catch-img

アルバイト教育を行うメリットとは?効果的な方法とポイントを解説

近年、アルバイトスタッフへの教育が企業の課題となっています。質の高いサービスを維持するためには、適切なアルバイト教育が欠かせませんが、アルバイトスタッフへの教育は繰り返し実施する必要があるだけでなく、入社時期や勤務時間が揃わないことも多く、運営側の負担が大きいことが課題に挙げられています。

本記事では、こうした課題をシステムの活用で解決した事例や、アルバイト教育の課題、教育方法、ポイントを解説します。実際に4,000人のパートやアルバイト教育でeラーニングシステムを活用した事例は「パート・アルバイトを含む従業員4000名に対する店舗教育」をご覧ください。

企業でどのようにeラーニング活用をしているのか、他社事例を知りたい方は「導入事例:住友ゴム工業株式会社 / 株式会社メガネトップ / 株式会社オカムラ / 他」で詳しくご紹介します。

etudesでは「人材育成の運営工数を削減したい」「eラーニングで育成施策の成果を上げたい」企業様をご支援しています。人材育成にお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


目次[非表示]

  1. 1.アルバイト教育の課題
    1. 1.1.教える人によって教育内容に差が出てしまう
    2. 1.2.アルバイト教育の効果や理解度を把握しづらい
    3. 1.3.同じ教育内容を何度も伝えるため非効率になる
  2. 2.アルバイト教育を行うメリット
    1. 2.1.店舗全体の売上向上が見込める
    2. 2.2.アルバイト教育によってサービス・接客の質が向上する
    3. 2.3.アルバイトの定着率の向上につながる
  3. 3.効果的なアルバイト教育方法
    1. 3.1.マニュアル活用
    2. 3.2.OJT
    3. 3.3.集合研修
    4. 3.4.eラーニング
  4. 4.アルバイト教育の質を高めるポイント
    1. 4.1.指導者のスキルを高める
    2. 4.2.定期的にフィードバックを行う
    3. 4.3.定期的にアルバイト教育内容をアップデートする
  5. 5.アルバイト教育の効果を高めるならetudesがおすすめ
    1. 5.1.アルバイトの入れ替わりにも対応できる料金体系
    2. 5.2.オリジナル教材のアップロード・作成もサポート
  6. 6.まとめ


eラーニングシステムetudesが分かる資料セット(会社紹介・サービス概要・導入実績)をダウンロードする


アルバイト教育の課題

アルバイト教育の課題には、下記の点が挙げられます。

  • 教える人によって教育内容に差が出てしまう
  • アルバイト教育の効果や理解度を把握しづらい
  • 同じ教育内容を何度も伝えるため非効率になる

課題を理解した上で、適切な対策を講じましょう。


教える人によって教育内容に差が出てしまう

アルバイト教育では、教える担当者によって教育の質に差が出てしまうことがあります。
具体的な原因としては、下記の点が考えられます。

  • 担当者の忙しさから、丁寧な指導ができない場合がある
  • 担当者の性格によって、教え方が丁寧か否かが異なる
  • 担当者の経験や知識に依存するため、教育内容が偏る可能性がある

このように、教える担当者の状況やスキルによって教育内容にバラつきが生じると、アルバイトスタッフの習得度に差が出てしまうでしょう。


アルバイト教育の効果や理解度を把握しづらい

アルバイト教育の課題として、効果や理解度を把握しづらいことが挙げられます。
教育内容の効果や、理解度を図る具体的な指標がない場合、どの程度の効果があったのか評価できません。
正確な評価ができないと、仕事ができる人とそうでない人の差の原因が分からなくなってしまい、教育内容を改善できないでしょう。
結果として、効果的なアルバイト教育ができなくなる可能性があります。


同じ教育内容を何度も伝えるため非効率になる

採用人数が多かったり、入れ替わりが激しかったりする職場では、同じ教育内容を何度も伝える必要があります。しかし、同じ内容を繰り返し教えることは、時間と手間がかかり、非効率です。また、同じ内容でも教育者が異なれば、伝わり方に差が生じてしまう可能性もあるでしょう。
そのため、新人に習得して欲しい共通のスキルについては、効率的に教育できる仕組み作りが重要です。仕組みを作ることで、教育の質を維持しつつ、教育者の負担を軽減できます。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

btn


アルバイト教育を行うメリット

アルバイト教育を行うメリット

アルバイト教育を行うことで、下記のようなメリットが期待できます。

  • 店舗全体の売上向上が見込める
  • アルバイト教育によってサービス・接客の質が向上する
  • アルバイトの定着率の向上につながる


店舗全体の売上向上が見込める

アルバイト教育を適切に行うことは、店舗全体の売上向上につながります。効率的にアルバイト教育を実施すれば、スタッフの早期即戦力化をはかることができるため、売上向上が見込めるだけでなく、アルバイト教育が行き届いたスタッフは、サービスの質や接客レベルが高くなり、お客様に快適な体験を提供できます。自発的に学ぶ風土が醸成できればアルバイト同士で連携を取り、適切な判断や対応ができ、店長の指導やフォローがなくてもスムーズに店舗運営ができるようになります。
そうなれば現場でのフォローを最小限に抑えられ、リソースを人員配置や売上管理などの業務に注力することができます。


