catch-img

Excelを社員に学んでもらうなら、eラーニングを使おう!おすすめのサービスを紹介

Excelは多くの部署が扱うソフトでありながら、正しくスキルとして身についている社員は少ないという企業も多いのではないでしょうか。

社員にExcelのスキルを学んでもらうなら、eラーニングがおすすめです。動画で見て学べるため感覚的にExcelのスキルを獲得させることができますし、初歩から応用まで一人ひとりのスキルに合わせてカリキュラムを選択させることも可能です。

今回は、社員がeラーニングでExcelのスキルを学ぶことについて、また、おすすめのeラーニングサービスについて紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.Excelは社員が学ぶべきビジネススキル
    1. 1.1.Excelの基礎を学ぶことのメリット
  2. 2.社員がExcelを学ぶ上でのよくある課題
    1. 2.1.本を使った自主学習が進まない
    2. 2.2.対面研修では一人ひとりの理解度に合わせられない
  3. 3.Excelのスキルを身につけるなら「eラーニング」!
  4. 4.eラーニングでExcelのスキルを身につけるメリットとは?
    1. 4.1.動画で見て学べるから感覚的に分かる
    2. 4.2.段階的に学ぶことができる
    3. 4.3.初歩から応用までスキルに合わせられる
    4. 4.4.苦手なところを何度でも見返せる
    5. 4.5.学習管理がしやすい
  5. 5.eラーニングでExcelを学ぶなら「etudes」
    1. 5.1.豊富な教材がある
    2. 5.2.スマホやタブレットでいつでもどこでも受講可能
    3. 5.3.UI・UXが分かりやすい
  6. 6.etudesはクラウド型のeラーニングシステム
    1. 6.1.セキュリティ面でも安心
  7. 7.etudesなら教材のカスタマイズも自由自在!
    1. 7.1.オリジナル教材の作成も可能
  8. 8.etudesのExcelカリキュラムの内容は?
    1. 8.1.Microsoft Excel ベーシック編
    2. 8.2.Microsoft Excel アドバンス編
    3. 8.3.「etudes」導入の流れ
  9. 9.まとめ

Excelは社員が学ぶべきビジネススキル

まずExcelとは、Microsoft社が開発・提供している表計算ソフトです。Microsoft社はExcelの他にも代表的なものに「Word」「PowerPoint」「access」を開発・提供しており、これらのソフトはさまざまな企業において利用されています。

なかでもExcelは、業種・職種を問わず利用シーンが多く、社会人の必須ビジネススキルとして有名です。

近年は若者を中心にスマートフォンやタブレットの普及が進み、PCの利用率が低下しています。Excelの使い方を知らない社員も多くいることから、学ぶビジネススキルといってよいでしょう。


Excelの基礎を学ぶことのメリット

Excelは、多くの場面において利用されているソフトです。しかし、そのスキルを持っている人が職場内で少なかった場合、業務の負担が一部のスキルを持った人に集中してしまうことが予測されます。Excelの基礎を多くの社員に学ばせることによって、業務を分散することができ、Excel業務の属人化を防ぐことができるようになるのです。

また、Excelスキルを持った人が社内で多数派を占めることにより、データ作成時のルールを社内で標準化することができるようになります。標準化されたデータは、より多くの人にとって閲覧・使用しやすくなり、業務の効率化も望めます。


社員がExcelを学ぶ上でのよくある課題

では、社員にExcelを学ばせる上でのよくある課題はなんでしょうか。ここでは、以下の二つについて紹介していきます。


  • 本を使った自主学習が進まない
  • 対面研修では一人ひとりの理解度に合わせられない


詳しく内容を見ていきましょう。


本を使った自主学習が進まない

社員にExcelに関する本を与え、自己学習を促しても、なかなかうまく進まないといった問題に突き当たることが多くあります。

それは、与えた本の難易度と、社員のExcelに関する知識のレベルの違いによって生まれる問題ですが、なかなか社員一人ひとりの知識に合わせて与える本を変えるといったことはできないのが現実です。

