catch-img

eラーニングの教材は購入すべき?開発すべき?良い教材のポイントも

eラーニング教材はどのように入手ができるのでしょう。

やみくもにeラーニング教材を探したり、eラーニング教材を作成してしまっては、効率的なeラーニング導入は叶いません。

検討前に知っておくべきことから、eラーニング教材の種類、良いeラーニング教材の共通点を知って、eラーニング導入を成功させましょう。


目次[非表示]

  1. 1.eラーニングの教材はどのように導入すべきか
    1. 1.1.導入目的によって入手方法を決めよう
    2. 1.2.eラーニングだけではなくLMSも
  2. 2.eラーニング教材の種類
    1. 2.1.資料配布タイプ
    2. 2.2.アニメーションタイプ
    3. 2.3.動画配信タイプ
  3. 3.最新のeラーニング教材のトレンドは「動画」
    1. 3.1.ライブ配信機能を搭載したLMSも
  4. 4.良いeラーニング教材のポイント
    1. 4.1.内容のわかりやすさ
    2. 4.2.学習の効果が確認できる
    3. 4.3.更新性が高い
    4. 4.4.成果、生産力アップにつながる
  5. 5.eラーニングの教材を入手する4つの方法
  6. 6.1.パッケージ商品を購入する
    1. 6.1.メリット・デメリット
  7. 7.2.パッケージ商品をカスタマイズする
    1. 7.1.メリット・デメリット
  8. 8.3.教材を外注し作成する
    1. 8.1.メリット・デメリット
  9. 9.4.教材を自社で作成する
    1. 9.1.メリット・デメリット
  10. 10.eラーニング・LMS導入なら「etudes(エチュード)」
    1. 10.1.etudesなら多彩な教材を配信・管理
  11. 11.まとめ


eラーニングの教材はどのように導入すべきか

まずeラーニングとは、インターネットを利用した学習形態のことを指します。eラーニング教材を提供しているeラーニングベンダーは国内にさまざまあり、その教材内容も多種多様です。

どのようなeラーニングを導入すればいいか迷った時は、以下のようなポイントを思い出しましょう。

  • 導入目的によって入手方法を決めよう
  • eラーニングだけではなくLMSも

では、詳しく見ていきましょう。


導入目的によって入手方法を決めよう

eラーニングを検討する時にはっきりさせておくべきことは、その導入目的です。一般的なビジネススキルや社会人における基礎的な教育など、ある程度普遍的なスキルをeラーニングを使用して社員に獲得してもらいたい場合は、eラーニングベンダーが提供する既存のセットプランを活用すると効率的です。

一方で、自社にしかないノウハウをeラーニングで教えたい場合は、既存のeラーニングプランではまかないきれません。そのような場合は、自社でeラーニングを開発したり、eラーニングベンダーに開発を依頼することにより、目的を達成することができるでしょう。


eラーニングだけではなくLMSも

eラーニングを検討する時に忘れてはいけないのは、LMSです。LMSとは、「Learning Management System」の略称で、eラーニングを管理するために無くてはならないシステムのことです。

LMSとeラーニングを併用することにより、以下のようなことが可能となります。

  • 学習者の学習状況の閲覧・管理
  • 学習者へのリマインド
  • 学習者の学習履歴の蓄積
  • 学習者のテスト結果の蓄積
  • アンケートの配布
  • 対象者への学習指示

eラーニングを実施するに当たって必要な諸業務をLMSが行ってくれるため、eラーニングを導入したい場合はLMSも併用する必要があると言えます。


eラーニング教材の種類

PCイラスト


eラーニング導入検討前に知っておくべきポイントを確認した後は、eラーニング教材の種類について知っていきましょう。

eラーニング教材は、大きく分けて3種類あります。

  • 資料配布タイプ
  • アニメーションタイプ
  • 動画配信タイプ

以下にて詳しく見ていきましょう。


資料配布タイプ

まずはじめに、資料配布タイプです。これは、従来の集合研修で使用していた紙媒体の資料をデータ化したものです。

既存の研修データを活用できるため、手軽にeラーニング教材を作成できるというメリットがあります。一方で、手の込んだアレンジが難しいため、シンプルな教材になる特徴があります。


