catch-img

管理職研修にはeラーニングを活用!おすすめのLMSとは?

管理職のスキルアップや育成は企業の成長に必要不可欠なため、管理職研修はすべての企業にとって重要な研修です。昨今では多忙な管理職対象の研修をより効果的にするために、eラーニングを取り入れる企業も増えてきています。管理職研修におすすめの手法として、eラーニングを取り入れるメリットや管理職研修のeラーニングの内容について具体的に解説します。

目次[非表示]

  1. 1.eラーニングとは
  2. 2.管理職とは
    1. 2.1.管理職の立場・役割
    2. 2.2.管理職に求められるスキル
    3. 2.3.管理職向け研修で取り上げる内容
  3. 3.管理職の育成にeラーニングを導入するメリット
    1. 3.1.効率的に知識のインプットができる
    2. 3.2.研修運営の効率化や経費削減につながる
    3. 3.3.業務が忙しくても育成効果を高めることができる
  4. 4.eラーニングでできる管理職研修の内容
    1. 4.1.プレイヤーからマネジャーへの脱却
    2. 4.2.理感一致のリーダーシップ
    3. 4.3.部署の目標を設定する
    4. 4.4.目標達成のための協働関係を構築する
  5. 5.eラーニングを導入する流れ
  6. 6.eラーニングシステムの選び方
  7. 7.管理職研修のeラーニング導入ならアルー株式会社のetudes
    1. 7.1.人材育成の実績を活かしたLMS
  8. 8.アルー株式会社の管理職研修セットプラン
    1. 8.1.階層別の研修や人材育成には「etudesPlus」もおすすめ
    2. 8.2.アルー株式会社のサポートも充実
  9. 9.まとめ

eラーニングとは

eラーニングとは、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどを通じてオンライン上で学習ができる学習方法のことです。eラーニングの最大の特長として、時間を選ばず学習ができるという手軽さが挙げられ、多忙な管理職の育成に最適です。また、eラーニングを導入する場合、プラットフォームとなるLMS (学習管理システム・eラーニングシステム)の利用が一般的ですが、LMSを活用し、eラーニングと集合型研修を掛け合わせたブレンデッドラーニングを実施する企業も増えています。インプットはeラーニングで行い、得た知識をオンライン研修で実践するといったように、限られた時間の中で管理職の育成効果を高めることができます。

LMSは研修を管理する機能もあるため出席確認や進捗確認が容易なだけでなく、研修の参加者に遠方の研修会場まで移動してもらったり、会場を準備したりする必要がないため、研修を受ける側と研修を行う側双方の負担を軽減することができます。

管理職とは

管理職とは、企業の中で一定の権限を持ち、役割に応じて売上や人材、経費などの管理を行う役職のことです。一般的な日本企業では「係長」「課長」「部長」といった役職が管理職に当たります。企業によっては「ジェネラルマネジャー」「セールスマネジャー」など、「〇〇マネジャー」といった呼称が用いられることもあるでしょう。

ここでは管理職の立場や役割、求められるスキルなどについて細かく見ていきましょう。

管理職の立場・役割

管理職には、大きく分けて以下の5つの役割が求められます。

  1. 進捗確認や目標達成など業務を管理する
  2. 部下育成・マネジメントを行う
  3. 経営層と社員をつなぐ役割を担う
  4. チームなど組織全体の管理を行う

  5. 労働環境を整備・改善する

管理職は会社が掲げる目標を達成するための、チームが取り組むべき施策の進捗状況や結果を管理することが求められます。目標達成の妨げとなる事態が発生した場合は、業務の改善やメンバーへのサポートを通じて状況を的確に把握し、速やかに課題解決に取り組む必要があるでしょう。また、経営層の考えを部下へ浸透させるなど、ブリッジ的な役割を担うとともに、従業員が安全かつ健全に業務に取り組むための環境整備や改善も求められるのではないでしょうか。

