catch-img

アルバイトの研修期間はどのくらい?研修内容や給料・成功させるコツを解説

入れ替わりが多く、入社時期が異なるアルバイトのスタッフに繰り返し研修を実施する場合は、eラーニングシステムなどのツールを使って効率的に研修や育成施策を実施することがおすすめです。この記事では、アルバイトに研修を実施するメリットや、テーマの具体例、早期戦力化のための効率的な研修手法としてeラーニングシステムの活用などについて詳しく解説します。

アルバイト、パートタイム向け教育について詳しく知りたい方は無料ダウンロードが可能な「店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント」もおすすめです。


実際に企業でどのように人材育成をしているのか、他社事例を知りたい方は「導入事例:住友ゴム工業株式会社 / 株式会社メガネトップ / 株式会社オカムラ / 他」で詳しくご紹介します。


etudesでは「人材育成の運営工数を削減したい」「eラーニングで育成施策の成果を上げたい」企業様をご支援しています。人材育成にお困りの方はお気軽にご相談ください。

サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


目次[非表示]

  1. 1.アルバイトの研修とは
    1. 1.1.アルバイトの研修期間の平均
    2. 1.2.アルバイトの研修期間中の給与
    3. 1.3.アルバイトの研修期間と試用期間との違い
  2. 2.アルバイト研修は何をする?研修テーマの具体例
    1. 2.1.勤務する職場のルールやマナー
    2. 2.2.必要なスキルや知識の習得
    3. 2.3.実務のレクチャー・演習
  3. 3.アルバイト研修でよくある課題と解決策
    1. 3.1.研修期間中にスキルが身につかない
    2. 3.2.スタッフ全員に研修を実施するのが難しい
    3. 3.3.研修期間に辞めるスタッフが出てくる
  4. 4.アルバイト研修を成功させるポイント
    1. 4.1.採用選考の時点で研修があることを共有する
    2. 4.2.研修期間や待遇をはっきりと伝える
    3. 4.3.研修カリキュラムと目標を明確にする
    4. 4.4.研修後のフォロー体制を整える
    5. 4.5.研修にeラーニングを活用する
  5. 5.アルバイトスタッフの育成課題はeラーニング導入で解決!
    1. 5.1.アルバイト研修での時間的制約を解決する
    2. 5.2.ツールやシステム導入による課題解決
  6. 6.アルバイト研修にeラーニングを活用するメリット
    1. 6.1.アルバイト研修の時間制約を解消できる
    2. 6.2.アルバイト研修の運営工数を削減できる
    3. 6.3.効率的なアルバイト研修ができ即戦力化できる
  7. 7.アルバイト研修でのeラーニング活用のポイント
    1. 7.1.外国人アルバイト向けの研修も対応できる
    2. 7.2.新商品や新サービスなどの情報共有がしやすい
    3. 7.3.必須研修の受講率を数値管理できる
    4. 7.4.モチベーション向上に活用できる
  8. 8.アルバイト研修に「etudes」がおすすめ
    1. 8.1.既存のマニュアルを簡単にeラーニング化
    2. 8.2.権限設定が自由で個別対応がしやすい
    3. 8.3.アルバイトの研修取り組み状況の把握が容易に
    4. 8.4.オリジナルの教材作成支援も行っています
  9. 9.アルバイト研修にeラーニングを活用した具体的事例
    1. 9.1.飲食店の事例
    2. 9.2.百貨店の事例
  10. 10.まとめ


eラーニングシステムetudesが分かる2点セット(会社紹介・サービス概要・導入実績)をダウンロードする 

アルバイトの研修とは

アルバイト向けの研修とは、新しく入ったアルバイトやパートタイムのスタッフに対しての研修で、主に入社直後に研修が実施されることが多くなります。
研修期間に実務に必要なスキルを身につけるためだけではなく、企業側とアルバイト社員が、お互いミスマッチがないか確認する、適性があるかを確認するために試用期間などを設ける場合もあります。

アルバイト研修は入社時期や人数がバラバラであることが多いため、研修運営には工数がかかります。教育担当が実務を担う場合も多いため、研修は集合型研修ではなく、OJTを通して実施されることが多いのではないでしょうか。

