. 5.2.2.アンケート・レポート機能
    3. 5.3.3.教材制作機能
    4. 5.4.4.受講者機能も豊富
  6. 6.LMSを導入することによる効果とメリット
    1. 6.1.コストを削減できる
    2. 6.2.効率的な学習ができる
    3. 6.3.企業全体で情報の共有ができる
  7. 7.LMSを導入する前にデメリットも知っておこう
  8. 8.LMSを導入するならetudes(エチュード)がおすすめ
    1. 8.1.使いやすさにこだわった「クラウド型LMS」
    2. 8.2.管理機能が豊富
    3. 8.3.万全のセキュリティ対策で安心
  9. 9.LMSを導入するには?運用開始までの流れ
  10. 10.まとめ


学習管理システム「LMS」とは?

学習管理システム「LMS」とは、「Learning Management System」の略称です。インターネットを利用して学習を行うeラーニングを管理するシステムのことで、大まかに分けて以下のような機能を有しています。


  • 受講機能
  • 受講者の情報管理機能
  • 教材の管理機能


LMSは「eラーニングシステム」、「eラーニングプラットフォーム」と呼ばれることもあり、eラーニング運用の根幹を担うシステムとなっています。

また、eラーニングとは、インターネットを用いていつでもどこでも業務のトレーニングができるシステムのことを指します。eラーニングをより一層便利なものにするシステムが、LMSなのです。


LMSを利用しなかった場合のeラーニングの課題

もしLMSが導入されていなければ、eラーニングはどのような課題を抱えることになるのでしょうか。

たとえば、管理者は受講該当者一人ひとりに個別に連絡を入れ、学習の指示をしなければなりません。LMSがあれば、ある程度の属性を決定しておくだけで、eラーニング実施の指示を自動で配信することも可能となります。

学習の進捗状況や履歴も、LMSがなければ残りません。LMSがなければ、せっかくeラーニングを導入しても、そのメリットを十分に活かすことはできないと言えるでしょう。

つまり、効果的にeラーニングを行っていく上で、LMSの存在はなくてはならないものなのです。


LMS導入によるソリューション

eラーニングとは、先述の通り、インターネットを利用してパソコンやスマートフォンで学ぶ学習形態のことです。

LMSを導入することで、eラーニングは画期的なソリューションを実現しています。先で紹介した学習の指示だけでなく、


  • 一人の社員がどのeラーニングを、どの程度行ったかの把握ができるようになった
  • レポート出題や採点・評価が可能となった
  • 社外秘情報を外に漏らさないセキュリティ対策が実施できるようになった
  • UI/UXが改善され、利用しやすいeラーニングプラットフォームになった
  • アンケートなどデータの蓄積ができるようになった


上記のような効率的な学習管理が可能となりました。

中小企業はもちろん、膨大な社員を抱える大企業であったとしても、社員一人ひとりの学習状況を管理し、きめ細やかなサポートを行えるようになったのです。


LMSの歴史

PC2

LMSがどのような経緯で誕生し、普及していったのか、その歴史を紐解いてみましょう。

古くは1950年代に遡るeラーニングは、対面でしか行えなかった「教育」を革新的に変化させたサービスです。1995年からは、CDやDVDを利用したCBT(Computer-Based-Training)が、広く世界で認知されていきました。

一方で、

「教材作成のコストがかかる」

「配布後は内容の修正が難しい」

 「受講者の進捗状況を管理者側で管理できない」

といった問題点もあったのです。

それを解決するサービスとしてリリースされたのが、LMSでした。LMSによってオンライン上で教材をリリースすることにより、CDなどの記録媒体を利用しなくて済み、教材作成のコストを激減させることに成功したのです。

また、配布後の修正や、受講者の学習進捗状況の管理、利用者と管理者の相互的なコミュニケーションをとることも可能となりました。


なぜ今LMSが注目されているのか

そんなLMSがなぜ今注目を集め、多くの企業に導入されているのでしょうか。その背景には、2020年からはじまった新しい生活様式や、多くの企業が取り組む社内DX化の流れによる影響があります。