管理職に求められるスキル

さまざまな役割が求められる管理職ですが、管理職には具体的にどのようなスキルが重要なのでしょうか。

管理職に求められるスキルとして、まずは業務を確実にこなすことができる「テクニカルスキル」が挙げられます。プレイヤーとして優秀になることは、メンバーからの信頼を獲得する上でも重要です。加えて、良好な人間関係を構築するための「ヒューマンスキル」、物事の本質を素早く見抜く「コンセプチュアルスキル」といった能力も求められます。

管理職向け研修で取り上げる内容

管理職研修において取り上げるべき内容として、まずは「プレイヤーからマネジャーへの意識改革を目指す」という点があります。管理職にはマネジメント能力や育成能力といった幅広い能力が求められるため、プレイヤーとして優秀なだけでは不十分です。自身に求められる役割が変わったのだということを認識させることが求められます。

また、早いタイミングでマネジメントの基礎を理解することも大切です。管理職として必要な能力を早めに学んでおくことで、管理職本人にとっての負担軽減にもつながります。


管理職研修の目的や取り上げるべき内容については『管理職の研修の目的は?おすすめのテーマやeラーニングの活用を紹介』で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

管理職の育成にeラーニングを導入するメリット

メリット

eラーニングを導入する場合は、受講のプラットフォームとなるシステムを利用することが一般的です。eラーニングやLMS(eラーニングシステム)を活用することで、管理職育成にどのようなメリットがあるのか、3つのポイントでご紹介します。

  • 効率的に知識のインプットができる
  • 研修運営の効率化や経費削減につながる
  • 業務が忙しくても育成効果を高めることができる

以下にて、詳しい内容を見ていきましょう。

効率的に知識のインプットができる

管理職研修にeラーニングを導入するメリットの一つに、効率的な学習が可能だという点が挙げられます。eラーニングで教材を配信すれば、受講者はいつでも自分が学びたい内容を学習することが可能です。eラーニングによる学習では、同じ教材を何度でも繰り返し利用することができます。不明確な部分だけをピックアップして復習する、といった使い方もできるため、効率的な知識習得やインプットができます。

研修運営の効率化や経費削減につながる

対面式集合研修を実施する場合、研修のための会場を確保する必要があり、参加者の交通費、宿泊費など一定の経費が必要です。さらに、実施のための管理運営についての工数が多く、担当者の業務を圧迫することもあるのではないでしょうか。

eラーニングやeラーニングシステムを活用することで、研修運営を効率化することができます。eラーニングでインプットした後にオンライン研修を実施するなど、効率的に知識のインプットとアウトプットができるだけでなく、研修参加における運営業務もシステムで一元管理することができます。また、一度eラーニング教材やeラーニング教材を含む研修コースを作成すれば、繰り返し用いることもできます。

業務が忙しくても育成効果を高めることができる

管理職は、部署のマネジメントはもちろん、部下の育成や他部署との連携などさまざまな業務をこなしています。日頃の業務で忙しいことも多く、研修のための時間を割くのが難しいことも少なくありません。

eラーニングを導入すれば、業務が忙しい管理職でもすき間時間で知識を得られます。また、eラーニングシステムを活用するとeラーニングとオンライン研修を掛け合わせたブレンデッドラーニングを実施しやすくなるため、集合型研修を実施する際の限られた研修時間を事前学習や事前課題などを盛り込むことで育成効果を高めることができます。

eラーニングでできる管理職研修の内容

eラーニング導入によって、管理職の育成にさまざまなメリットがあることが分かりました。ここでは、管理職向けのeラーニング教材にはどのようなものがあるのか、具体的に紹介します。

プレイヤーからマネジャーへの脱却

管理職として活躍していくためには、これまでのプレイヤーとしての能力だけでなく、マネジメント能力を始めとした管理職としての能力を身につけることが必要不可欠です。そのためには、管理職自身がプレイヤーとしての目線から、マネジャーとしての目線への意識改革を行うことが求められます。