ここでは、アルバイトの研修について、平均的な期間や、給与、「研修期間」と「試用期間」の違いについて紹介いたします。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

btn


アルバイトの研修期間の平均

アルバイトの研修期間の平均は、3ヶ月程度です。長いと6ヶ月程研修期間を設ける企業もあるでしょう。アルバイトの場合、働く日数や時間が人によってバラバラなため、勤務時間の合計で研修期間を設けることも多くあります。


アルバイトの研修期間中の給与

研修期間中は、普段の時給よりも数十円程度低い金額になりますが、最低賃金を下回ることはできません。企業側は、都道府県で定められている最低賃金を確認し、研修機関であっても最低賃金から下回っていないか確認しましょう。


アルバイトの研修期間と試用期間との違い

「研修期間」と「試用期間」は、どちらも新入社員が会社に慣れるための期間ですが、その目的と内容には違いがあります。

研修期間は、新規入社したアルバイトが業務内容を理解し、必要な知識やスキルを習得するために設ける期間です。研修内容としては、知識をインプットしたりOJTで実施したりと、業務形態によってさまざまです。

一方、試用期間とは、アルバイトが通常の業務を行いながら、その勤務態度や職務適性、業務遂行能力などを会社が見極めるための期間です。試用期間中にアルバイトの適性やパフォーマンスを評価し、その後の役割を決定するなど、主に適性を見るために設けられた期間になります。

これらの期間や目的は、業界や職種により設定や考え方が異なります。企業によっては、研修期間と試用期間を兼ねて設定している場合もあります。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

btn



アルバイト研修は何をする?研修テーマの具体例

集団講義

アルバイトやパートタイム勤務のスタッフに研修を行う際には、実務に沿った内容で研修を行い、業務に必要な知識を効率的にインプットすると良いでしょう。また、スムーズに実務に入るための研修テーマもおすすめです。ここでは具体的に3つの研修テーマ例をご紹介します。


  • 職場のルールやマナー
  • 必要な知識やスキルの習得
  • 実務のレクチャー・演習


一つずつ、詳しく紹介していきます。


勤務する職場のルールやマナー

アルバイトの研修では、勤怠管理や福利厚生などの制度説明だけでなく、職場の整理整頓や清掃など職場内でのルールやマナーについてレクチャーをします。職場内のルールは企業や店舗ごとに異なるため、単に教えるだけでなく、必要性や実施する理由や背景も含めて教えられるようにしましょう。
ルールやマナーに沿って勤務することで、他のスタッフとも協働しやすくなります。ルールやマナーはチーム全体のモチベーション維持や職場環境にも影響があることもあわせて伝えられると良いでしょう。また、シフトタイム制の勤務形態であれば、スケジュール調整に関するルールを伝えることでスタッフ同士のトラブルを防ぐこともできるでしょう。


必要なスキルや知識の習得

仕事で使う機械の操作や道具の取扱いについて、講習形式や実務形式で研修をする場合があります。食品衛生や安全管理など、業務によって必要な内容があれば、細かくレクチャーする必要があります。基本的な内容を研修でしっかりと伝えることで、思わぬ事故やトラブルを防ぐことができるでしょう。eラーニングはeラーニングシステムを使って受講することが一般的ですが、eラーニングシステムによっては動画の閲覧状況などが管理できるものもあります。
安全のために必要な必須研修などは、eラーニングで漏れなく全スタッフに実施することがおすすめです。


実務のレクチャー・演習

基本的なルールやマナーの後は、続いて実務に関する研修を行います。紙媒体のマニュアルを活用したり、ロールプレイなどで演習が行われることもありますが、eラーニングを活用すれば動画を使ったインプットも簡単に実施することができます。事前に動画で必要な情報をインプットしたうえで演習を行えば、限られた研修時間の場合でも時間を有効活用できます。ある程度の理解度に達したら実際に現場に入り、経験があるスタッフがOJTなどでフォローすると良いでしょう。
一度に教えられる業務内容が多かったり、育成方法や教育内容が属人化することもあるため、個々のスタッフのスキルに応じて適切にフォローすることが必要です。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

btn


アルバイト研修でよくある課題と解決策

アルバイト研修は、アルバイトが新しい内容や業務に慣れるために大切な研修ですが、さまざまな課題もあります。
ここでは、アルバイト研修でよくある課題と解決策を紹介いたします。


