catch-img

人材育成を成功させるポイントとは?大切なことを階層別に解説

企業の持続的な成長には、社員一人ひとりの能力を最大限に引き出す人材育成が重要です。しかし、方針が曖昧なまま人材育成を実施しても成功はしません。目標・目的を明確にし、階層別に適切な方法を組み合わせて進めることが大切です。本記事では、人材育成の目的・階層別の育成ポイントを詳しく解説します。

実際に企業でどのようにeラーニングを活用しているのか、他社事例を知りたい方は「導入事例:住友ゴム工業株式会社 / 株式会社メガネトップ / 株式会社オカムラ / 他」で詳しくご紹介します。

etudesでは「人材育成の運営工数を削減したい」「eラーニングで育成施策の成果を上げたい」企業様をご支援しています。人材育成にお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


目次[非表示]

  1. 1.人材育成の目的
  2. 2.人材育成を成功させるポイント
    1. 2.1.1.人材育成の目標・目的を明確にする
    2. 2.2.2.全社で人材育成の重要性を理解する
    3. 2.3.3.社員のスキルを可視化する
    4. 2.4.4.人材育成の期限を決める
    5. 2.5.5.社員のモチベーションを管理する
    6. 2.6.6.体系的な人材育成環境を整備する
    7. 2.7.7.人材育成の評価・検証を実施する
  3. 3.階層別人材育成のポイント
    1. 3.1.新入社員の人材育成ポイント
      1. 3.1.1.社会人としての基礎をしっかり固める
      2. 3.1.2.育成担当者の質を重視する
    2. 3.2.中堅社員の人材育成ポイント
      1. 3.2.1.難易度の高い業務を任せる
    3. 3.3.管理職の人材育成ポイント
      1. 3.3.1.マネジメントスキルを高める
      2. 3.3.2.経営的視点を高める
  4. 4.人材育成の成功にはeラーニング(LMS)の導入がおすすめ
  5. 5.企業向け研修のプロが開発した「etudes」
    1. 5.1.階層別に受講設定できる
    2. 5.2.テーマ別・階層別のコンテンツが充実
  6. 6.eラーニングを活用した人材育成の成功事例
    1. 6.1.経営戦略に基づいた階層別研修事例
    2. 6.2.医師の研修を効率化させた事例
    3. 6.3.ロジカルシンキング研修を効率化した事例
  7. 7.まとめ


定額制受け放題eラーニングetudes Plusが分かる資料セット(会社紹介・サービス概要・導入実績)をダウンロードする


人材育成の目的

人材育成の目的

人材育成の目的は、企業目標を達成することです。
現代は、変化の激しいVUCA(Volatility 変動性、Uncertainty 不確実性、Complexity 複雑性、Ambiguity 曖昧性)時代といわれています。社員一人ひとりの能力を高める人的資本の育成なくして、企業競争力の強化はできません。
全社員のスキルアップとキャリア形成を後押しすることが、企業目標の達成につながります。


▼ 階層別・スキル別eラーニング教材をお探しですか?
初期費用無料・有効IDのみご請求・最低1ID / 1,500円で演習中心の体系化された教材をご提供
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

btn


人材育成を成功させるポイント

ここでは、人材育成を成功させるポイントをご紹介します。
人材育成の成功に向けて、下記ポイントを押さえておきましょう。

  1. 人材育成の目標・目的を明確にする
  2. 全社で人材育成の重要性を理解する
  3. 社員のスキルを可視化する
  4. 人材育成の期限を決める
  5. 社員のモチベーションを管理する
  6. 体系的な人材育成環境を整備する
  7. 人材育成の評価・検証を実施する


1.人材育成の目標・目的を明確にする

人材育成を成功させるためには、経営戦略から目標・目的を明確にすることが重要です。
明確な目標があれば、必要なこと、やるべきことが具体的になります。人材育成の目標としては、下記のものが考えられます。