ここからは、LMSの今について紹介していきます。


コロナ禍による研修のオンライン化

2020年からはじまった新型コロナウイルスの感染拡大は、企業の研修制度にも大きな影響を及ぼしました。

2022年に行われたある調査では、2022年の新入社員研修を「対面で行った」「オンラインで行った」「対面とオンラインで行った」の3種類に分けてアンケートをとりました。結果は以下の通りです。


  • 対面:37%
  • オンライン:34%
  • 対面とオンライン:29%


出典:ICT教育ニュース  対面研修実施企業が37%と前年比17ポイント上昇 =manebi調べ=


「オンライン」と「対面とオンライン」の合計が61%と、全体の6割を超えており、研修のオンライン化が定着してきた現状が見えてきます。

また、LMSを利用することにより、社員一人ひとりの研修の進捗状況を管理することが可能となり、コロナ禍において、延いてはアフターコロナの時代にも対応する研修制度が確立しつつあるのです。


一般企業の社内DXの推進も後押し

LMSの利用が拡大している理由の一つには、各社で社内DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が後押しされている影響もあります。社内 DXとは、社内においてアナログ処理をしている場所を特定し、デジタル化させていくことを指します。

たとえば、対面でしか行っていなかった研修を、オンライン化させるだけで社内DXは推進されます。大きな目的であるDXを前に、なにをやればいいか分からない企業が多くある中、目の前の小さなことからデジタル化させていく考え方が、社内DXです。

社内研修の管理をオンライン・デジタル化することで得られるメリットは、本記事でも紹介しているように多くあります。そのメリットのひとつが、社内DXの推進なのです。


LMSの種類

LMSには、大きく分けて2つの種類があります。


  • オンプレミス型
  • クラウド型


オンプレミス型は、自社のサーバー内でLMSを設置する方法です。自社で導入・構築・運用を行うため、柔軟に内容を変更できるメリットがありますが、その分費用がかかるデメリットがあります。

一方クラウド型は、仮想環境に構築されたシステムを利用する方法です。細かなカスタマイズができない、サービスが終了する場合があるなどのデメリットがありますが、比較的簡単に導入することができるメリットがあります。


LMSの代表的な機能をご紹介

ではここからは、LMSの代表的な機能を紹介いたします。


  1. 管理機能
  2. アンケート・レポート機能
  3. 教材制作機能
  4. 受講者機能も豊富


一つずつ見ていきましょう。


1.管理機能

LMSの最も代表的な機能は、「管理機能」であると言えます。


  • 受講者の管理
  • 講座の管理
  • 受講者の成績管理
  • 提出物の管理
  • 受講履歴の管理
  • 成績や受講履歴の一括出力
  • 教材の管理
  • メール、メルマガ配信管理


以上のような、eラーニング運用のために発生する管理業務を、一元化して行うことが可能です。

どのような受講者に、どのような講座を受講してもらうか、現在どのような講座を受講しているか、どのような成績で提出物はどれか、など数多くの確認業務をまとめてLMSに任せることができます。


2.アンケート・レポート機能

LMSには、受講者にアンケート記述をしてもらったり、レポートの提出を管理するといった機能もあります。

LMSを運用していくにあたり、受講者のアンケートは貴重な意見です。管理者側からすると、eラーニングによる研修内容を改善させる糸口となり、受講者側からするとより一層利用しやすいeラーニングへの一歩となります。

アンケート・レポート機能は、ブラウザからブログを書くように設定できる場合や、複数のExcelファイルをまとめてインポートできる場合もあります。


3.教材制作機能

教材制作は、独自の教材を制作できるサービスです。教材政策に精通したコンサルタントが、自社の教材ニーズをヒアリングし、一から教材を作成します。

そのほかにも、既存の研修教材を新規デジタル化してより見やすくするサービスや、制作環境の構築をサポートするサービスもあります。


既存の研修教材は、

  • 映像(動画)撮影
  • アニメーション
  • 講義撮影・ライブ配信
  • ナレーション収録
  • PPTスライド制作
  • 紙を使用した補助教材の作成
  • 確認テスト・アンケート
  • 模擬試験の作成


