catch-img

企業におけるeラーニングの活用法。導入のメリット・デメリットと注意点

企業においてeラーニングを導入するメリットは複数あります。たとえば、社員一人ひとりの学習管理・進捗管理がしやすいこと、研修の費用を抑えられること、研修の質を一律にできることなどが挙げられます。一方で、デメリットや注意点もあります。今回は、会社におけるeラーニングの活用方法について、詳しく紹介していきます。


目次[非表示]

  1. 1.企業におけるeラーニングの活用方法
    1. 1.1.全社での研修
    2. 1.2.新入社員研修
    3. 1.3.企業理念などの浸透教育
    4. 1.4.新サービス・新商品のマニュアル
  2. 2.企業視点のeラーニングのメリット
    1. 2.1.学習管理・進捗管理がしやすい
    2. 2.2.費用を抑えられる
    3. 2.3.事前準備の手間を削減できる
    4. 2.4.研修の質を一律にできる
    5. 2.5.最新の情報を共有しやすい
  3. 3.企業視点のeラーニングのデメリット
    1. 3.1.モチベーション維持がしにくい
    2. 3.2.対面での研修が必要なものには向かない
    3. 3.3.導入コストが必要
    4. 3.4.ネットワーク環境を整える必要がある
    5. 3.5.セキュリティ対策をする必要がある
  4. 4.企業研修でeラーニングを利用するときの注意点
    1. 4.1.管理者を決定し進捗管理・フォローアップをする
    2. 4.2.使用感や教材などを無料期間などで確認する
    3. 4.3.教材を最新の情報にアップデートする
    4. 4.4.企業研修の規模に合ったものを利用する
  5. 5.企業研修をeラーニングにするならetudes
    1. 5.1.ニーズの多い研修をセットにしたプランが充実
    2. 5.2.利用しやすいUI・UX
    3. 5.3.自社教材の作成サポートも完備
  6. 6.etudesを利用した企業の事例
    1. 6.1.住友ゴム工業株式会社様
    2. 6.2.株式会社ボンズコミュニケーション様
    3. 6.3.株式会社メガネトップ様
  7. 7.まとめ

企業におけるeラーニングの活用方法

まず、eラーニングとは、インターネットを利用した学習形態のことです。教育機関や企業で導入されており、パソコンやスマートフォン、タブレットを使用して学習が行われます。

企業におけるeラーニングの活用方法は、以下のようなものがあります。

  • 全社での研修
  • 新入社員研修
  • 企業理念などの浸透教育
  • 新サービス・新商品のマニュアル

以下にて詳しく見ていきましょう。


全社での研修

全社員に研修を受けてもらいたい場合、eラーニングによって効果的に実施することが可能です。全社員にeラーニングシステムから受講の連絡を送り、社員一人ひとりの都合の良い時間で研修を受けてもらいます。eラーニングシステムを使えば、研修を受けていない社員へのリマインドも送れます。

また、eラーニングであれば、集合研修にかかる多くの費用を削ることができます。全社員を一堂に集めて集合研修を行う場合は、企業規模が大きくなればなるほど、その費用もかさみます。集合研修場所代、昼食費や宿泊費など、集合研修にかかる費用はさまざまです。

eラーニングであれば、これらの集合研修にかかる費用は一切かかりません。全社での研修に、eラーニングは非常に向いていると言えるでしょう。


新入社員研修

新入社員研修の特徴として、毎年同じ時期に、同じ内容の研修を行うということがあります。一度eラーニングで研修内容を作成してしまえば、毎年講師を呼ぶ必要はなくなりますし、コスト削減につながるのではないでしょうか。

また、新入社員が分からないことがあったとき、eラーニングであればすぐに確認することもできます。集合研修で一度では覚えられなくても、eラーニングで何度でも反復学習をすることができるのです。