  • リーダー層や管理職の育成
  • チームワークの強化
  • 自律学習の習慣化と学習文化の醸成
  • 専門性の高い人材の育成
  • デジタル人材の育成

人材育成の目標・目的を明確にすることで、社員一人ひとりが目指す姿や、身に付けるべきスキルが明確になるでしょう。


2.全社で人材育成の重要性を理解する

人材育成を成功させるには、全社員が人材育成の重要性を理解することが大切です。
人材育成は、単に個人のスキルアップにとどまりません。企業の競争力や持続的な成長を左右する重要な経営課題です。優秀な人材を確保し、適切に育成することで、顧客満足度の向上、生産性の向上、イノベーションの促進など、企業にさまざまな好影響をもたらします。
そのため、経営層は人材育成の重要性を認識し、明確な方針を示す必要があります。また、一般社員も、自らの成長が会社の成長につながることを自覚し、積極的に学習に取り組む姿勢が必要です。
このように、経営層と一般社員が一丸となって人材育成の重要性を認識することが、人材育成の成功のカギとなります。


3.社員のスキルを可視化する

社員のスキルを可視化することは、人材育成において重要なポイントです。
スキルを可視化することで、個々の社員のスキルレベルや、育成が必要な分野が明確になります。
可視化する方法としては、「スキルマップ」の作成がおすすめです。スキルマップとは、社員一人ひとりの業務スキルを表にしたものです。
例えば、マーケティングスキル、プログラミングスキル、プレゼンテーションスキルなどの項目を設け、それぞれのスキルレベルを数値化します。
スキルマップを作成することで、強み・弱みが一目でわかるようになります。さらに、部門全体や会社全体のスキルレベルの傾向も把握できるでしょう。


4.人材育成の期限を決める

人材育成には、期限を設けることが重要です。
期限を決めることで、下記のようなメリットがあります。

  • スキルマップに基づいて、日々何をすべきかが明確になる
  • 具体的な目標(資格取得、研修受講など)を立てやすくなる
  • 主体的に育成に取り組めるようになる

期限内に目標達成できるように、必要に応じて計画を見直すことができる
人材育成に期限を設けることで、育成対象者のモチベーションを高め、着実な成長を促すことができます。また、進捗管理が容易になり、育成の質を高められるでしょう。


5.社員のモチベーションを管理する

人材育成を成功させるためには、社員のモチベーション管理も大切です。
モチベーションを維持するためには、「内発的な動機付け」と「外発的な動機付け」のバランスを意識する必要があります。
「内発的な動機付け」と「外発的な動機付け」には、下記のような違いがあります。


内発的な動機付け

外発的な動機付け

自分のありたい姿がやる気の源泉

昇進や給与アップなどが源泉

外部の影響を受けづらい

外部の影響を受けやすい


モチベーションが上がりにくく
下がりにくい


モチベーションが上がりやすく
下がりやすい


人材育成では、内発的な動機付けと外発的な動機付けのバランスが重要です。そのため、社員一人ひとりの個性や状況に合わせて、モチベーションを高める工夫をしましょう。


6.体系的な人材育成環境を整備する

人材育成の成功のためには、体系的な育成環境の整備が必要です。
具体的には、下記のような環境が整備されていると良いでしょう。


人材育成環境

内容

OJT(On-the-Job-Training)制度

実務を通じて上司や先輩社員から知識やスキルを学ぶ

メンター制度の活用

若手社員に対し、経験豊富な社員がメンターとしてアドバイス・指導を行う

階層別の研修プログラムの整備


新入社員研修、中堅社員研修、管理職研修など、キャリアステージに応じた体系的な研修を実施する
eラーニングなども活用し、効率的な研修を実施する

自己啓発を促す学習環境の提供


eラーニングシステムの導入
書籍購入費用の負担、資格手当など

ジョブローテーション制度の導入

さまざまな部門を経験させることで、幅広い視野と経験を身に付けさせる


一つの方法にこだわらず、組み合わせて実施することで体系的な人材育成環境が実現します。


7.人材育成の評価・検証を実施する

人材育成は一過性のものではなく、継続的に実施することで効果が現れます。そのため、四半期ごとなど定期的に振り返りを実施し、ブラッシュアップしていくことが重要です。
下記のような点を評価・検証し、人材育成計画に活かしていきます。

  • 人材育成の目標達成度合いの評価
  • 社員の能力向上度や成長度合いの評価
  • 人材育成プログラムの有効性の評価
  • 人材育成に携わる人材の適正評価
  • コスト対効果の評価

評価・検証の結果を踏まえ、改善していくことでより効果的な人材育成が実現できます。
人材育成は、定期的な評価・検証を欠かさず、質を高めていきましょう。


▼ 階層別・スキル別eラーニング教材をお探しですか?
初期費用無料・有効IDのみご請求・最低1ID / 1,500円で演習中心の体系化された教材をご提供
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら
btn


