catch-img

eラーニングのメリット・デメリットとは?わかりやすく徹底解説

コロナ禍で在宅勤務が増えたことにより、対面での研修がしにくくなってきています。そんな中で多くの企業で導入が進んでいるのがeラーニングです。

しかし、「導入しても自社に適したコンテンツを準備できなかった」「社員に利用されなかった」など、導入に失敗してしまったり、導入を悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

導入を失敗しないためにも、この記事ではeラーニングを導入するメリットとデメリット、導入を成功させる方法をご紹介いたします。


目次[非表示]

  1. 1.eラーニングとは
  2. 2.【運営企業側】eラーニングのメリット
    1. 2.1.研修のコストを削減できる
    2. 2.2.受講者の管理を効率的にできる
    3. 2.3.効率的な情報共有ができる
    4. 2.4.ノウハウが蓄積できる
  3. 3.【受講者側】eラーニングのメリット
    1. 3.1.時間や場所を気にせずどこでも学習できる
    2. 3.2.講師に関係なく安定した教育が受けられる
    3. 3.3.反復学習ができる
  4. 4.【運営企業側】eラーニングのデメリット
    1. 4.1.ITの知識が必要になる
    2. 4.2.自社でコンテンツを作る場合は手間がかかる
    3. 4.3.受講者本人の主体性が求められる
  5. 5.【受講者側】eラーニングのデメリット
    1. 5.1.インターネット環境がないと利用ができない
    2. 5.2.講師や企業側との人脈作りが難しい
    3. 5.3.モチベーションが維持しづらいことも
    4. 5.4.実技実習のスキルは身に付きにくい
  6. 6.eラーニングの導入を成功させるには?
    1. 6.1.まずは導入の目的を明確にする
    2. 6.2.LMS(学習管理システム)も活用しよう
    3. 6.3.学習意欲をアップさせる工夫をしよう
    4. 6.4.フィードバックなどのアフターケアを忘れずに!
  7. 7.まとめ


eラーニングとは

eラーニングとは、パソコンやタブレット、スマホなどの端末を利用し、インターネットを通じて研修や学習をする形態のことです。

主に学習管理システム(LMS)を使用した学習についてを指します。

eラーニングは、説明型の講義など基本的な学習を研修や授業の前に行い、予習をしておくことで知識の定着や応用力の育成を狙う「反転授業」、対面式での学習に加え、自由に学ぶことができる「ブレンド型学習」と相性が良く、新型コロナウイルス感染症の影響によって、2020年ごろから大学などで急速に普及しました。

自分のペースで受講することができ、知識が着実に身につくことから、学校のみならず企業の研修にも導入が進んでいます。


【運営企業側】eラーニングのメリット

これからeラーニングを利用して得られるメリットについて運営企業側の視点でご紹介していきます。

挙げられるメリットは次の5つです。


  • コストを削減できる
  • 受講者の管理を効率的にできる
  • 効率的な情報共有ができる
  • ノウハウが蓄積できる


それでは1つずつ、詳しく見ていきましょう。


研修のコストを削減できる

eラーニングを導入することで、対面での研修にかかるコストを大幅に削減することができます。

集合研修を実施する場合には、会場費や交通費、宿泊費、講師料など、さまざまなコストが発生します。

さらに、受講者の人数が増えていくほど、配布用教材の準備、受講者への連絡などの業務も増えてしまいます。

eラーニングなら、自宅で研修を受けることができますので、会場費や社員の宿泊費なども不要です。

導入時はコストがかかりますが、長期的には研修のための費用を抑えることにつながるでしょう。


受講者の管理を効率的にできる

eラーニングを利用すれば、進捗状況やテスト結果などをすぐに確認でき、受講者の管理を効率的に行うことができます。

また、社員のレベルに合わせた、個々の研修・学習プログラムを提供することも可能です。

進捗具合によってリマインドを送る、成績に応じて個別教育を行うなど、会社にあった方法で、社員一人ひとりの苦手を解消し、全体のスキルアップを図ることができます。


効率的な情報共有ができる

eラーニングで使用する教材は、追加・訂正したい学習内容をオンラインで簡単に追加・修正をすることができます。

教材の更新だけでなく、新製品やキャンペーン情報などを素早くeラーニング上で提供することが可能です。

そのため、社内情報の伝達の徹底や更新スピードのアップが期待できます。


ノウハウが蓄積できる

これまでは受講者の出席情報や学習の進捗具合などのデータをまとめ、数値化する必要がありました。

しかし、LMS(学習管理システム)を搭載したeラーニングシステムを利用し学習をさせることで、学習時間・進捗率・取得点数などが自動的にデータベースに記録されます。

この仕組みでデータや数値化する手間がなくなり、最初からデータとして残り、さまざまな分析も可能となります。

そのデータが蓄積されることで、人材の傾向分析や教育施策の検討に活用することができます。


【受講者側】eラーニングのメリット

パソコンを扱う外国人女性

これからeラーニングを利用して得られるメリットについて受講者側の視点でご紹介していきます。

挙げられるメリットは次の3つです。


  •  時間や場所を気にせずどこでも学習できる
  •  講師に関係なく安定した教育が受けられる
  •  反復学習ができる


それでは1つずつ、詳しく解説していきます。


時間や場所を気にせずどこでも学習できる

対面での研修の場合には、研修をするのに講義会場まで行かなくてはならず、宿泊費がかかったり、移動に時間がかかってしまいます。

その点eラーニングでは、受講会場まで行かなくても、学習者の好きな時・好きな場所で勉強をできるので、効率的に学習を進めることができます。自宅はもちろん、通勤・退勤時、仕事の休憩時間など、自分の好きなタイミングで学習できるのがメリットです。