アニメーションタイプ

動きのあるスライドに、ナレーションがついたものがアニメーションタイプです。

キャラクターが出てきたり、ストーリー仕立てで学習が進行するものもあります。

親しみやすく威圧感を与えないため、幅広い年齢層向けのeラーニング教材に採用されています。


動画配信タイプ

実際の講義を録画配信する方法や、資料と講師の映像を2画面で録画配信する方法を、動画配信タイプと言います。

既に録画されたものを視聴する場合が多いですが、ライブ配信でeラーニングを行うケースもあります。


最新のeラーニング教材のトレンドは「動画」

上記で紹介した3つのeラーニングの種類の中で、近年は「動画教材」が主流となっています。

実際の講義を録画するだけでいい手軽さ、資料配布タイプより多くの情報をまとめることができる利便性の高さから人気が高まっているのです。

動画は、視覚だけでなく聴覚にも訴えかけるコンテンツです。視覚だけで内容を覚えるテキスト資料よりも、記憶に残りやすいという特徴もあります。


ライブ配信機能を搭載したLMSも

eラーニングを提供するLMSベンダーの中には、オンラインライブ配信機能を搭載しているものも出てきています。

ZoomやTeams、WebeXなどさまざまな機能を使いオンラインライブ配信が行われます。LMSによっては、オンラインライブ配信機能を利用した研修への参加時刻を記録し、学習実績として蓄積できるものもあります。

またLMSによっては、ログインするだけでオンラインライブ配信会場のURLと、その後のテスト・アンケートが一括で閲覧できるものもあります。学習者にとっては利便性が高く、管理者にとっても手間なくオンラインライブ配信ができるのです。


良いeラーニング教材のポイント

eラーニングで解決したい企業の課題はさまざまあり、「良いeラーニング教材」を一概に定義することは難しいでしょう。ただし、一般的に「良い」とされるeラーニング教材はあり、その「良い」eラーニング教材には特定の共通点があるのです。

  • 内容のわかりやすさ
  • 学習の効果が確認できる
  • 更新性が高い
  • 成果、生産力アップにつながる

以下にて詳しく見ていきましょう。


内容のわかりやすさ

内容がわかりやすいことが、良いeラーニング教材の第一の共通点です。テキストのみならず動画や音声を利用し、わかりやすいコンテンツである必要があるでしょう。

内容の情報が正しいこと、まとまっていること、工夫を施した伝え方をしているかどうかが重要なポイントです。動画自体もナレーションを追加してあったり、アニメーションを組み合わせていたりといった見る側への配慮があるかどうか、確認しましょう。

学習者や管理者が使いやすいUI/UXを追求しているコンテンツであれば、内容のわかりやすい「良い」eラーニングであると言えます。


学習の効果が確認できる

学習の効果がすぐに確認できるのも、良いeラーニング教材の共通点です。テストやアンケートを用いて学習後に効果を測定できる機能があるかどうかは、確認をするようにしましょう。

eラーニングのテスト形式には、択一式、複数選択式、○×式、記述式などがあります。LMSによっては合格点や試験時間、試験受験回数の設定をすることも可能です。アンケートを使用することにより、学習者の意見を集めることもできます。

学習の効果がすぐに確認できることは、学習者にとっても管理者にとっても大切なポイントです。学習者にとっては自分の学習履歴を確認することでモチベーションを保つことができ、管理者にとってはサポートを行いやすくなります。

学習の効果が事細かに確認できるeラーニングは、一般的に「良い」と言えるのではないでしょうか。


更新性が高い

利用者の声やニーズ、必要に応じてコンテンツの更新を行えるかどうかも、良いeラーニングかどうかを判断する基準となります。

頻繁に新しい機能を搭載することも更新性が高いと言えますが、コンテンツの内容を微調整してより使いやすく改善することもコンテンツ更新のうちです。

学習コンテンツの内容によっては、法改正などによってすぐに内容変更が必要となる場合もあります。そんな時に、すぐに修正が行えるかどうかは、そのeラーニングが「良い」かどうかの転換点となるのです。


成果、生産力アップにつながる

「成果・生産力アップ」は、数あるeラーニング導入の目的の中でも大部分を占めているでしょう。成果、生産力アップにつながるeラーニング教材を保有しているかどうかは、良いeラーニングであるかどうかのチェックポイントです。

ただし、一概に「成果・生産力アップ」といっても、各企業によってその方法はさまざまでしょう。既存のeラーニングコンテンツに自社の成果・生産力アップにつながるものがあれば良いですが、ない場合は担当者と自社オリジナルのeラーニングを作成できるかどうかがポイントとなります。