新人社員研修をeラーニング化することにより、複数のメリットが生まれると言って良いでしょう。


企業理念などの浸透教育

eラーニングは、企業理念などの浸透教育にも役立ちます。企業理念は社員がその企業で「なんのために働くか」を明確にし、働くモチベーションを高め、長く働きたいと思うために重要なものです。

自社独自の企業理念を、eラーニング化させる方法は、3つあります。

  • 自社独自で企業理念をeラーニング教材化する
  • eラーニングベンダーが提供する教材作成ツールを利用する
  • eラーニングベンダーに相談しオリジナルのeラーニング教材を作る

eラーニング教材作成のノウハウを持っている場合は、自社独自で企業理念をeラーニング化すると良いでしょう。一方、eラーニング教材作成のノウハウを持っていない場合でも、eラーニングベンダーの開発サポートを受けて教材作成が出来ます。

社長など企業理念に精通している人の動画や、ナレーション付きスライドを利用して、企業理念の浸透教育を行うことができるでしょう。


新サービス・新商品のマニュアル

eラーニングは、新しいサービスや商品のマニュアルとしても利用ができます。新サービスや新商品の概要をeラーニングを用いてまとめ、社外の関係者がいつでもどこでも閲覧できるようにします。

社外の関係者が複数いる場合、集合研修のような形で説明会を開くより、eラーニングを利用した方が利便性が高くなるでしょう。


企業視点のeラーニングのメリット

微笑むOL

企業におけるeラーニングの活用方法を4つ確認したところで、企業視点から見たeラーニングのメリットは何か知っていきましょう。

  • 学習管理・進捗管理がしやすい
  • 費用を抑えられる
  • 事前準備の手間を削減できる
  • 研修の質を一律にできる
  • 最新の情報を共有しやすい

以下にて詳しく紹介します。


学習管理・進捗管理がしやすい

eラーニングは、導入のために2つの要素を必要とします。「eラーニング教材」と「LMS(Learning Management System)」です。LMSとは学習管理システムのことで、学習者と管理者が便利になるさまざまな機能を有しています。

LMSを利用しないで、eラーニング教材だけでeラーニングを導入すると、学習の履歴が残らなかったり、進捗管理ができなかったりとさまざまな不都合が出てきます。LMSを利用することにより、それらの不都合は解消され、より効率的なeラーニング導入が叶うのです。

LMSでできることはさまざまです。

  • テスト・アンケート配信
  • 学習者への指導機能
  • リマインド機能
  • セキュリティ対策
  • データ蓄積・分析

あらゆる機能を搭載しているLMSを利用することにより、eラーニングは学習管理・進捗管理がしやすいコンテンツとなるのです。


費用を抑えられる

企業視点から見たメリット2点目は、費用を抑えられることです。一般的に集合研修では、以下のようなものに費用がかかります。

  • 場所代
  • 講師代
  • 資料の印刷代
  • 宿泊費
  • 昼食費

大規模な集合研修になればなるほど、これらの費用はかさむでしょう。一方、eラーニングでの研修を取り入れた場合、これらの費用は一切かかりません。補助的に紙媒体の資料を作ることはあるかもしれませんが、それ以外の費用は必要とならないでしょう。


事前準備の手間を削減できる

集合研修は、イベントとしての側面があります。イベントは、企画され、予定調整が行われ、出欠確認がされ、会場整備、当日トラブル対応、撤収作業、費用の支払いや事後対応などさまざまな手間がかかります。担当者が複数名必要だったり、当日だけでなく事前事後の対応が必要だったりと、規模が大きくなればなるほど一大行事となるのです。

eラーニングを導入すれば、それらの手間が大きく削減できます。学習教材を作成し、それらを配信した後に管理する手間はありますが、イベントを運営する手間は大幅に減るでしょう。


研修の質を一律にできる

集合研修は、授業を行う講師や環境によって学習者の理解度に差が出ることがあります。伝え方が講師によって少しずつ違ったり、壇上の機材の調子や、座席からの見え方によって研修の質が左右されることもあるでしょう。