また、Excelはバージョンによって機能や見た目も異なることから、古い情報が記載された本では学習した内容が生かせないという問題もあります。


対面研修では一人ひとりの理解度に合わせられない

対面研修でExcelの学習を行う場合も、一人ひとりの理解度に合わせられない問題が発生します。研修に参加する社員が多ければ多い程、受講者ごとの理解度を把握することは困難となってくるのです。

対面研修後にアンケートを行い、理解度を把握し、都度フォローアップを行おうとした場合、それらの業務をすべて手作業で行うのであれば大変な手間暇がかかることでしょう。複数人の業務を圧迫し、人的コストもかかるのです。


Excelのスキルを身につけるなら「eラーニング」!

タブレット

eラーニングとは、インターネットを用いてPCやスマートフォン、タブレットなどから学習をする学習形態です。eラーニングであれば、社員一人ひとりのExcelに対する理解度に合わせて学習内容を変更することができます。

また、学習後にアンケートを行い、理解度を把握し、フォローアップを行うときもeラーニングのシステムを利用して行うことができるため、手作業よりも効率的に行うことができるでしょう。


eラーニングでExcelのスキルを身につけるメリットとは?

では、ここからは、eラーニングでExcelスキルを身につけさせるメリットを紹介していきましょう。


  • 動画で見て学べるから感覚的に分かる
  • 段階的に学ぶことができる
  • 初歩から応用までスキルに合わせられる
  • 苦手なところを何度でも見返せる
  • 学習管理がしやすい


以下にて、一つずつ詳しく見ていきましょう。


動画で見て学べるから感覚的に分かる

eラーニングは、適切に作りこまれた動画を閲覧することによって学習を行います。文章を読む本での学習より、動画で見て学ぶeラーニングの方が、感覚的に学び身につけることができるのです。

eラーニングなら、講師が実際にExcelを操作している画面を動画教材として配信することができます。受講者はその動画を見ながら実際に手を動かして、Excelの機能を使いこなせるようになるのです。


段階的に学ぶことができる

最初から難しい問題が出題されては、受講者も学習意欲を保つことができません。「自分にはExcelは難しすぎる……」と苦手意識を持ち、学習を止めてしまう可能性もあるのです。

eラーニングでは、学習の難易度を段階的に上げていくことが可能です。最初は簡単なExcelの問題から始め、受講者の理解度に合わせてだんだん難しくなっていくカリキュラムを利用するとよいでしょう。


初歩から応用までスキルに合わせられる

eラーニングは、豊富な既存のカリキュラムが用意されているものも多くあります。初歩から応用まで、受講者のレベルに合わせて選択することが可能です。

また、オリジナル教材の作成を支援しているeラーニングベンダーもあります。自社のサービスに特化したExcel資料作りなど、オリジナルの教材を作成することも選択肢の一つです。


苦手なところを何度でも見返せる

eラーニングによる学習を繰り返すことによって、社員は自分の苦手とするところが少しずつ分かっていきます。eラーニングはいつでもどこでも、何度でも行うことができる学習方法です。苦手に思う箇所を何度も見返すことにより、反復練習を行うことができ、Excelの苦手を克服できるでしょう。


学習管理がしやすい

ここまでは、受講者の立場に立ってeラーニングを利用するメリットを紹介してきました。ここからは、管理者の立場でeラーニングを利用するメリットを紹介します。

eラーニングを利用するメリットは、学習管理がしやすいことです。学習管理とは、以下のようなことを指します。


  • 成績管理
  • 提出物管理
  • 学習履歴の保管


受講者の成績、提出物の管理が、eラーニングシステムによって簡単に行えます。また、受講者がどのカリキュラムをいつ、どのくらい行ったかの学習履歴の保管も行うことができるのです。eラーニングの受講が思うように進んでいない人へのフォローアップも簡単に行えるでしょう。


eラーニングでExcelを学ぶなら「etudes」

etudesのHP

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

社員にeラーニングでExcelを学んでもらうなら、アルー株式会社が提供する「etudes(エチュード)」がおすすめです。アルー株式会社は、人材育成企業として約20年の歴史を誇る企業です。長い歴史の中で培った人材育成ノウハウを活かしたeラーニングシステムとして、etudesを開発・運営しています。