講師に関係なく安定した教育が受けられる

eラーニングでは同じ教材を使い学習するため、従業員全員に統一した知識・スキル・情報が身につきます。

対面型だと、講師により教育方法や習熟度が異なるため、教育の質が変わってきます。その影響から、受講者の知識・スキル・情報レベルに偏りがでて、再教育を行う事態につながる可能性があります。

しかし、eラーニングなら受講者全員が同じ教材で学習するため、個人レベルだけでなく、企業レベルで知識・スキル・情報の統一化が図ることができ全体のスキルアップができます。


反復学習ができる

学習において個々人の理解力や、集中力には差があります。

そのためリアルタイムでの講義だと、授業進行に対し自分の理解が追いつかず、分からないまま講義を終えたり、メモを取っているうちに聞き逃しが発生する恐れがあります。

しかしeラーニングでの学習なら、復習・予習も可能です。理解できなかった箇所を理解できるまで、何度も学習することができ、自分のペースでスキルを習得することができます。


【運営企業側】eラーニングのデメリット

一方、eラーニングを利用することで発生するデメリットについても運営企業側の視点でご紹介していきます。

挙げられるデメリットは次の3つです。


  • ITの知識が必要になる
  • 自社でコンテンツを作る場合は手間がかかる
  • 受講者本人の主体性が求められる


それでは1つずつ、詳しく見ていきましょう。


ITの知識が必要になる

eラーニングを導入するには、配信・管理するための専用システムを導入・管理するにあたって、ITの知識が必要になってきます。

そのため、IT人材を保有していない企業では担当者への教育を行っていく手間が発生し、教育にさけるリソースの少ない企業では、システム導入自体が負担になる可能性がでてきます。

ただ、最近ではクラウドサービスとして提供しているeラーニングシステムも多くあるため、クラウド型の場合は、ITの知識がなくても手軽に導入が可能です。運用でトラブルや困ったことがあれば、ベンダーのサポートを活用することができます。


自社でコンテンツを作る場合は手間がかかる

コンテンツをeラーニング会社から購入して受講させるのであれば、コンテンツ準備に手間は掛かりません。しかし自社で制作する場合は、それ相応の時間と手間が発生してしまいます。

また、制作した教材に不備や変更が生じた場合も、自分たちで修正しなければならず、教材作成を担当する社員の育成に、手間やコストが発生します。

しかし、一度作った教材は何度でも繰り返し配信でき、内容の変更をする際に自分達ですぐに対応できるなどの長所があります。


受講者本人の主体性が求められる

eラーニングは「やりたいときに、好きな場所でやりたいだけできる」というメリットがある一方で、進め方が個人のモチベーションに大きく左右される部分があります。

集合研修に比べて強制力に欠け、他の受講者がいないことがモチベーションを下げるひとつの要因となっています。

そのため、eラーニングのモチベーション維持は、大きな課題といえるでしょう。そのため、企業側はモチベーションを下げない工夫を施す必要があります。


【受講者側】eラーニングのデメリット

eラーニングを利用することで発生するデメリットについて、今度は受講者側の視点でご紹介していきます。

挙げられるデメリットは次の4つです。


  • インターネット環境がないと利用ができない
  • 講師や企業側との人脈作りが難しい
  • モチベーションが維持しづらいことも
  • 実技実習のスキルは身に付きにくい


それでは1つずつ、詳しく見ていきましょう。


インターネット環境がないと利用ができない

eラーニングの受講は、インターネット環境がなければできません。

そのためインターネット環境がない方は、eラーニングのシステムにアクセスできず受講ができません。

しかし、現代ではモバイルWi-Fi・スマートフォンの普及によってインターネットを日常的に利用しているので、そこまで障害にはならないでしょう。

とはいえ、受講者によっては自宅などの限られた場所でしか受講ができず、学習機会の不平等が発生する場合があります。

導入する前に全員が平等に受講できるよう、対策を考えておくことが大切です。

教材をオフラインでも活用できるようダウンロードを可能にしたり、モバイル端末やポケットWi-Fiを支給したりすることで問題の解決ができるでしょう。


講師や企業側との人脈作りが難しい

eラーニングは、コンテンツを一方的に勉強するので講師や他の社員の方と交流する機会を作り出すことが難しいです。

そのため講義を見終えて、疑問点があったとしても、講師の方に直接質問することができず、問題解決に時間を要することもあります。

また、一緒に受講した方と意見交換もできないため、縦や横の繋がりを構築できない可能性も考えられます。


モチベーションが維持しづらいことも

eラーニングは自分の好きな場所で好きな時間にできるメリットがありますが、受講者の自発的な行動に委ねられます。そのため、従来の研修・教育とは違い強制力に欠けるため、やる気が起きない、「いつでもできるから」と先送りにしてしまい、受講しない方が増えてしまうこともあり得ます。