学習コンテンツの有無だけでなく、柔軟に対応を行えるベンダーであるかどうかも、検討段階で確認するようにしましょう。


eラーニングの教材を入手する4つの方法

PC女性手元

ここまでは、「良いeラーニング教材」とはなにかを紹介してきました。ここからは、実際にeラーニング教材を入手する方法について見ていきましょう。

  1. パッケージ商品を購入する
  2. パッケージ商品をカスタマイズする
  3. 教材を外注し作成する
  4. 教材を自社で作成する

それぞれのメリット・デメリットについても詳しく紹介していきます。


1.パッケージ商品を購入する

eラーニングベンダーが提供している数多くのパッケージ商品から、最適なものを選択して購入する方法です。LMSシステムを自社が保有しているかいないかによって、その購入方法は異なります。

LMSシステムを保有している場合は、教材コンテンツの規格と自社LMSの規格が合致していることを確認した上で、eラーニングコンテンツだけを購入します。

LMSシステムを保有していない場合は、以下のような種類のLMSを利用します。

  • クラウド型
  • オンプレミス型

クラウド型では、eラーニング(LMS)ベンダーから、LMSをプラットフォームとしたeラーニングシステムを、SaaSサービスとして購入します。

オンプレミス型では、自社サーバーを用意して、ベンダーから購入したLMSを構築します。


メリット・デメリット

プロが作成した高品質な学習教材を使用できることが、パッケージ商品を購入する最大のメリットです。

eラーニングベンダーによっては、何十年ものeラーニング作成ノウハウを保有しているところもあります。そのノウハウを利用して作成された学習コンテンツは、痒い所に手が届く良質な学習コンテンツとなっています。

そんな学習コンテンツを利用できるのですから、求めるeラーニングがセットプランで販売されていれば使用しない手はありません。

一方で、求めている内容と100%合致するeラーニングが販売されていないこともあります。パッケージ商品はある程度一般的で、普遍的な学習コンテンツが多く、欲しい分野が用意されていないことがあるのです。


2.パッケージ商品をカスタマイズする

続いては、パッケージ商品のカスタマイズです。eラーニングベンダーにもよりますが、以下のような方法でパッケージ商品はカスタマイズが可能です。

  • 教材を統合・分割して長さを変える
  • 教材に情報を追加する
  • ケーススタディを変更する
  • テスト内容を変更する
  • 専門用語を追加する

複数の教材の内容を統合するカスタマイズの他にも、ケーススタディを実際にあった自社のものに変更したり、実際に社内で使用している専門用語を追加したり、既存のテストにより専門的な問題を追加したりできます。

ある程度は既存のeラーニングでカバーできるけれども、少し内容を追加・変更することにより更に良くなる場合にこの方法を検討すると良いでしょう。


メリット・デメリット

クオリティの高い学習コンテンツと、自社独自のノウハウを組み合わせられることが最大のメリットだと言えるでしょう。

一方で、既に作成されている学習コンテンツを加工することで、そのクオリティが下がってしまう可能性があることも否めません。たとえば、100分で作成されている学習コンテンツを、マイクロラーニングを取り入れたいからといって5分に集約できないように、パッケージ商品のカスタマイズはどのような加工も可能という訳ではないのです。

この方法を試したい場合は、より実績のあるeラーニングベンダーを選び、まずは相談してみるといいでしょう。


3.教材を外注し作成する

eラーニング(LMS)ベンダーに、教材の作成を一から依頼する方法です。以下のような企業は、教材の外注を検討した方が良いと言えるでしょう。

  • どんなeラーニングを実装すればいいか分からない
  • 自社のノウハウをeラーニング化したい

一から教材を作れることによって、eラーニングの自由度は格段に上がるのです。

eラーニング教材作成の大まかな流れは以下です。

  • 情報収集
  • 概要仕様確定
  • 詳細仕様確定
  • eラーニング内容作成
  • オーサリング
  • 確認・修正

情報収集では、社内の課題を明確化し、どのようなeラーニングであれば課題解決ができるかを検討していきます。経験豊富なコンサルタントが、どのような悩みでも聞いてくれます。

eラーニングベンダーによっては、「どのようなeラーニングを取り入れたらいいか分からない」といった根本的な悩みでも、一緒に考えてくれるところもあるのです。

情報収集が完了し、導入するeラーニングの概要が決まったところで、見積段階に入ります。次に実際の開発段階に入り、オーサリングと呼ばれるwebコンテンツへの組み上げ作業を経て、完成品の確認、最終修正に入ります。