豊富な教材がある

etudesは、「セットプラン」「テーマ別」「オリジナル教材」の三つから好きな教材スタイルを選択することができます。

セットプラン

「新入社員」「管理職」といった受講者の役職やスキル別に教材をセットで選べるプランです。

テーマ別

「マネジメント・部下育成」「ビジネススキル」「考え方・価値観」などのテーマからeラーニング教材を選択することができます。好きな組み合わせでカスタマイズも可能です。

オリジナル教材

自社独自のノウハウをeラーニング化したいといったニーズに対応するものです。etudesのオリジナル教材作成支援サービスについては後ほど詳細をお伝えします。

このように既存教材の配信だけではない幅広さがetudesの強みです。

etudesのeラーニング教材について詳しくは『eラーニング教材一覧』をご覧ください。


スマホやタブレットでいつでもどこでも受講可能

PCにてeラーニングを受講できればよいのですが、営業職など外回りの多い業務に付いている社員のExcel研修は、なかなか腰を落ち着けて行えません。そんなときに便利なのが、スマホやタブレットでいつでもどこでも受講可能なetudesのeラーニングです。

etudesでは、PCはもちろん、スマホやタブレットのブラウザに対応したレスポンシブデザインを採用しています。いつでもどこでも受講が可能となるため、社員の受講意欲が高いときを逃さず教育を行うことができるでしょう。


UI・UXが分かりやすい

etudesは、分かりやすいUI・UXを追求した画面デザインであることも特徴的です。eラーニングをパネル型で一覧表示し、社員ごとに今必要な教材を直感的に選べるようなUIとなっています。

また、eラーニングカリキュラムから最適なものを探すため、キーワード検索、カテゴリ機能、タグ検索など検索機能も充実しています。高齢の方や、PC慣れしていない方などを含め、すべての方に使いやすいeラーニングシステムがetudesです。


etudesはクラウド型のeラーニングシステム

etudesは、クラウド型のeラーニングシステムです。クラウド型とは、eラーニングシステムの運用形態の一つで、eラーニングを提供する企業からシステムをSaaSサービスとして借りる方法です。すでに構築されたシステムを利用するため、サーバーを新たに用意しなくてもよいなどのメリットがあります。クラウド型は比較的導入しやすいeラーニングシステムであり、現在のeラーニングサービスの主流でもあります。


セキュリティ面でも安心

etudesは、セキュリティ面でも安心の対策を取っています。MicrosoftのAzureを使用することにより、万が一セキュリティの脆弱性が見つかったときもMicrosoft社が対応するため、貴社に手間をかけさせません。


etudesなら教材のカスタマイズも自由自在!

etudesなら、自社に合わせたeラーニングコンテンツを豊富なカリキュラムの中から選ぶことができます。先に説明した「テーマ別」や「セットプラン」の中から、貴社に必要なeラーニングカリキュラムを選択し、自由自在にカスタマイズすることが可能なのです。


オリジナル教材の作成も可能

先述の通り、etudesならオリジナルのeラーニング教材を作成し配信できます。

大手企業の人材育成に携わってきた経験豊富なコンサルタントが、貴社にピッタリあった教材作成をコンサルティングします。それだけでなく、既存の集合研修がある場合には、集合研修のeラーニング化もお手伝いさせていただきます。集合研修の撮影や、資料動画の作成、ナレーション収録など、さまざまな手法によりeラーニングを作成します。

また、研修教材を内製するための環境構築支援も行っています。eラーニング作成でご希望のことやお困りのことがあれば、まずはお気軽にetudesにご相談ください。


etudesのExcelカリキュラムの内容は?