研修期間中にスキルが身につかない

アルバイト研修の目的は、新しいアルバイトが業務内容を理解し、必要なスキルを習得することです。しかし、研修期間中に十分なスキルが身につかないという課題があります。これは、研修内容が十分でない、または研修方法が効果的でないために起こります。この問題を解決するためには、研修内容を見直し、アルバイトのスキルレベルや学習スタイルに合わせた研修方法を採用することが有効です。


スタッフ全員に研修を実施するのが難しい

アルバイトのスタッフは、学生やフリーターなど、さまざまなライフスタイルを持つ人々で構成されています。そのため、全員が同じ時間に研修を受けることは難しい場合があります。この問題を解決するためには、オンラインでの研修や、自習形式の研修を導入することが有効です。これにより、各スタッフが自分の都合の良い時間に研修を受けることが可能になります。


研修期間に辞めるスタッフが出てくる

研修期間中にアルバイトスタッフが辞めてしまうという問題もあります。これは、人間関係の悪化や業務内容がつらいことが原因となることが多いです。この問題を解決するためには、研修を通じて既存の社員や他のアルバイトとの交流を促進することが有効です。これにより、新入社員が職場の雰囲気に慣れ、人間関係を築くことができます。また、業務内容がつらいと感じる場合は、研修内容を見直し、アルバイトが業務を理解しやすいようにすることも重要です。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

btn


アルバイト研修を成功させるポイント

では、アルバイト研修を効果的に行うには、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。
ここでは、アルバイト研修を効果的に行うポイントについてご紹介いたします。


採用選考の時点で研修があることを共有する

まず、採用選考の時点で、研修や研修期間があることを共有しましょう。
研修の内容や目的も共有しておくことで、アルバイトのモチベーションも高まり、研修に対する意欲も高く保ったまま、研修期間に入ることができます。

研修の目的や意義が分からないままだと、「ただ時給を低くされただけ」と思われてしまう危険性がありますし、研修期間があることを伝えていないと、労働基準法違反になることもありますので注意しましょう。


研修期間や待遇をはっきりと伝える

研修の期間がどの位なのか、待遇はどうなるのかもはっきりと採用の時点で伝えておきましょう。
期間や待遇が分からないままだと、アルバイトは不安に感じますし、早期退職に繋がってしまう可能性があります。
研修期間を伝えることで、「この期間までにどのレベルになってなければならない」とアルバイトも目標を立てることができるので、研修に対するモチベーションも高くなります。


研修カリキュラムと目標を明確にする

研修を行うと伝えても、「具体的にどのような研修をするのか」「誰に教わるのか」「目標はどのようなものか」が分かっていなければ、トレーナーによって教わることが違う、同時期に入ったアルバイトでも教わった内容が違うなどの問題が起こる可能性があります。

そのため、入社時や選考時に研修のカリキュラムを予め伝えておき、研修時にはこの研修の目的や目標を伝えるようにしましょう。


研修後のフォロー体制を整える

研修は、「教えただけ」で終わりではありません。研修で知ったことを、できるようになるまでフォローすることが必要です。
研修後は定期的に忘れている内容がないかどうかの確認や、理解度のテストなどを行い、フォローしていくことが大切です。
研修が終わった後も疑問が生まれることもありますので、疑問に思ったことは誰に聞けばいいのかなども決めておくとよいでしょう。


研修にeラーニングを活用する

アルバイト研修は、集合研修ではなくOJTなどで実施されることが多いと前述しましたが、アルバイト研修に有効なのがeラーニングです。

OJTなどでは何度も同じ内容を新しく入ってきたアルバイトに伝える必要があるため、トレーナーにとっても負担になりがちです。
そのため、毎回伝える内容はeラーニング教材にしてしまい、動画を確認してもらうことで何度も同じ内容を伝える必要が無くなります。
また、新しいルールなどが増えた場合も、修正や追加がしやすいため、ルールが変わりやすかったり、複雑な業務を行う企業には最適です。

アルバイト研修にはeラーニングを導入すべき!eラーニングによる研修の流れをご紹介 | etudes


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント

▼成果が可視化できない社内教育にお困りではありませんか?        
企業向け教育研修会社の開発したeラーニングシステムで、効率運営と効果的な人材育成を両立できる!        
資料のダウンロードはこちらから 

アルバイトスタッフの育成課題はeラーニング導入で解決!