以上のような方法を追加し、よりわかりやすく改善することが可能です。

制作環境の構築サポートでは、対応ソフトウエアによって制作されたデータの動作確認を行うこともできます。


4.受講者機能も豊富

ここまでは、主に管理者側の機能を紹介してきましたが、LMSは受講者にとってeラーニングが利用しやすくなる機能も豊富にあります。

多くのLMSでは、ID/パスワードを用いてシステムにログインすることにより、自分の受講データをまとめて見ることが可能です。また、複数の授業の中から自分の受けたいものを選択して受講することができたり、進捗率や学習時間などを確認することもできます。

動画やスライド、アニメーションなど、分かりやすい講義を好きな時に好きなだけ受講できるため、隙間時間を活用して学習を進めることができます。

一定の講義を受けた後には、テストを受けて自分の学習状態の確認をすることも可能です。テストの採点は自動で行われることも多くあり、すぐに結果が分かる分、やる気にもつながるでしょう。


LMSを導入することによる効果とメリット

女性とPC

LMSを自社に導入すべきかどうか迷っている方のために、ここでLMSのメリットを詳しくご紹介いたします。現在自社が抱えている課題がLMSによって解決できることがわかれば、より前向きに導入を検討できるでしょう。

LMSを導入することによる効果とメリットは、以下のようなものがあります。


  • コストを削減できる
  • 効率的な学習ができる
  • 企業全体で情報の共有ができる


一つずつ詳しく解説していきます。


コストを削減できる

たとえば、研修資料を紙で印刷していた場合、紙代と印刷代がかかります。研修場所を借りる場合は賃借料、研修地までの交通費や飲食代も経費としてかかる場合もあるでしょう。

また、受講者の出席確認などを行う管理者に支払う経費もあります。

一方、LMSを活用したeラーニング研修であれば、上に記載した費用は一切かかりません。LMSを導入すると、社員はいつでもどこでも研修を受けることができ、コストの削減にもつながります。


効率的な学習ができる

LMSの主要な機能のひとつに、学習管理があります。どのeラーニング講座をいつ受講し、どのような成績であったのかが一目で見て分かるようになっているサービスが多く、それが結果的に受講者の効率的な学習につながるのです。

管理者側にも効率化のメリットがあります。場合によっては膨大な人数となる受講者のデータを効率的に把握・管理することができますし、添削の自動化などの機能を使って大幅に作業を減らすことも可能です。

このように、LMSは受講者・管理者ともに、効率的に学習ができるシステムなのです。


企業全体で情報の共有ができる

またほかにも、企業全体でeラーニングによる研修の情報が共有できる点もメリットのひとつと言えるでしょう。どの社員がどの講座を受講したか、テストを受けたか、成績、質問点、すべての情報を全部署で確認することができます。

研修によって得た情報を企業全体で共有できれば、社員一人ひとりに対してより的確なサポートやアドバイスを行えるようになるでしょう。


LMSを導入する前にデメリットも知っておこう

LMSには多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。導入の前に、メリットとデメリットの両方をきちんと理解しておくことで、導入後のトラブルを防ぐことができるでしょう。

LMSを取り入れるデメリットは、以下の2点です。


  • 強制力が薄い
  • 導入をするためのコストがかかる


LMSはインターネットを用いていつでもどこでも学習ができます。一方で、対面で発生する「受講をしなければならない」という強制力が薄れる、というデメリットがあります。

受講をするかしないかはある程度受講者に任せられており、自立性が求められていると言えるでしょう。

また、LMSを導入するためには一定のコストがかかります。ただし、メリットでお伝えした通り、今までのアナログな学習管理のためにかかっていたコストは削減できるため、決定的なデメリットとは言い切れません。