メリット・デメリット

教材作成のプロと共に、一から教材の作成ができることが最大のメリットです。さまざまなeラーニング教材を作成してきたノウハウをもとに、自社に最適なeラーニング教材を提案してくれることでしょう。

どのようなeラーニングを取り入れたらいいか分からない企業だけでなく、自社のノウハウをeラーニング化したい企業にとっても、一から教材を作成する方法は利点が多くあります。

デメリットとしては、費用がかかることが挙げられます。eラーニング教材を作成する4つの方法の中で、最も高額な費用がかかってしまうでしょう。


4.教材を自社で作成する

最後のeラーニング教材入手の方法は、教材を自社で作成する方法です。

  1. eラーニング教材作成の全ての行程を自社で行う方法
  2. オーサリングを教材作成ツールを利用して行う方法

の、2種類があります。

全ての行程を自社で行う場合は、PowerPointファイル、Excelファイル、音声ファイルやアニメーション動画を用意して、プログラムを組み上げていきます。社内にオーサリングの知識があることが必須となります。

またこの場合は、eラーニング(LMS)ベンダーの力を借りなくてもeラーニングの導入が可能です。ただし、LMSの構築も自社で行う必要があります。

オーサリング作業を、eラーニング(LMS)ベンダーが提供する教材作成ツールを利用して行う方法では、上記よりも簡単にeラーニング教材が作成できます。PowerPointファイルなどの必要な素材を用意するだけで、eラーニング作成ツールがオーサリング作業を行ってくれるのです。


メリット・デメリット

教材を自社で一から十まで全て作成するメリットは、専門業者に依頼をする時にかかるコストが一切かからないことが挙げられます。自社内でeラーニングを作成できるだけのスキルやノウハウがあれば、自社作成が最も良い方法だと言えるでしょう。

ただし、以下の課題を解決できるかが問題となってきます。

  • eラーニングをなんのために導入したいのかがはっきりしている
  • 導入目的を自社のスキルで解決できるという確信がある

上記の課題を解決できる時だけ、完全自社開発のeラーニングは成功すると言えます。これら2つの課題を解決できないのに完全自社開発に挑んでしまっては、eラーニング導入施策自体の失敗につながりかねません。

一方で、eラーニングベンダーが提供する教材作成ツールを利用する場合は、完全自社開発ほどの知識は必要ありません。開発コストを押さえて、eラーニング導入を実現できる良い方法だと言えるでしょう。


eラーニング・LMS導入なら「etudes(エチュード)」

etudes

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

この記事で紹介した良い教材の要素を兼ね備えたeラーニングシステム「etudes(エチュード)」をご紹介いたします。

etudesは、20年以上のeラーニング作成ノウハウを持っているeラーニングシステム(LMS)です。さまざまな企業への導入実績があり、管理者にも学習者にも優しいUI/UXを追求しています。

etudesのeラーニングシステムの特徴と優れている点をお伝えします。

etudesなら多彩な教材を配信・管理

etudesは、豊富で多彩な種類の学習コンテンツを保有しています。20年以上のeラーニング作成ノウハウを利用し、わかりやすくハイクオリティな学習コンテンツを実装しています。

テスト機能やアンケート機能も搭載しており、学習の効果を確認することも可能。新しい機能を随時導入し、更新性も高いベンダーです。

また、経験豊富なコンサルタントが自社の悩み事を丁寧にヒアリングし、成果・生産力アップにつながるeラーニングを提案・提供しています。

もちろん、LMSとしての機能も完備しています。管理者が求める機能を先回りして実装、提供を実現しているのです。

etudesの教材について詳しくは『eラーニング教材一覧』をご覧ください。


まとめ

eラーニング教材の選び方と入手方法、良い教材の見分け方を詳しく解説いたしました。

企業ごとに、最適なeラーニングシステムがあります。まずは自社の状況や抱えている課題を洗い出し、それを解決に導くeラーニング教材を選ぶようにしましょう。

eラーニング教材導入を成功させたいとお考えの方は、アルー株式会社の提供する「etudes」をご検討ください。

豊富なセットプランだけでなく、「ビジネススキル」や「マネジメント・部下育成」などのテーマ別に教材を選択でき、貴社に合った教材を見つけることができるでしょう。

コンサルタントとの相談の中で教材のカスタマイズを行ったり、一から教材作成を行うことも可能です。

eラーニング導入なら、導入実績も豊富なetudesにお任せください。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る