catch-img

LMSで使える教材の種類は?システム選びのポイントと併せて解説

LMSは、eラーニング教材や受講者情報を一括して管理できるシステムです。LMSには、eラーニングに関する機能だけでなく、集合研修の申し込み・出欠管理や学習進捗をデータ化するなど、種類によってさまざまな機能を備えています。この記事では、LMSで活用できる教材の種類や、システムの主な機能について解説し、導入を検討されている方向けにLMSの選び方のポイントについて説明します。

実際に企業でどのように人材育成をしているのか、他社事例を知りたい方は「導入事例:住友ゴム工業株式会社 / 株式会社メガネトップ / 株式会社オカムラ / 他」で詳しくご紹介します。

etudesでは「人材育成の運営工数を削減したい」「eラーニングで育成施策の成果を上げたい」企業様をご支援しています。人材育成にお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

目次[非表示]

  1. 1.LMS(学習管理システム)とは
  2. 2.LMSで使える教材・コンテンツの種類
    1. 2.1.動画コンテンツ
    2. 2.2.SCORMコンテンツ
    3. 2.3.スライド
    4. 2.4.テスト・アンケート
  3. 3.LMSの主な機能
    1. 3.1.eラーニングの受講
    2. 3.2.eラーニングの受講管理機能
    3. 3.3.eラーニングコースの作成
    4. 3.4.研修の管理運営
  4. 4.企業がLMSを導入するメリット
    1. 4.1.学習進捗を数値で把握できる
    2. 4.2.学習データを蓄積して管理できる
    3. 4.3.社員のキャリア開発につながる
  5. 5.LMSを選ぶときのポイント
    1. 5.1.自社に必要な機能が揃っているか
    2. 5.2.予算内に費用を抑えられるか
    3. 5.3.操作性が使いやすいものになっているか
    4. 5.4.どのくらいの導入実績があるか
    5. 5.5.サポート体制が充実しているか
  6. 6.LMSを導入するならetudesがおすすめ
    1. 6.1.etudesのテーマ別eラーニング教材
    2. 6.2.etudesのセット教材
    3. 6.3.自社オリジナル教材の制作
  7. 7.まとめ


eラーニングシステムetudesが分かる資料セット(会社紹介・サービス概要・導入実績)を
​​​​​​​ ​​​​​​​ダウンロードする


LMS(学習管理システム)とは

LMSとはLearning Management Systemの略称であり、学習管理システム、またはeラーニングシステムとも呼ばれます。eラーニングは、オンライン上で配布された教材をパソコンやスマートフォンなどの端末から学習する方法です。LMSは、eラーニングの受講、教材管理や利用者のアカウント管理などを一元管理するためのシステムになります。
学習管理システムのLMSについてより詳しく知りたい方は、「LMSとは?学習管理システムの基本情報とメリットを徹底解説」をご参照ください。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


LMSで使える教材・コンテンツの種類

LMSにアップロードして配布できる教材は、次の4種類です。


  • 動画コンテンツ
  • SCORMコンテンツ
  • スライド
  • テスト・アンケート


それぞれの内容について、詳しく解説します。


動画コンテンツ

LMSでは動画をアップロードすることも可能です。動画は視覚と聴覚の両方から情報を取り入れられるため、情報が多く受講者が理解しやすく記憶に残りやすいというメリットがあります。マイクロラーニングにも最適なため、動画あたりの時間が短く、一つの動画に一つの内容だけになっていると、より社員が学習しやすいコンテンツとなるでしょう。


SCORMコンテンツ

SCORMはeラーニングにおける標準規格のことで、コンテンツベンダーが主に使用する規格となります。SCORM1.2とSCORM2004があり、それぞれの規格に対応しているLMSであれば、システムが異なる場合でもアップロード可能です。


スライド

PDF資料をアップロードすると、受講者が1ページずつ表示・閲覧できます。システムによってはページ単位で受講履歴が取れたり、全ページ閲覧しなければ受講完了としない設定をすることもできます。また、ダウンロード機能や提出物管理機能があるシステムであれば、課題などをデータでダウンロードして受講者が回答し、LMS上で提出するなど一元管理をすることができます。一方で機密情報などが含まれる場合はスライドをダウンロードで不可にすることもでき、企業の方針に合わせて活用できるLMSもあります。


テスト・アンケート

eラーニングは、学習者の理解度を確認するためのテスト機能や、受講についてのアンケートを作成する機能を搭載しているものもあります。LMSによっては作成したテストをアップロードするとテスト実施時に自動採点したり、テストの点数や回答までにかかった時間などのデータを取得したりすることも可能です。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