LMSを導入するならetudes(エチュード)がおすすめ

etudes

引用元:etudes(エチュード)公式サイト


LMSの導入なら、20年にわたるeラーニングのノウハウを蓄積している、etudes(エチュード)がおすすめです。

エチュードは、アルー株式会社が提供する国産のクラウド型eラーニングシステム(LMS)です。数十万IDという大規模運用も可能で、どのような企業にとっても使用するメリットがあるLMSと言えるでしょう。


使いやすさにこだわった「クラウド型LMS」

ここからは、エチュードの3つの強みについて紹介していきます。まず最初は、「使いやすさ」です。

エチュードは、クラウドサーバを利用したSaaS型のサービスです。

直感的で分かりやすいUI/UXを追求しており、学習者はモチベーション高く継続して学習することが可能です。管理者も、効率的に社内学習の推進ができるでしょう。

複数の学習コースがパネル型に表示され、必要なコースをすぐに見つけられるよう工夫がされています。数多くの学習コースの中から最適なものを探すための、検索機能も搭載されています。

現代のニーズにあわせ、スマートフォンやタブレットで閲覧することも可能です。また、学習状況はリアルタイムで受講者画面に反映され、ノンストレスで学習状況を確認することが可能です。

etudesの機能について詳しくは『機能・特長』をご覧ください。


管理機能が豊富

エチュードは、管理機能が豊富にあることも特色のひとつです。管理者がほしい機能を先回りして提供しています。

学習者を登録する際に、役職や職種など、社員一人ひとりの所属情報の管理が可能。それにより、社員の所属毎にeラーニングを配信することもできます。

eラーニングの学習履歴は、1秒・1点単位で記録が残ります。いつ誰が、どのコースを何回・何秒学習したかの確認ができるのです。全体の受講状況は、わかりやすくデータが配置されたダッシュボードで確認することができます。

etudesの機能について詳しくは『機能・特長』をご覧ください。


万全のセキュリティ対策で安心

eラーニングシステムには社員の個人情報や社外秘の自社ノウハウデータが保管されるため、外部からの不正アクセスなどを十分に防止できるセキュリティが求められます。

エチュードなら、セキュリティ対策も万全です。エチュードは、インフラにMicrosoft® Azure®のPaaSを利用しています。OSやミドルウェアの運用・保守にも、脆弱性や攻撃への対策にも人手をさく必要がありません。

さまざまな認証方法や、アクセス手段も確保されています。自社にとって最適かつセキュアなeラーニング運用が可能となるでしょう。

etudesのセキュリティについて詳しくは『セキュリティ』をご覧ください。


LMSを導入するには?運用開始までの流れ

ここでは、LMSの運用開始までの一例を紹介します。


  1. サービス検討
  2. 教材の問い合わせ・見積検討
  3. 教材の設計・制作
  4. 研修教材の納品
  5. 学習効果測定のサポート


まず、自社にどのようなeラーニングが必要なのか、検討を行います。

エチュードなら、ニーズの多い研修教材のセットプランから、自社オリジナル教材制作のサポートまで幅広く実施しています。

教材が納品・運用開始された後には、学習効果測定のサポートを受けることも可能です。学習効果を測定しPDCAを回すことにより、より効果的なeラーニングを実施することができます。

どのようなeラーニングを実施したいかにより、運用開始までの流れや費用、内容は異なります。まずはエチュードまで、お気軽にご相談ください。


まとめ

eラーニングは、LMSにより画期的に使用しやすくなりました。それは学習者のみならず、管理者にとってもそうです。

目で見て直感的に分かりやすいUI/UX、学習状況の管理、テストやアンケートの実施、それら多くの情報を企業全体で管理・共有できることなど、LMSをプラットフォームとしたeラーニングにはさまざまな使用する利点があります。

なかでもetudes(エチュード)は、使用者の身に立った使いやすいeラーニングです。働き方が急速に多様化の一途をたどる現代社会において、LMSを利用したeラーニングは今まさに必要とされているのではないでしょうか。

エチュードでのLMSの導入をお考えの方は、是非一度お問い合わせください。


人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る