プレイヤーからマネジャーへの意識改革では、プレイヤー時代との役割の違いを明確化させることが重要です。マネジャーとして効率的に課題解決を行うための手法や、パフォーマンス発揮に向けたアプローチを身につけさせます。

etudesのeラーニング教材「プレイヤーからマネジャーへの脱却」

理感一致のリーダーシップ

理感一致のリーダーシップとは、自分らしさや組織らしさを起点としながら、組織の期待に応えるためのリーダーシップの発揮方法を学ぶ項目です。カリキュラムでは、組織や個人としての行動の根本にある、自身の信念体系を明確にします。組織の過去やターニングポイントなどを振り返りながら、自分自身の特徴や組織の特徴を客観的に認識させるのです。

他にも、多角的に組織の目標を明確化し、メンバーに自発的な行動を促す方法を理解させることも重要です。演習などを取り入れながら、部下へ思いを伝える方法を実践的に身につけさせましょう。

etudesのeラーニング教材「理感一致のリーダーシップ」

部署の目標を設定する

部署の目標を設定することは、チームを導いていく管理職にとって重要な役割です。単に自分自身が実現したいことを目標として定めるのではなく、企業全体の方針と齟齬がないように、部署の現状や求められている役割を理解した上で計画を行うことが求められます。

目標を立てるためには、管理職として自部署の役割を俯瞰的に捉えることが重要です。部署の業務や関係者などを洗い出し、演習問題などを通じて自部署の役割を考えてもらうのがよいでしょう。

etudesのeラーニング教材「部署の目標を設定する」

目標達成のための協働関係を構築する

管理職自身が一人だけで行動しても、チームが目標を達成することはできません。チームとして目標達成を行っていくためには、協働関係を引き出すための土台作りの手法を理解する必要があります。

マネジメントにおけるGPDCAがそれぞれ何を指しているのかなど、マネジメントの基礎知識を身につけることが必要です。協働するチームを理解したり、メンバーに成長機会を用意したりする手法について学びます。

etudesのeラーニング教材「目標達成のための協働関係を構築する」

eラーニングを導入する流れ

eラーニングを活用した効果的な管理職育成を実施するためには、eラーニング学習を管理するシステムである「LMS(eラーニングシステム・学習管理システム)」の導入が必要です。LMSには機能や価格が異なるさまざまな製品が展開されているため、自社の規模や運営体制、求める教材があるかなど、自社に適したシステムを選択する必要があります。


また、運営面や教材の種類だけでなく、LMSの操作感も重要です。LMSによっては多機能ではあるものの、自社にとって必要がない場合は、受講者側と管理者側の双方にとって使いにくいシステムとなる可能性もあります。効果的な育成には学びやすい環境整備も大切になるため、事前に無料トライアルなどを利用して自社に合ったシステムかどうかを検討すると良いでしょう。


eラーニング導入の流れについては『eラーニング導入を成功させるポイントは?導入方法や事例もご紹介』で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

eラーニングシステムの選び方

eラーニングシステム(LMS)を導入する際は、自社の目的や運営に適したシステムを選定することが大切です。料金体系も提供ベンダーによって異なるなるため、初期費用がいくらかかるか、開発費用が必要か、利用料は月額か年間かなどの情報を精査する必要があります。自社の利用状況に応じて最適な料金体系のeラーニングシステムを選ぶことをおすすめします。


加えて、社内運営に必要な機能があるかどうかも事前に確認しておきたいポイントです。例えばテスト機能一つとっても、「制限時間付きのテストが実施できるか」「記述式のテストに対応しているか」など、細かな点がシステムによって異なるため、情報収集だけでなく、無料トライアルなどで実際に機能や操作性を確認すると良いでしょう。