タブレット


アルバイト研修での時間的制約を解決する

アルバイトの研修での主な課題は「スタッフ全員に一斉に研修を実施するのが難しい」といった時間的制約です。人数をまとめて一括で研修することが難しく、入社時期によって育成のばらつきが発生します。そのため、即戦力化が必要なのにも関わらず研修が不十分となり、実務に影響が出ます。
集合研修ができない場合は主にOJTでの育成を実施することが多くなりますが、OJTは基本的に実務にあたりながら実地で教育担当が新規入社のアルバイトを育成する手法になるため、結果として研修に割ける時間は少なくなります。
いずれにしてもアルバイトの研修における時間的制約を解消できない場合、アルバイトの育成を効果的に実施することが難しくなります。


ツールやシステム導入による課題解決

時間的制約から発生するアルバイトの研修における課題を解決するために、マニュアル共有ツールやeラーニングシステムなど、育成のためのシステムを導入する企業が増えています。
システムを導入することで従来から抱えている課題を解決することが可能となります。マニュアルが多い職種の場合はマニュアル共有の専用ツールを使えば研修運営が大幅に改善されます。また、eラーニングシステムの場合は、PDFやPPT、Excelといったさまざまな形式の資料をそのままアップデートして教材にできたり、テストを簡単に作ることができるなど、汎用性の高い機能があるシステムが多く、マニュアル共有ツールの機能をカバーしながら、さまざまな研修実施を一元管理することもできます。
マルチデバイス対応であればスマホなどからも受講できるため、必ずしもPCを一人一台貸与できない職場環境でも研修がスムーズに実施できます。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


アルバイト研修にeラーニングを活用するメリット

eラーニングシステムを活用してアルバイト研修を行えば、アルバイトにも、運営側企業にもメリットがあります。インターネット環境があれば学習場所や時間帯の制約がなくなるため、アルバイト研修で成果を出しにくい要因である課題が解決しやすくなります。
eラーニングシステムはeラーニングを受講するだけではなく、受講率などを数値で可視化することができるため、各スタッフの取り組みや進捗状況を把握しやすくなります。


  • アルバイト研修の時間制約を解消できる
  • アルバイト研修の運営工数を削減できる
  • 効率的なアルバイト研修ができ即戦力化できる


各メリットを詳しく解説していきます。


アルバイト研修の時間制約を解消できる

従来の集合型研修やOJTでの育成の場合、参加するスタッフの予定を調整したり、研修のための場所を確保する必要がありましたが、eラーニングを導入すればパソコンやスマホなどの端末とインターネット環境があれば、いつでもどこでも学べるため時間制約なく効率的にアルバイト研修を進めることができます。
また、集合型研修を実施する場合でも、eラーニングで事前に必要な知識をインプットするブレンデッドラーニングを取り入れることで、スタッフが参加する研修の限られた時間を有効活用することができます。


アルバイト研修の運営工数を削減できる

紙媒体を利用した集合研修を行う時、使用している教材の内容に変更があった場合、再度教材を作り直し、印刷して再配布する必要がありました。eラーニングでは、教材内容に変更があった場合、サーバー上に保存している学習教材を変更するだけで資料の差し替えが可能です。
また、動画教材も簡単にアップロードでき、さまざまな内容の動画や教材を必要に応じて組み合わせたコースを作成することもできます。業種や職種に応じて必要な知識を効率的に学ぶことができるのです。


効率的なアルバイト研修ができ即戦力化できる

eラーニングでは、PDFなどのスライド式教材だけでなく、動画コンテンツで学習することも可能です。動画はコンテンツとして情報量が多く、効率的にスキルを身につけることができます。また、eラーニングの場合はシステム上で不明点を繰り返し学習することが簡単にできるため、個人のスキルにばらつきがある場合でも対応でき、即戦力に必要な知識やスキルを一つひとつ確実に身につけていくことができます。

さらにeラーニングシステムに搭載されているテスト機能などを活用すれば、インプット後に確認テストを設けて、アルバイトの知識理解度を確認することが可能です。認定証などが発行できるシステムであれば、専門知識などについてのコースを修了したアルバイトに認定証を発行することもできます。