LMSの主な機能

	オンラインミーティングをする女性

LMSに備わっている主な機能は、次の通りです。


  • eラーニングの受講
  • eラーニングの受講管理機能
  • eラーニングコースの作成
  • eラーニングを含んだ研修の管理運営


詳しくは、次から解説していきます。


eラーニングの受講

LMSでは、eラーニングの受講をすることが可能です。管理者がLMSに教材をアップロードし、コース作成することで、受講者がLMS上で学習を進められます。パソコンやスマートフォン、タブレットなどのマルチデバイスから受講できて、時間や場所が限られないため、それぞれの受講者のペースで進められるのがメリットです。


eラーニングの受講管理機能

LMSには学習者の受講進捗をリアルタイムで管理できる機能もあります。社員の受講記録や受講完了数、理解度テストの点数などをデータで把握できるのがLMSの大きなメリットです。各社員の進捗に応じて受講リマインドなどの連絡もできるため、受講履歴の数値管理だけでなく、学習効果を高めるための管理運営にも活用できます。


eラーニングコースの作成

教材を提供しているeラーニングベンダーもありますが、自社のオリジナル教材で学習を進めることも可能です。
今まで自社で使っていた資料や素材を元に独自のeラーニング教材を作成したい、新たにオリジナルの教材を作成したいという場合に、教材作成をサポートするサービスを行っているLMSもあるので、初めて教材を作成するという企業担当者も安心です。
階層や職種、年代別など、対象者を分けたコースで学習内容を変えることも可能なので、自社の教育に適したコースを作成・選択すると良いでしょう。


研修の管理運営

LMSの中には、eラーニングの受講管理だけでなく、集合研修の申し込みや出欠管理などの研修管理を行えるものもあります。研修の定員管理もできる上、出欠数をLMS上でデータとして残すこともできるため、工数の削減が実現できます。eラーニングと集合研修を組み合わせたブレンデットラーニングなども実施しやすくなります。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら



企業がLMSを導入するメリット

集合研修やオンライン研修など、自社に適した研修体制をすでに導入している企業も少なくないでしょう。そんな中でLMSを導入する理由はあるのでしょうか。ここでは企業がLMSを導入する主なメリットを3つ解説します。


  • 学習進捗を数値で把握できる
  • 学習データを蓄積して分析できる
  • 社員のキャリア開発につながる


それぞれ見ていきましょう。


学習進捗を数値で把握できる

LMSの大きなメリットの一つに、受講者の学習進捗を数値で管理できる点があります。受講者ごとにどの単元まで進められたかが分かるだけでなく、受講完了までの時間やテスト結果など、さまざまな項目を管理画面から数値で把握できます。
個々の進捗を把握することができるため、受講状況に応じて受講を促すリマインドを行ったり、コースごとの受講率を確認したりと、人材育成での様々な活用が可能です。


学習データを蓄積して管理できる

これまでの学習データをすべて蓄積しておけるのもLMSを導入するメリットの一つです。誰がいつ、どのような学習を修了したかをデータベース化しておけるため、全社員のスキルや知識レベルの把握がしやすくなります。
社内で足りないスキルや課題を洗い出す際に、LMSがあれば社員一人ひとりにヒアリングを実施しなくても蓄積されたデータから分析できます。


社員のキャリア開発につながる

現在、日本ではビジネスモデルの変化などに対応するために、業務上で必要となる知識を学ぶ「リスキリング」が注目を集めています。企業が社員のキャリア開発へ投資することで、社員を人的資本として扱う「人的資本経営」を推進する流れが生まれているのです。
また、社員側でもキャリア形成への意識は高まっており、会社に依存するキャリア形成ではなく自主的なキャリア開発を望む人材は増加しています。
LMSの中には、求めるキャリアを獲得するために推奨される学習内容を提示する機能を持つものもあります。このようなLMSを導入することで、社員の自主的なキャリア開発を推進できます。LMSで効率的に人材育成を管理し、人的資本経営をサポートしていくことが可能になるのです。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

5分でわかるetudes


LMSを選ぶときのポイント

	LMSイメージ

LMSにはさまざまな種類がありますが、それぞれ特徴や備わっている機能が異なります。ここでは、自社に適しているLMSを選ぶときに、考えておきたいポイントについて解説していきます。