たとえば、20人が集まる集合研修で、講師が使用するマイクの調子が悪く、後ろの方に座っている人にまで声が届かなかったとします。集合研修に参加したのに、座る位置により研修の質に差が出てしまう例です。

eラーニングで研修を行えば、一人ひとりが自分の使いやすい端末で勉強を行うことができます。いつでもどこでも、研修の質は一律となるでしょう。


最新の情報を共有しやすい

eラーニングは、情報の更新性が高いという特性を持っています。eラーニングであれば、情報の修正があった場合、データを差し替えるだけで完了します。

紙媒体で情報の修正をする場合は、一度印刷した紙を全て廃棄しなければなりません。それから情報を修正し、再度印刷、場合によっては再配布の手間もかかります。

研修を行った後、しばらく経った後に情報の更新があった場合も同様です。eラーニングであれば情報を更新して関係者に周知をするだけで完了しますが、集合研修では更なる手間暇がかかるでしょう。


企業視点のeラーニングのデメリット

企業から見たeラーニングのメリットを紹介しましたが、ここからはデメリットをまとめていきます。

  • モチベーション維持がしにくい
  • 対面での研修が必要なものには向かない
  • 導入コストが必要
  • ネットワーク環境を整える必要がある
  • セキュリティ対策をする必要がある

以下にて、詳しく確認していきましょう。


モチベーション維持がしにくい

第一のデメリットとして、集合研修で発生する強制力がなくなる、というものがあります。集合研修では他の学習者や講師とのコミュニケーションの中で、「学ばなければならない」という強制力が発生します。

eラーニングでは、いつでもどこでも学習ができる一方、人によっては「いつでもできるから今はやらなくていい」という意識が生まれてしまうことがあるのです。

ただし、LMSを含むeラーニングシステムを取り入れると、学習状況の確認やリマインドを行えるためこのデメリットはカバーすることができます。


対面での研修が必要なものには向かない

eラーニングは、パソコンやスマートフォン、タブレットを用いて、動画などを閲覧することによって学習を行います。そのため、対面で行わなければならない「実習」には不向きです。

LMSによっては、対面実習のスケジュールを調整する機能を搭載しているものもあります。対面での実習を必ず行わなければならない職種の場合は、eラーニング教材と実習を組み合わせて検収を行います。このように学習スタイルが異なっても、LMSでまとめて管理をすることができます。


導入コストが必要

企業でeラーニングを導入するためには、

  • クラウド型:仮想環境に構築されたシステムを使用するSaaSサービス
  • オンプレミス型:自社にサーバー構築しシステムをダウンロードする

大きく分けてこの2種類の方法があります。クラウド型は初期費用が比較的安く、毎月使用料を払う必要があります。

オンプレミス型は、導入に大きな金額がかかりますが、運用費がクラウド型より安いという特徴があります。

eラーニングを導入するためには、費用がかかるということは理解しておきましょう。ただし、集合研修にかかる費用が全て削減できるため、費用対効果で検討するべきと言えます。


ネットワーク環境を整える必要がある

eラーニングは、いつでもどこでも学習ができます。ただし、学習者が利用するインターネット環境によっては、スムーズに学習ができないこともあります。

たとえば自宅にWi-Fi環境がない社員にeラーニングを行ってもらいたいとき、場合によってはWi-Fi環境整備のコストがかかることもあるのです。

いつでもどこでも学習できる一方で、インターネット環境に依存することも知っておきましょう。


セキュリティ対策をする必要がある

LMSなしでeラーニングを導入することとなった場合、セキュリティ対策が非常に難しくなってきます。eラーニングで扱う情報は、場合によっては社外秘の重要な情報であることもあります。たとえば一般的な動画共有サイトで自社のeラーニング教材を配布するのは、かなりハイリスクであると言えるでしょう。