アルバイト教育によってサービス・接客の質が向上する

アルバイト教育によってスタッフの知識やスキルが向上すれば、お客様に対してより高品質なサービスが提供できます。
また、高いレベルの接客マナーや応対スキルを身につければ、お客様を心地よくおもてなしすることができ、ホスピタリティの質が高まるでしょう。
このように、アルバイト教育を実施することで、スタッフの能力が向上し、結果としてサービス・接客の質が大きく向上します。


アルバイトの定着率の向上につながる

アルバイト教育を実施することで、スタッフの定着率を高めることができます。
アルバイト教育によって定着率を高められる理由は、下記の通りです。

  • 自身の成長を実感でき、仕事に対するモチベーションが高まる
  • アルバイト教育を通して、会社・上司への信頼感が醸成できる
  • ミスが減ることで、クレームが減少しストレスが軽減される

アルバイト教育を適切に行うことで、アルバイトスタッフのモチベーション維持やストレス軽減につながり、結果として定着率の向上が期待できます。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

btn


効果的なアルバイト教育方法

効果的なアルバイト教育方法

アルバイト教育の効果を最大化するためには、下記の方法がおすすめです。

  • マニュアル活用
  • OJT
  • 集合研修
  • eラーニング


マニュアル活用

マニュアル配布は、アルバイト教育において広く行われている方法です。
マニュアルは、一度作成すれば繰り返し活用できます。
反面、マニュアル活用には下記のような課題があります。

  • 社外秘の内容は、現場でしか見られない場合がある
  • マニュアルの配布だけで理解することは難しい
  • マニュアルを紛失するリスクがある
  • 情報が古くなった場合、都度更新する必要がある

マニュアルは便利な教育方法ですが、単に配布するだけでは十分な効果は望めません。そのため、他の方法と組み合わせることが重要です。


OJT

OJT(On-the-Job-Training)とは、実際の業務で上司や先輩社員から指導を受けながら、知識やスキルを身につける教育方法です。
配布するマニュアル内容に合わせて行うことで、より効果的な教育が可能となります。
具体的な方法としては、マニュアルで知識や方法を学んだ後、OJTによって定着させていきます。
OJTでは、業務に沿った指導が受けられるため、求められる実務能力を効率的に習得できるでしょう。しかし、指導者のスキルによって定着度に差が生じる可能性があります。OJTを効果的に行うためには、指導者の教育スキルを標準化し、定期的にフォローアップすることが重要です。


集合研修

集合研修は、アルバイトスタッフを一堂に集め、講師による講義やグループワーク、ロールプレイングなどを行う教育方法です。
店舗の新規オープン時に全員で受講したり、定期的なコンプライアンス研修などで活用されたりします。
集合研修のメリットには、下記の点が挙げられます。

  • 複数人に一斉に教育が実施できる
  • 講師から直接指導を受けられるため、理解度が高まる
  • グループワークなどを通じて、受講者同士の交流が生まれる
  • ロールプレイングなどにより、実務に即した学習ができる

多くのメリットがある集合研修ですが、一過性のものになったり、時間や場所に制約があったりなどのデメリットもあります。
そのためeラーニングなどを同時に取り入れ、継続的な教育をしていくことが大切です。

アルバイトの研修時間については、下記の記事で詳しく解説しています。
アルバイトの研修期間はどのくらい?研修内容や給料・成功させるコツを解説


eラーニング

eラーニングとは、インターネットを活用して動画などのコンテンツを視聴し、業務に必要な知識やスキルを身につける教育方法です。
eラーニングであれば、従来の集合研修で発生していた会場の確保や、講師の依頼費用などのコストを大幅に削減できます。
また、eラーニング単体ではなく、マニュアル、OJT、集合研修と組み合わせるブレンディッドラーニングを行うことで、より効果的なアルバイト教育が行えます。
例えば、eラーニングで基礎知識を習得した後、OJTや集合研修でその知識を実践に活かすといった、学習サイクルが考えられるでしょう。また、マニュアルをeラーニングのコンテンツにしてしまえば、場所を選ばず学習できますし、紛失のリスクも避けられます。
さらに、OJTの実践風景を動画で撮影し、eラーニングコンテンツとして活用すれば、教育者の質に左右されずに優れた実践例を共有できます。