階層別人材育成のポイント

階層別人材育成のポイント

人材育成と一口に言っても、経験や立場によっても内容は変わってきます。
階層別に人材育成のポイントをご紹介します。

  • 新入社員
  • 中堅社員
  • 管理者


新入社員の人材育成ポイント

新入社員の人材育成のポイントとして、下記の二点を押さえておきましょう。

  • 社会人としての基礎をしっかり固める
  • 育成担当者の質を重視する


社会人としての基礎をしっかり固める

新入社員は、業務経験が少ないため、社会人としての基礎を身に付けることが非常に重要です。学生時代とは異なる環境に適応し、企業の一員としての自覚を持つことが求められます。
具体的には、下記のような内容を教育していきます。


研修項目

内容

企業理念の徹底

企業の存在意義や価値観を浸透させる
企業への帰属意識を高め、一体感を醸成する

ビジネスマナー研修

社会人としての基本的なマナー(言葉遣い、電話対応、服装など)を身に付けさせる

コミュニケーション能力の育成

チームワークや対人スキルなど、社会人に必要なコミュニケーション能力を高める

業務知識の習得

業界や職種に関する基礎知識を学ばせ、業務に対する理解を深める


学生から社会人へとマインドセットの転換を促し、社会人としての基礎力を着実に身に付けさせることで、即戦力として活躍できる人材へと育成できるでしょう。


育成担当者の質を重視する

新入社員の育成担当者には、コーチングスキルやティーチングスキルに長けた人材を配置します。
育成スキルのない人が育成担当者になれば、極端に自分の価値観を押し付けたり、新入社員の価値観を否定したりするかもしれません。その結果、新入社員との信頼関係の構築に失敗する恐れがあります。
育成担当者は、新入社員の価値観をある程度尊重し、理解を深め合いながら適切な指導ができる人を配置しましょう。

新入社員向けのおすすめ研修テーマについては、下記の記事で詳しく解説しています。
新入社員研修でおすすめの研修テーマとは?eラーニングプログラムもご紹介


▼ 階層別・スキル別eラーニング教材をお探しですか?
初期費用無料・有効IDのみご請求・最低1ID / 1,500円で演習中心の体系化された教材をご提供
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら
btn

中堅社員の人材育成ポイント

中堅社員は、会社の戦力となる重要な人材です。
中堅社員の人材育成には、下記の二点を意識しましょう。

  • マネジメント経験を積ませる
  • 難易度の高い業務を任せる

マネジメント経験を積ませる
中堅社員がリーダー、管理職へとステップアップするためには、マネジメント経験を積ませることが重要です。
具体的には、下記のような取り組みが有効でしょう。


方法

内容

プロジェクトリーダーに任命

小規模なプロジェクトのリーダーを任せ、業務分担や進捗管理、課題対応などを経験させる
プロジェクト完遂までの一連の流れを実体験することでマネジメント力が養成される

OJT(On-the-Job-Training)を実施

既存のリーダーや管理職の下で、意思決定プロセスや部下のマネジメント方法を学ぶ
実践的なマネジメント力の習得に最適


中堅社員にマネジメント経験を積ませることで、チームをまとめ、成果を生み出す力が培われます。段階的にチャレンジの機会を設け、適切に指導しフォローすることが、リーダー、管理職への確実なステップアップにつながります。


難易度の高い業務を任せる

中堅社員の人材育成において、難易度の高い業務を任せることで、更なるスキルアップが期待できます。
今までの業務よりも難易度の高い業務にアサインすることで、社員は新しい知識やスキルを習得する必要に迫られます。その経験が成長するきっかけとなり、問題解決能力や判断力などの向上につながります。
ただし、難易度が高すぎる業務を一気に任せてしまうと、対応できず逆効果になる可能性があります。そのため、徐々に難易度を上げていくことが重要です。まずは、今の業務から一歩進んだレベルの業務を任せ、その後、さらに難しい業務へとステップアップさせていくと良いでしょう。

中堅社員向け研修については、下記の記事で詳しく解説しています。
中堅社員研修とは?メリットや成功させる方法、おすすめのテーマを紹介


▼ 階層別・スキル別eラーニング教材をお探しですか?
初期費用無料・有効IDのみご請求・最低1ID / 1,500円で演習中心の体系化された教材をご提供
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら
btn