ただし、LMSと併用してeラーニングを導入する場合は、高度なセキュリティ対策が講じられていることが多く、社外秘の情報も安心して取り扱えます。LMSベンダーによってもセキュリティ対策の度合は異なりますので、しっかりと確認して導入するようにしましょう。


企業研修でeラーニングを利用するときの注意点

積み木でPOINTと記す

それではここからは、企業研修でeラーニングを利用するときの注意点を見ていきましょう。

  • 管理者を決定し進捗管理・フォローアップをする
  • 使用感や教材などを無料期間、お試し利用で確認する
  • 教材を最新の情報にアップデートする
  • 企業研修の規模に合ったものを利用する

以下にて詳しくまとめます。


管理者を決定し進捗管理・フォローアップをする

eラーニングは、導入しただけではその効果を発揮しません。学習者に利用してもらい、学習の習熟度によって指導やリマインドを行います。必要に応じてテストやアンケートを実施し、コンテンツのカスタマイズやアップデートを行うこともあるでしょう。

これらの業務を行うためには、学習者の学習進捗管理やフォローアップをする担当者が必要となります。eラーニングを導入する規模によっても異なりますが、一名から数名の担当者を用意しましょう。


使用感や教材などを無料期間などで確認する

特定のeラーニングを本格導入する前に、無料期間を利用するようにしましょう。eラーニングベンダーには本格導入の前に無料でトライアルができるところが多くあり、それを利用して、サービスの使用感や教材の質を確かめてみることをおすすめします。

複数のeラーニングサービスを比較検討し、自社に最も適したベンダーを選択すると良いでしょう。


教材を最新の情報にアップデートする

eラーニング教材を導入した後は、教材の内容に古いものがないか常に注意するようにしましょう。

たとえば法改正などでeラーニングの内容を早急に変更しなければならなくなる場合もあります。教材の内容を最新の状態にアップデートする担当者を設置し、常に古い情報がないかどうか気を付けましょう。


企業研修の規模に合ったものを利用する

eラーニングシステムを提供するベンダーによっては、システムの利用規模が人数単位で決まっていることがあります。下限を設けているベンダーは、利用人数100人〜や、1000人〜と設定されているのです。反対に、上限を設けているベンダーもあります。

自社がどの程度の規模で企業研修を導入しようとしているのか、事前にしっかりと把握して、サービスを選択するようにしましょう。


企業研修をeラーニングにするならetudes


etudes

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

企業研修でeラーニングを利用するときの注意点を確認した後は、おすすめのeラーニングサービスを見ていきましょう。

20年以上に渡る人材育成のノウハウを持つアルー株式会社が提供するeラーニングサービス、「etudes(エチュード)」です。エチュードの特徴は以下のようなものがあります。

  • ニーズの多い研修をセットにしたプランが充実
  • 利用しやすいUI・UX
  • 自社教材の作成サポートも完備

以下にて詳しく見ていきましょう。


ニーズの多い研修をセットにしたプランが充実

新入社員向けのeラーニング教材が14本セットでパッケージされた「新入社員/内定者向け <スタンダードプラン>」など、ニーズの多いものをセットにしたプランが充実しているところが、第一の特徴です。

新入社員研修の他にも、若手社員向け、チームリーダー向け、部長職向けやOJTトレーナー向けなど、さまざまな社員向け研修が充実しています。

他にも、「コンセプチュアルスキルセット」や「データ分析セット」など、ニーズの多いスキルを獲得できるeラーニングセットも用意されています。

etudesの教材について詳しくは『eラーニング教材一覧』をご覧ください。

利用しやすいUI・UX

勉強したい学習コースを直感的に選択できる学習者画面から、学習者の学習履歴を一括して見ることができる管理者画面まで、etudesは学習者と管理者共に利用しやすいUI・UXを追求しています。