管理者がモチベーション維持につながるシステムを導入したり、一緒に目標設定し取り組んでみたりとモチベーションを上げる施策を打つことも大切です。


実技実習のスキルは身に付きにくい

eラーニングでは教材コンテンツを視聴する学習スタイルがメインとなるため、道具を使ったり人と関わるような実技実習には向いていません。

とはいえ、実技実習が必要な職種では実習を行う必要がでてきます。その際は、zoomなどのビデオ通話アプリと連動して実習、演習の様子をリアルタイム配信するといった方法でカバーすることができます。


eラーニングの導入を成功させるには?

近未来的上昇移動

eラーニングのメリットとデメリットをきちんと理解することで、導入の成功につながるでしょう。そのためにも、事前に正しい知識を持ってeラーニングシステムの比較・検討を行うことが必須となります。

検討をきちんと行わずに「一番安い費用で運用ができるから」といった安易な理由で導入してしまうと、結果的にeラーニング教育が定着せず導入失敗となりかねません。

導入を成功させるために押さえたいポイントを4つ紹介していきます。


  • まずは導入の目的を明確にする
  • LMS(学習管理システム)も活用しよう
  • 学習意欲をアップさせる工夫をしよう
  • フィードバックなどのアフターケアを忘れずに!


一つずつ、詳しく解説していきます。


まずは導入の目的を明確にする

eラーニングを導入するにあたり、「導入目的」を明確にしておくことは大切です。

目的がハッキリしないまま導入してしまうと、企業にとって最適なeラーニングシステムを選択できず、思うような効果が得られなくなる可能性があります。

導入を検討する際には、企業の経営目標・企業が抱えている人材の課題などを明確にし、問題解決・目標達成をするのに必要なeラーニングシステムを選ぶ必要があります。

導入の目的がすぐに思いつかない、まとまらない場合はまず「eラーニング導入によって何を期待しているか、どの問題が解決できると思うのか」を考えることから始めましょう。


LMS(学習管理システム)も活用しよう

eラーニングを導入するにあたって、受講管理を効率化し、学習による効果を最大限にするにはLMS(学習管理システム)を活用する必要があります。

LMSとは、受講者ごとのeラーニング学習進捗・学習履歴の管理や、教材データの蓄積・配信を自動化するシステムです。

このLMSを使用しないと、学習の進み具合をエクセルなどに手打ちで入力して管理するといった手間が発生します。また、受講者への教材配信や受講を促すメールの送信も人力での作業となってしまうでしょう。

今やLMSはeラーニング運用になくてはならない機能です。eラーニングシステムそのものにLMSが搭載されているサービスを選ぶことをおすすめします。


学習意欲をアップさせる工夫をしよう

eラーニングを活用していく上で、学習意欲を上げる工夫をしていくことが大事です。

デメリットでお伝えした通り、eラーニングでの学習の実施は受講者の主体性に委ねられることとなります。自発的に受講をしたくなるような、学習をしやすい環境を作りましょう。

例として、

受講を促すメッセージをメールだけで配信するのではなくスマホのプッシュ通知にし、気づいた時にすぐスマホで受講できるようにする

意欲的にeラーニングを受講する社員には、きちんと人事評価にも反映させる

社員の特性に合わせたeラーニング教材を配信する

といった工夫が考えられます。


フィードバックなどのアフターケアを忘れずに!

eラーニング管理は、教材を提供するだけにならないようにすることが大切です。eラーニングは個々のやる気に左右される上、わからない所があってもすぐに質問して解決できず、学習意欲や社員の理解度が低下する恐れがあるからです。

学習意欲や理解度の低下防止を図るためにも「学習したら終わり」ではなく、提出された課題に対するフィードバックを丁寧に実施するようにしましょう。

個々に連絡をするのは手間かもしてませんが、提出物に対するフィードバックはLMSの基本機能を利用すれば手軽に行えます。

eラーニングをきちんと受講していることを、会社として評価しているのが受講者に伝われば、一番のモチベーションとなるはずです。


まとめ

今回は、eラーニングのメリット・デメリットと導入を成功させるのに必要な4つのポイントを見てきました。

各企業のサービスによって機能の特色が変わってくるため、自社の導入目的に合わせ、必要な機能が搭載されているeラーニングシステムを選択するようにしてください。

アルー株式会社では、人材育成の課題をオールインワンで解決するクラウド型eラーニングサービス「etudes(エチュード)」を提供しています。アルー株式会社の20年にわたる人材育成のノウハウを集結した豊富な教材や、充実したサポート体制が評価され多くの大手企業に導入されています。

eラーニングの導入をお考えの方はぜひetudesをご検討ください。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る