管理職の人材育成ポイント

管理職は、経営層と社員をつなぐ重要な立場です。
管理職の人材育成には、下記の二点を意識しましょう。

  • マネジメントスキルを高める
  • 経営的視点を高める


マネジメントスキルを高める

管理職の人材育成では、マネジメントスキルを高めることが重要です。
管理職には、部下一人ひとりの能力を最大限に引き出し、チーム全体で高い成果を上げることが求められます。
そのため、部門やチームのレベルを底上げできるマネジメントスキルが必要です。
しかし、育成の対象となる方は忙しい場合が多く、研修の時間が取れないこともあるでしょう。そのため、集合研修やOJTなどに加えて、eラーニングを活用してスキルを高めることがおすすめです。


経営的視点を高める

上級の管理職、役員として成長していくためには、経営的視点を習得する必要があります。経営的視点とは、単に会社の経営戦略、理念、方針を理解するだけでなく、組織全体の最適化を図る能力のことです。

具体的には、下記のようなスキルが求められます。


必要なスキル

内容

経営戦略の理解と実行

中長期的な経営戦略を正しく理解し、部門や現場レベルで具現化する施策を立案・実行できる能力

経営判断力

情報や数値データを分析し、経営資源の適正配分や優先順位付けなど、経営判断を的確に下せる能力

リスクマネジメント能力

事業運営上のリスクを予測・特定し、適切な対策を講じることができる能力

ステークホルダーマネジメント

株主、取引先、従業員、地域社会などのステークホルダーの要求や期待を的確に捉え、バランスの取れた経営を行う能力

変化対応力

経営環境の変化に機敏に対応し、必要に応じて経営方針や戦略を見直せる能力


組織全体に影響を与える上層部の役職へと昇進するにつれて、経営的視点が必要になります。人材育成を通して、経営に関する幅広い知識と実践的なスキルを身に付けることが重要です。
管理職研修の目的や内容については、下記の記事で詳しく解説しています。
管理職研修の目的は?おすすめの内容や成功させるポイント4つを紹介


▼ 階層別・スキル別eラーニング教材をお探しですか?
初期費用無料・有効IDのみご請求・最低1ID / 1,500円で演習中心の体系化された教材をご提供
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら
btn


人材育成の成功にはeラーニング(LMS)の導入がおすすめ

人材育成を成功に導くためには、eラーニング(LMS)の導入がおすすめです。
eラーニング(LMS)を導入するメリットは、下記の通りです。


メリット

内容

学習の一元管理

受講履歴や成績を一括管理できる
個別の学習状況をリアルタイムで確認できる

学習の促進

学習が遅れている社員に自動でリマインドできる

柔軟な学習環境

タブレットやスマートフォンでも受講可能
通勤電車の中や残業時の空き時間などにスキルアップできる
社員の自己啓発意欲を高められる


▼ 階層別・スキル別eラーニング教材をお探しですか?
初期費用無料・有効IDのみご請求・最低1ID / 1,500円で演習中心の体系化された教材をご提供
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

etudes plus


企業向け研修のプロが開発した「etudes」

etudes

引用元:etudes公式サイト


企業の人材育成を成功させるためには、eラーニングシステムのetudes(エチュード)がおすすめです。etudesは、20年に渡り企業向け研修ノウハウを持つアルー株式会社が開発したeラーニングシステムです。
etudesを活用すれば、効率的に人材育成を成功へと導くことができます。


階層別に受講設定できる

etudesは、新入社員、中堅社員、管理職など階層別に受講者をグループ化できる機能を備えています。受講者を階層ごとにグループ化することで、おすすめのコンテンツを自動で配信したり、受講の必須コンテンツを設定したりすることができます。
階層別のグループ分けにより、社員一人ひとりのスキルレベルやキャリアに合わせたきめ細かい人材育成を実現できるでしょう。


テーマ別・階層別のコンテンツが充実

etudesには、テーマ別や対象者の階層に応じて、さまざまなコンテンツが用意されています。
例えば階層別のコンテンツには、下記のようなものがあります。

  • 新入社員には社会人基礎力の習得
  • 中堅社員にはマネジメントスキル
  • 管理職向けには経営的視点を養うコンテンツ

また、スキル別のコンテンツも豊富に取り揃えており、コミュニケーション力、問題解決力、マーケティング理解など、さまざまな内容が学べます。
etudesを活用することで、コンテンツ選定に迷う必要がなく、効率的な人材育成が行えるでしょう。