PCのみならずスマートフォンやタブレットでも学習ができる、レスポンシブデザインを採用しています。他にも、学習の進捗状況や点数をリアルタイムで閲覧でき、学習者のモチベーション向上にもつながる工夫が施されているのです。

etudesの機能について詳しくは『機能・特長』をご覧ください。


自社教材の作成サポートも完備

etudesでは、3種類の方法で自社教材の制作サポートを行っています。以下で見ていきましょう。

  • 完全オリジナル教材の制作
  • 既存教材のデジタル化支援
  • 教材内製のための環境構築支援

経験豊富なコンサルタントが社内の問題をヒアリングし、完全オリジナルの教材作成サポートを行います。また、既存の教材を動画撮影やナレーション吹き込みなどを用いてeラーニング化する方法や、対応ソフトウエアを用いたeラーニング教材制作環境の構築支援も行っています。

etudesのオリジナル教材作成について詳しくは『オリジナル教材を作成』をご覧ください。


etudesを利用した企業の事例

ではここからは、実際にetudesを利用している企業の事例を見ていきましょう。


住友ゴム工業株式会社様

これまで利用していたLMSからのリプレイスでetudesを選んだ、住友ゴム工業株式会社様。etudesを選択した理由はどのようなものだったのでしょうか。

etudesでは詳細な進捗状況を一覧で確認できること、リマインド設定ができること、等、機能の面でやりたいことに合っていると判断しました。また、eラーニングコンテンツのラインナップも充実しており、必要なコンテンツを選んで配信設定ができるのも魅力でした。


また、etudesを利用しての感想はどのようなものなのでしょう。

以前はメールで行っていた情報提供の見落としが減ったほか、各担当者も1回動画を作れば同じ説明を何度もする必要がなくなり、業務の効率化に繋がりました。

出展:etudes導入事例 住友ゴム工業株式会社


株式会社ボンズコミュニケーション様

コールセンター業務を展開する株式会社ボンズコミュニケーション様は、どのような理由でetudesを導入したのでしょうか。

機能的にも費用的にも問題がないように思ったので導入しようと決めました。優れたeラーニングシステムというだけでなく、私の悩みを解決できるかもしれない自由度の高いシステムだと思いました。もちろん、導入費用が他社に比べて圧倒的に安かったのも魅力でした。


株式会社ボンズコミュニケーション様が思う、etudesの使いやすい点はどこなのでしょう。

使ってみてその使いやすさにも満足しています。画面を作り込んでいくのも、Wordpressのような感覚でドラッグ&ドロップだけで作っていけるので使いやすいです。自由度の高いプラットフォームだという点もやはりいいですね

出展:etudes導入事例 株式会社ボンズコミュニケーション


株式会社メガネトップ様

国内眼鏡市場No.1のメーカーである株式会社メガネトップ様は、どのようにeラーニングを活用しようと考え、etudesを導入したのでしょうか。

今後の眼鏡市場における当社の競争力強化にとって人材開発への投資は重要であるとともに、人材開発の過程や成果をしっかりと可視化することも人材開発本部として重要視しており、その可視化のためにもeラーニングの活用は重要であると、以前から考えておりました。


では、etudesを導入するに至ったきっかけは何なのでしょう。

客観的に他のeラーニングシステムと比較しても、利用者・管理者双方においてユーザビリティが良い点は高評価でした。わかりやすく使いやすい仕組みで、シンプルかつ柔軟な運用が可能な点から、他の研修においてもetudesを利用拡張しようと判断した次第です。

出展:etudes導入事例 株式会社メガネトップ


まとめ

企業におけるeラーニングの活用方法は、全社員での研修、新人研修などさまざまなものがありました。費用を抑えられたり、学習の質が一定になるなどの複数のメリットがある一方、対面での研修が必要なものには向かないというデメリットもありました。

企業においてeラーニングを導入したいとお考えなら、etudesをご検討ください。

UI/UXを追求した使いやすい操作感で、学習管理・進捗管理ができます。eラーニングならではのメリットを網羅したetudesで、貴社の問題点を解決してみてはいかがでしょうか。

ご興味をお持ちの方は、一度資料請求からお試しください。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る