知識の理解度やスキルを数値データで把握できるだけでなく、モチベーションアップやスキルの均一化などもシステムで一元管理できます。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


アルバイト研修でのeラーニング活用のポイント

ここまで、アルバイトスタッフ育成のためにeラーニングを活用するメリットをご紹介いたしました。次にeラーニングがアルバイトスタッフ育成にどのように活用されているのかの事例をご紹介いたします。研修実施だけではなく給与や評価と連動させるなど、アルバイト研修でのeラーニング導入ではさまざまな活用法があります。


外国人アルバイト向けの研修も対応できる

現在、日本の人手不足への対応として外国人労働者雇用が広まっています。厚生労働省が令和4年に調査した「「外国人雇用状況」の届出状況まとめ」によると、外国人労働者の数は180万人以上で、届け出が義務化された2007年以降、過去最多を記録しています。

そのため、外国人労働者やアルバイトに向けた研修の需要も上がっていますが、eラーニングシステムは英語対応できるものも多く、外国人アルバイトが研修としてeラーニングを受講する際にスムーズに操作できます。また教材として、英語マニュアルや英語字幕がついた動画などを一度作成すれば、繰り返し外国人アルバイト向けに研修で使うことができます。


新商品や新サービスなどの情報共有がしやすい

eラーニングシステムは資料や動画を簡単にアップロードできるため、頻繁に更新される新商品や新サービスなどを展開する際に、必要な情報をスムーズに各スタッフに共有することができます。多店舗展開をしている場合などでアルバイトスタッフの人数が多い場合でも、システムで一斉に必要な情報を期限までに伝えることができます。

また、新商品や新サービスだけでなく、繁忙期などイレギュラーな内容での運営が必要な場合でもeラーニングシステム上に専用の学習教材を掲載しておけば、必要なタイミングで必要なスタッフに研修を実施することができます。状況に応じて必要な研修をスムーズに実施することで、顧客へのサービス向上につなげることができます。


必須研修の受講率を数値管理できる

業種によってはアルバイトでの研修内容のなかに、必須で受けてもらわなければならない項目があるでしょう。コンプライアンスなどが一例ですが、こうした必須研修についての受講率もeラーニングシステムを導入すれば数値管理が可能です。

資料を配布するだけではなく、「受講履歴」や「受講率」をしっかりと把握したい項目がある場合にはeラーニングシステムを活用すれば効率的にアルバイトの研修運営が可能です。動画などの視聴履歴が数値管理できるだけでなく、システムによっては飛ばし見を防止したりすることもできます。

また、必須研修にも関わらず受講していないアルバイトがいる場合、研修受講のリマインドもシステムから簡単に送ることができます。勤務形態や勤務時間が異なるスタッフがいる職場でも必須研修をスムーズに進めることができ、受講状況は数値データで管理できるため、結果としてリスク管理にもなります。


モチベーション向上に活用できる

アルバイト研修の時間は必要な給料を支払う必要がありますが、eラーニングシステムは動画視聴や資料閲覧について詳細な履歴データを取得できるため、研修期間の取り組みを数値把握することができます。また、そうしたシステムの機能を活用して、各アルバイトのeラーニングでの学習時間をアルバイトの給与と連携させることで、モチベーション向上にも活用することができます。

アルバイトの研修は入社直後に行われることが多くなりますが、eラーニングを活用すれば継続的に研修を実施することができます。
テスト機能があるシステムであれば、テストの合格基準を定めることでアルバイトのスキル基準を設けることができます。必要な知識インプットだけでなく、演習やテストを組み込んだeラーニングを作成し、取り組んだアルバイトを評価する仕組みを作れば、モチベーションの維持向上だけでなく、結果としてアルバイトの離職防止にもつながります。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント

アルバイト研修に「etudes」がおすすめ

アルバイト研修にはさまざまな形でeラーニングが活用できることをご紹介いたしました。
業種や職種によって必要な研修が異なるため、アルバイトの研修にeラーニングシステムを導入する場合は汎用性の高いシステムがおすすめです。

	etudes画面

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

クラウド型システムなどは初期費用がかからないものもあり、運営規模に合わせてコストを抑えてシステム導入や運営をすることも可能です。ここでは、初期費用無料、1ID 500円から利用できる、企業向け研修事業を専門とするアルー株式会社が提供しているeラーニングシステム(LMS)の「etudes」をご紹介いたします。