▼ 階層別・スキル別eラーニング教材をお探しですか?
初期費用無料・有効IDのみご請求・最低1ID / 1,500円で演習中心の体系化された教材をご提供
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

etudes plus


eラーニングを活用した人材育成の成功事例

eラーニングを活用して人材育成に成功した事例をご紹介します。
今回ご紹介する成功事例は、下記の3つです。

  • 経営戦略に基づいた階層別研修事例
  • 医師の研修を効率化させた事例
  • 実務に活かせるロジカルシンキング研修を効率化した事例


経営戦略に基づいた階層別研修事例

医療器販売を行っているA社では、思い描く人材に育成する戦略人事の実現に向けて、eラーニングシステムであるetudesを導入しました。
戦略人事の実現には、経営戦略と人事育成をリアルタイムで結びつけて、効果を検証していくことが必要でした。そこで、経営戦略に関わる自社コンテンツをetudesに盛り込み、グループ企業全体に向けて人材育成研修を実施しました。eラーニングによる研修の、効率的な受講管理に、etudesが貢献しています。
etudesを研修に活用した成果は、以下の通りです。

  • 経営戦略に結びつく内容を、動画コンテンツとして盛り込むことができた
  • 経営戦略に基づく戦略人事の推進ができた
  • グループ会社を含めた大人数の受講管理が楽になった
  • すきま時間に受講できるので助かるとの声が多数寄せられた

A社のようにグループ会社全体で研修を進めていく場合は、管理に大きな負担がかかります。eラーニングを活用した研修は、管理面・受講面の双方で大きなメリットです。

本事例の詳細は、以下のページからご覧ください。

参考サイト:戦略人事の実現のため、経営戦略を盛り込んだ階層別研修を自作


医師の研修を効率化させた事例

ある医療機関では、医師に必要な専門知識研修管理のためeラーニングを活用しました。

導入以前は、研修運営側が必要な研修を厳選し手動で案内メールを送っていました。しかし、医師に合わせて研修内容を送ることは非常に負担が大きく、メールをチェックする医師にも手間がかかります。そこで、研修運営側と医師の負担を軽くするため、eラーニングシステムであるetudesが活用されました。

etudesを研修に活用した成果は、以下の通りです。

  • 専門知識ごとにグループ分けをして、必要な研修を簡単に案内することができるようになった
  • 受講者の医師にとっても、必要な情報のみがメールで案内されるので楽になった
  • ログインすれば必要な研修情報がまとめて提示されており、情報収集がシンプルで分かりやすくなった
  • 受講状況を確認し、受講の促進など管理が簡単に案内できるようになった

etudesを活用することで研修の案内や受講状況の管理が楽になり、運営側・医師双方にとって負担が軽くなったと好評です。

本事例の詳細は、以下のページからご覧ください。

参考サイト:忙しい医師に 「必要な研修情報だけ」を「手間なく」届ける


ロジカルシンキング研修を効率化した事例

B社では、研修時間の管理と研修運営の効率化を目的に、eラーニングシステムであるetudesを活用しました。
導入前は、人事部のリソース不足のため、管理職から一般社員まで全ての階層にわたり研修を実施できない状態でした。そこでetudesを活用し、新入社員200名を対象に試験導入しました。
etudesを研修に活用した成果は、下記の通りです。

  • 研修運営の効率化に成功した
  • 管理職から一般社員まで全ての階層で研修が実施できた
  • 新入社員で成功したので、全社員に導入し10,000人の研修も管理することができた
  • コンテンツごとの受講者も管理できると好評

アナログで管理していた研修運営が効率化でき、研修時間の管理も楽になったと好評です。

本事例の詳細は、以下のページからご覧ください。

参考サイト:研修の効率化→全社への階層別研修のリソース捻出


▼ 階層別・スキル別eラーニング教材をお探しですか?
初期費用無料・有効IDのみご請求・最低1ID / 1,500円で演習中心の体系化された教材をご提供
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

etudes plus


まとめ

本記事では、人材育成の目的・階層別の育成ポイントを解説しました。
人材育成は、目的を明確にし、全社で育成の重要性を理解することが大切です。社員一人ひとりのスキルを可視化し、育成の期限を決めて、モチベーション管理を行いましょう。育成環境を体系的に整備し、評価と検証を繰り返すことで、効果的な人材育成が可能になります。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る