初期導入しやすく、継続運用しやすいシステムかどうかも選び方の一つのポイントです。LMSには「オンプレミス型」と「クラウド型」の2種類があります。自社にとってどちらが導入しやすく、運用しやすいLMSであるか、それぞれのメリットとデメリットを検討する必要があるでしょう。

LMSの選び方について詳しくは『失敗しないLMS(学習管理システム)導入!比較すべきポイントを解説』をご覧ください。

管理職研修のeラーニング導入ならアルー株式会社のetudes

etudes_HP

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

LMSにはさまざまなツールがあるため、どのLMSを導入すればよいのか分からないというケースもあるかもしれません。管理職研修へのeラーニング活用を検討している場合は、ぜひアルー株式会社が提供しているLMS「etudes(エチュード)」の利用をご検討ください。


アルー株式会社は、研修を受ける側と研修を行う側双方にとって使いやすいUI/UX設計を意識しetudesを開発しているだけでなく、オリジナルの管理職向けの教材も豊富です。

人材育成の実績を活かしたLMS

アルー株式会社は、企業の人材育成を手掛けている企業です。そのため、アルー株式会社には階層別研修やグローバル人材育成など幅広い人材育成のノウハウが蓄積されています。


etudesは人材育成に必要な機能が標準装備されているだけえなく、アルー株式会社が開発したカリキュラムを利用することもできます。管理職育成をeラーニングで効率的に実施したいという場合には、以下で紹介する管理職研修のセットプランの活用がおすすめです。

アルー株式会社の管理職研修セットプラン

アルー株式会社では、管理職研修向けの研修パッケージをご用意しています。変化の激しい社会情勢の中で、常に状況を的確に把握した判断ができるマネジメントスタイルを身につけるためには必要不可欠な研修です。


管理職研修セットプランでは、プレイヤーからマネジャーへの意識改革について扱います。他にも、リーダーシップを発揮する方法や目標設定の方法、さらには人事考課の基本についてなど、幅広い内容について学習できるのが特長です。管理職研修セットプランを受講することで、判断能力やコンセプチュアルスキルなど、これからの時代に求められる能力を総合的に身につけることができます。

etudesのeラーニング教材「管理職向け」

階層別の研修や人材育成には「etudesPlus」もおすすめ

「etudesPlus」は、アルー株式会社が提供する研修を利用し放題になるプランです。アルー株式会社では、社会人の土台となるトピックから、応用的なトピックまで幅広く取り扱っています。etudesPlusを利用することで、これらの研修をすべて利用することができます。


幅広いラインナップがあるため、とくに階層別研修においてはetudesPlusを活用することがおすすめです。アルー株式会社の幅広いコンテンツからおすすめのトピックを提案するレコメンド機能も付属しているため、何を学ぶべきなのか迷わずに学習を進めることができます。

「etudesPlus」詳細ページ

アルー株式会社のサポートも充実

eラーニングを行うためには、LMSで配信するための教材やテストを準備する必要があります。しかし、いざeラーニング教材を作成しようとしても、eラーニングでの研修実績がない企業にとって教材作成はハードルが高く、自社だけで行うのは難しいといえるでしょう。


アルー株式会社では、社内学習の定着支援やオリジナル教材の作成支援といった充実のサポートを提供しています。人材育成を長年手掛けてきたアルー株式会社ならではのサポートをぜひご利用ください。

「オリジナル教材を作成」詳細ページ

まとめ

管理職に求められるスキルや管理職研修で教えたい内容、さらには管理職研修でeラーニングを活用するメリットなどについてまとめました。管理職は日々の業務はもちろん、部下の育成やさまざまな管理業務で忙しいことも多く、研修のための時間を捻出するのが困難なことも少なくありません。

eラーニングを活用した研修を実施することで、すき間時間を活用した学習が可能です。管理職研修を効率的に導入したい担当者様は、ぜひアルー株式会社が提供するLMSである「etudes」のご利用をご検討ください。









人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気記事ランキング

おすすめセミナー

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る