excel画面

ここからは、etudesのExcelカリキュラムの内容について、紹介していきます。


Microsoft Excel ベーシック編

Excel初心者向けに、基礎的な操作方法から関数などの有効活用の方法までを学べるカリキュラムです。超入門、初級編、中級編に分かれており、内容は以下の通りです。


  • 超入門:基本操作を知る
  • 初級編:有効活用する方法を知る
  • 中級編:よりスマートに使いこなす方法を知る


対象者は、以下の社員となります。


  • Microsoft Excel初心者
  • Microsoft Excelの初歩的な使い方を知りたい方


簡単な内容から段階的に難しい内容に移行していくことから、社員に苦手意識を持たせることなくExcelの知識を獲得してもらうことが可能です。

etudesのeラーニング教材「Microsoft Excel ベーシック編」


Microsoft Excel アドバンス編

Excel中級者向けに、IF関数、VLOOKUP関数、COUNTIF関数などのより便利な機能について学ぶカリキュラムです。五つの部門に分かれており、内容は以下の通りです。


  • IF関数の使い方
  • VLOOKUP関数の使い方
  • フィルター機能の使い方
  • ピボットテーブルの使い方
  • 入力規則の使い方


対象者は、以下の社員となります。


  • Microsoft Excel中級者
  • Microsoft Excelでよく使う機能について知りたい方


動画を用いて感覚的にExcelの使い方について学んでいきます。分からなかったカリキュラムは繰り返し学習できることから、技術の定着を望むことができるでしょう。

etudesのeラーニング教材「Microsoft Excel アドバンス編」


「etudes」導入の流れ

ここでは、etudes導入の大まかな流れをご紹介いたします。etudesは、以下のようなステップで導入することが可能です。


  • 契約締結
  • 環境構築
  • 運用準備
  • 運用開始


まずは、etudesに関するさらに詳しい内容を知ることができる「資料ダウンロード」、または「お問い合わせ」をしてみましょう。

etudes導入によって解決したい社内の問題などを具体的にご相談いただければ、トータルで導入を支援するサポート体制も整っています。費用面、学習計画などがまとまりましたら、契約締結となります。etudesは初期費用が無料であるため、スムーズに導入いただけます。

続いて環境構築のフェーズです。自社の問題を解決するeラーニングを構築するため、オリジナルのeラーニングを作成することもあるでしょう。その場合は、構築のスケジュール感について、事前に確認しておくとよいです。

さらに運用準備についてです。eラーニングは導入すればすべてうまくいく訳ではなく、それを運用していくことにより一層の効果が見込めます。担当者を決め、本番の運用時を想定して準備を行っていきましょう。

最後に、運用開始です。社員に周知を行い、実際にeラーニングを使用してもらいます。問題が起こった場合は、お気兼ねなくetudesのサポートへご相談いただけます。


まとめ

Excelは表計算だけでなく、作成したデータを元にグラフを作ったり、文書を作成したりと、さまざまなことができます。簡単にも、難しくも利用できる、非常に奥が深いソフトウェアだといえるでしょう。

Excelは、あらゆるビジネスシーンで利用されています。営業部、総務部、人事部、経理部など、Excelはさまざまな部署で業務に溶け込み、日々の仕事を効率化させているのです。

ビジネスマンにとって身近なソフトであるがゆえに、きちんとスキルとして習得されていないというケースが多いです。業務効率化のため、社員にExcelのスキルを身につけさせるにはeラーニングによる学習を活用しましょう。

etudesは、約20年に渡る人材育成のノウハウを注ぎ込み作られたeラーニングサービスです。Excelの重要性を理解し、受講者にスキルを確保してもらうために使いやすいカリキュラムをご用意しております。社員にExcelのスキルを教えたい企業担当者様は、ぜひ一度、etudesの導入をご検討ください。


人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気記事ランキング

おすすめセミナー

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る