既存のマニュアルを簡単にeラーニング化

etudesではアルバイト研修のために作成した資料やマニュアル、Excelの営業資料など、すでに自社にある研修資料を簡単にアップロードして、eラーニングコースを作成することが可能です。PDF、PPT、動画などさまざまな形式の資料を扱うことができます。
そのため、これまでの研修内容をそのまま活用して、工数少なくeラーニングシステムをアルバイト研修に導入することができます。またアップロードした資料の差し替えや更新もクラウドシステム上で一元管理できるため、最新の情報をいつでも確認しやすくなります。


権限設定が自由で個別対応がしやすい

アルバイトの数が多かったり、アルバイトによって必要な研修内容が異なったりといった個別対応が必要な場合でもetudesを活用すればスムーズに運営することができます。
標準装備されている権限設定機能を活用すれば、eラーニングに搭載したマニュアルなどの閲覧権限を自由に設定することができます。

業務内容によって必要な資料が異なる場合でも運営が簡単になります。また、ユーザグループ機能などを活用すると、新しいアルバイトを任意のユーザグループに追加するだけで、必要なコースを自動で割り当てることもできます。


アルバイトの研修取り組み状況の把握が容易に

etudesでは動画の視聴履歴や各eラーニングの進捗を把握できる機能が標準装備されています。これにより、アルバイトの研修担当者は各アルバイトの学習状況をリアルタイムで把握し、学習不足があれば必要に応じてサポートしたりフォローすることができます。
効率的にスキル向上を促せるだけでなく、研修を継続して実施することが少ない工数で実現できます。

また、アルバイト向けの研修の成果について数値で把握することができ、エクスポートしたデータを分析することもできるため、店舗ごとの取り組みのばらつきなどを把握して、継続的なアルバイト研修の実施と改善に取り組むこともできます。


オリジナルの教材作成支援も行っています

アルーでは、お客様のニーズに合わせたオリジナルの教材作成を支援しています。例えば、今までの研修内容をeラーニング化したり、店舗での業務の様子を撮影して動画を作成したりすることが可能です。さらに、多言語対応の動画の作成も行っています。また、アルバイトの昇格試験をスマートフォンで受けられる形で制作することも可能です。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


アルバイト研修にeラーニングを活用した具体的事例

ここでは、アルバイト研修でetudesを活用していただいた実際の事例をご紹介いたします。


飲食店の事例

飲食店を多店舗展開し、パートやアルバイトを含む従業員4000名ほどに向けた研修実施と人材育成のためにetudesを導入いただきました。システムを導入する以前は、研修の出欠管理や資料送付など運営の手間が膨大だったため、システム導入により研修を効率化したいという課題がありました。etudesの機能を活用していただいた結果、動画を用いた教材を中心にモチベーション高く社員が学ぶことができ、効率的な教育体制を構築することができました。大人数に対しても工数少なく簡単に教育を提供できるようになり、金額面、運営面の両面から大幅な研修コストの削減にもつながりました。


百貨店の事例

ある百貨店では、全テナントの従業員に対して、高いレベルの接客スキルを担保するために、初期研修をetudesで実施していただきました。導入前は、全国に店舗があることや、パート・アルバイトの入れ替わりが激しく対面での研修ができなかったため、eラーニングで教育の均一化を目指しました。etudesを活用していただいた結果、運営工数を抑えてテナント従業員全員を対象に教育を実施することが可能になりました。さらに、研修コースを受講した後に発行される修了証を実務に入る前に提出する仕組みを作ることで、取り組みの徹底化ができました。新しい従業員が入ってきたとしても容易に受講の準備ができ、スムーズに研修を受けてもらうことができます。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス資料の無料ダウンロードはこちら

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


まとめ

今回の記事は、効率的にアルバイト・パートタイム研修を行う方法について紹介しました。アルバイト研修にeラーニングを導入すれば、時間的制約がなく、研修や教育を実施することが可能となります。
また研修に使いやすい機能が標準装備搭載された汎用性の高いetudesを利用すれば、無駄なく効率的にeラーニングを運用することができます。アルバイト・パートタイム研修を効率的に実施したいと考えている方は、etudesの導入を是非ご検討ください。







人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る