  • 自社に必要な機能が揃っているか
  • 予算内に費用を抑えられるか
  • 操作性が使いやすいものになっているか
  • どのくらいの導入実績があるか
  • サポート体制が充実しているか


詳しく見ていきましょう。

▼LMS (eラーニングシステム) 選びについておすすめの資料はこちら
LMS選定で考えるべきポイント6選


自社に必要な機能が揃っているか

LMSを比較・検討する前に、あらかじめ導入目的やLMSに必要な機能を洗い出しておきましょう。なぜLMSを導入する必要があるのか、現状での自社における人材育成の課題は何かなどを考えておくことで、LMSに求める機能が明確になります。
例えば、海外に拠点があり、全社で共通の教育を施したいという場合には、多言語対応できるLMSを選ぶ必要があるでしょう。


予算内に費用を抑えられるか

LMSの導入・運用にはコストがかかりますが、初期費用の有無、利用料金が月額制なのか従量課金制なのかなど、料金体系もLMSによっても大きく異なります。社内の教育予算や施策と照らし合わせて、運用に合った料金体系のサービスを選択すると良いでしょう。


操作性が使いやすいものになっているか

LMSの操作がシンプルで使いやすいかどうかもポイントです。LMSの操作が困難で煩雑なものは、受講者と管理者、双方にとって使いづらく、業務運営の負荷が増えたり、学習へのモチベーションが低下したりする原因になります。社内で幅広く活用するために、ITリテラシーが高くないユーザでも、直感的に操作を理解できるUIを備えたLMSが理想的です。


どのくらいの導入実績があるか

LMSを比較検討する際は、他社の導入実績も含めると良いでしょう。導入実績が多いLMSは機能や操作性に優れている可能性が高くはありますが、自社にとってどのような機能があるLMSが適しているのかは異なります。他社導入実績が多い場合でも、自社で求める機能がなければ導入後の運営に影響があります。


サポート体制が充実しているか

LMSを運用していく上で重要なポイントの一つが、サポート体制が整っているかどうかです。特に、初めて教材を作成する、教材作成に不安があるという企業担当者にとっての安心のサポートが、「教材作成サポート」です。教材作成のサポートが行われているLMSであれば、教材作成に関する悩みを解決しながら、最適な教材の作成ができるでしょう。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

5分でわかるetudes


LMSを導入するならetudesがおすすめ

etudes最新トップ画像

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

eラーニングやLMS導入を検討中であれば、人材育成に関する知見が豊富なアルーの「etudes(エチュード)」をご検討ください。
アルーが長年、人材育成コンサルティングで培ったノウハウを生かして作成した独自のeラーニング教材で、さまざまな階層別に求められるスキルを学べるコンテンツを揃えています。アルーの独自コンテンツ以外にも、自社オリジナルの教材や、社内の情報をアップロードすることも可能です。自社オリジナル教材を作成する場合は、サポートもあります。

etudesの教材については、次項からさらに詳しい内容を説明いたします。


etudesのテーマ別eラーニング教材

次の9つのテーマから、課題に合わせて自由に教材を選択してご使用いただけます。



etudesのセット教材

階層別、対象者別にニーズが多い研修をセットにした教材です。



自社オリジナル教材の制作

自社オリジナル研修教材や、企画・制作から始めた独自の研修教材を配信したいといった場合、etudesではオリジナル教材作成支援も行っています。


  • 研修プランニング
  • 研修内容のデジタル化
  • 研修教材内製の環境構築支援


独自の教材作成を企画〜効果測定までトータルサポートいたします。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

5分でわかるetudes


まとめ

LMSには、eラーニングの受講、学習進捗管理、eラーニングのコース作成などの機能があります。LMSを導入することで、学習進捗の確認や学習データの管理が容易になるというメリットが得られます。これから社内の研修体制を整えるという企業はもちろん、すでに自社に適した研修体制を導入している企業にとっても魅力的な学習システムです。
導入するLMSを選ぶ際には、機能や費用、操作性、サポート体制などを比較して検討すると良いでしょう。
eラーニングを導入するならば、アルーの人材育成のノウハウから生まれた独自の教材が豊富なetudesをぜひご検討ください。etudes既存の教材を使用できるだけでなく、貴社独自の教材を企画・作成〜効果測定までトータルでサポートいたします。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気のお役立ち資料

企業の導入・活用事例集

 etudes導入事例集

etudesがよく分かる資料2点セット

	アルー株式会社eラーニングシステムご紹介資料

eラーニング販売をご検討中の方向け

eラーニングビジネスをはじめたい方向け

人気記事ランキング

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る