アルバイト研修とeラーニングの関係については、下記の記事で詳しく解説しています。
アルバイト研修にはeラーニングを導入すべき!eラーニングによる研修の流れをご紹介


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

btn



アルバイト教育の質を高めるポイント

アルバイト教育の質を高めるためには、下記のポイントを押さえておきましょう。

  • 指導者のスキルを高める
  • 定期的にフィードバックを行う
  • 定期的にアルバイト教育内容をアップデートする


指導者のスキルを高める

アルバイト教育は、OJT(On-the-Job Training)で行われることが多く、指導者の経験やスキルによって教育内容に差が出てしまう可能性があります。そのため、指導者のスキルを高め、均一な教育を提供できるようにすることが大切です。
指導者のスキルアップの方法としては、下記のようなものが考えられます。


方法

内容

アルバイト指導マニュアルを作成する

店舗で行う教育内容を標準化する
指導者に統一したマニュアルを提供することで、バラつきを防ぐ
教育手順や指導ポイントなどを詳細に記載する

外部の研修専門ベンダーに委託する

接客や教育に関する専門的なノウハウを持つ外部ベンダーに、指導者向けの研修を依頼する
ベンダーによる客観的な視点から、指導スキルの向上につながる研修を受講できる


指導者のスキルを高めることで、アルバイトスタッフへの知識や技術の効果的な伝達が可能になり、サービス・接客の質の向上が期待できます。


定期的にフィードバックを行う

定期的にフィードバックを行うことは、アルバイト教育の質を高める上で重要なポイントです。
アルバイト教育は、理解度や実践状況を把握し、適切に良し悪しを伝えることで効果を最大化できます。
具体的には、アルバイトスタッフが正しく理解し実践できている点を褒め、モチベーションの向上や自信につなげます。間違っている点がある場合には適宜指摘し、改善できるようアドバイスします。
このようなフィードバックを通じて、アルバイトは「自分のことを見てくれている」「きちんと気にかけてくれている」と感じることができます。その結果、働く意欲が湧き接客の質が高まります。


定期的にアルバイト教育内容をアップデートする

アルバイト教育の内容は、現場の状況やニーズに合わせて定期的にアップデートすることが大切です。
例えば、新しいサービスや商品が導入された際には、それに関する教育項目を追加する必要があります。また、接客トラブルの事例が発生した場合は、対応方法を盛り込むなど、臨機応変に教育内容を見直しましょう。
アルバイト教育の内容をアップデートする際は、eラーニングシステムの活用がおすすめです。eラーニングシステムであれば、教材の作成・更新が容易に行えます。
定期的なアップデートにより、アルバイト教育の質を継続的に高めていくことができるでしょう。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

btn


アルバイト教育の効果を高めるならetudesがおすすめ

etudes

引用元:etudes公式サイト

アルバイト教育の効果を高めるなら、etudesがおすすめです。
etudesは、20年にわたる人材育成ノウハウが詰まったeラーニングシステムです。etudesは、パネル形式のコース表示ができるため、はじめて使う場合でも直感的に操作できます。


アルバイトの入れ替わりにも対応できる料金体系

etudesは、実際に利用した人数分の料金のみを支払う従量課金制のため、入社や退職に伴う人数の変動にスムーズに対応でき、その都度利用料金が最適化されます。また、利用人数が増えれば一人あたりの価格が少し安くなるため、繫忙期で人数が増加してもリーズナブルにアルバイト教育が行えます。


オリジナル教材のアップロード・作成もサポート

etudesは既存の教材を用意しており、導入した企業はそれを活用することができますが、自社のオリジナル教材のアップロードや、新たなコンテンツ作成にも対応しています。
自社に既存のマニュアルや資料があれば、そのままetudes上にアップロードしてコンテンツ化できます。紙のマニュアルをデジタル化することで、アルバイト教育の効率化や標準化が図れるでしょう。
また、etudesなら、オリジナル教材作成を、企画から制作・効果測定までトータルでサポートすることもできます。
動画撮影、アニメーション、PDFなど様々な形式の教材を組み合わせることで、独自のeラーニングコンテンツを作成し、アルバイト教育の質を高められます。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

btn


まとめ

本記事では、アルバイト教育の課題、効果的な教育方法、ポイントをご紹介しました。
アルバイト教育には、教育内容にバラつきがある、効果の把握が難しいなどの課題があります。しかし、教育が上手くいけば、店長の負担軽減、サービス・接客の質の向上、アルバイトの定着率向上などが期待できます。
アルバイトの教育方法としては、eラーニングを中心に、マニュアル活用、OJT、集合研修などを組み合わせる、ブレンディッドラーニングがおすすめです。
アルバイト教育を最適化することで、効率的な人材育成と高品質なサービスの提供が可能になります。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る