catch-img

従業員教育が重要な理由とは?使われる手法・参考にしたい教育事例を紹介

企業における従業員教育は、その組織全体を支える大切な要素の一つです。世の中の変化に対応し、競争力を維持・向上させるためには、各従業員が最新の知識やスキルを身につけることが必要です。新入社員だけでなく、中途入社者や長年働いている社員一人ひとりが成長し続けられる環境を整備することは、企業にとって求められる課題といえるでしょう。

本記事では、従業員教育が重要な理由、事例、効率的に従業員の教育が進められるeラーニングシステム(LMS)についてを詳しく解説します。

実際に企業でどのようにeラーニング活用をしているのか、他社事例を知りたい方は「導入事例:住友ゴム工業株式会社 / 株式会社メガネトップ / 株式会社オカムラ / 他」で詳しくご紹介します。

etudesでは「人材育成の運営工数を削減したい」「eラーニングで育成施策の成果を上げたい」企業様をご支援しています。人材育成にお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら



目次[非表示]

  1. 1.従業員教育が重要な理由
    1. 1.1.企業理念・方針の浸透
    2. 1.2.組織全体の競争力強化
    3. 1.3.スキルアップによる生産性の向上
  2. 2.従業員教育で使われる手法
    1. 2.1.マニュアル配布を中心にした教育
    2. 2.2.OJTによる業務を通じた教育
    3. 2.3.集合研修による教育
    4. 2.4.eラーニングを活用した教育
    5. 2.5.従業員教育を実施するポイント
    6. 2.6.定期的に教育内容をアップデートする
    7. 2.7.研修を外部の研修専門ベンダーに依頼する
  3. 3.従業員教育の事例
    1. 3.1.スターバックス株式会社
    2. 3.2.株式会社メガネトップ
    3. 3.3.住友ゴム工業株式会社
  4. 4.従業員の教育にはLMSの導入がおすすめ
    1. 4.1.様々な業界や職種にも使える
    2. 4.2.汎用的な教育はLMSで効率化できる
  5. 5.従業員教育なら「etudes」がおすすめ
    1. 5.1.研修の出欠管理や受講管理が容易に
    2. 5.2.スタッフの入れ替わりにも対応できる料金体系
  6. 6.まとめ


eラーニングシステムetudesが分かる資料セット(会社紹介・サービス概要・導入実績)をダウンロードする


従業員教育が重要な理由

ここからは、従業員教育が重要な理由をご紹介します。
従業員教育が重要な理由は、下記の通りです。

  • 企業の理念・方針の浸透
  • 組織全体の競争力強化
  • 法令遵守の徹底
  • スキルアップによる生産性の向上

以上の理由から、従業員教育は企業にとって不可欠な要素といえます。


企業理念・方針の浸透

従業員教育は、企業理念・方針の浸透に効果的です。企業成長のためには、全従業員が共通の理念や方針を理解し、行動することが重要です。そのためには、企業理念・方針の浸透が重要です。例えば、企業理念が「顧客第一主義」であれば、その理念を具現化するために、全従業員が顧客を第一に考える行動を取る必要があります。しかし、理念や方針は抽象的であり、具体的な行動に落とし込みづらい部分があります。

そこで必要となるのが、従業員教育です。教育を通じて、抽象的な企業理念を具体的な行動に落とし込む手段を提供し、全従業員が理念・方針に基づいた行動を取ることを促すことが可能となります。これにより、企業全体としての一体感を醸成し、顧客満足度の向上や生産性の向上につながります。


組織全体の競争力強化

組織全体の競争力強化の投資として、従業員教育は不可欠です。従業員一人ひとりが専門知識や技術力を高めることで、組織全体としての業務遂行能力が向上します。これにより、競合他社に対する優位性を確保できます。

その他にも、チームワークの強化、組織文化の醸成、そして組織全体のパフォーマンスの向上につながり競争力の底上げにつながります。
また、共通の教育を受けることで、組織内に統一感と一体感が生まれます。これによりコミュニケーションの円滑化や、横断的な業務遂行へと繋がり、組織のアジリティを高める要素となります。
法令遵守の徹底
企業が従業員教育を重視する理由の一つとして、法令遵守の徹底が挙げられます。現代社会は法令が複雑化し、それぞれの業務で求められる法規制も多岐にわたります。そのため、従業員一人ひとりが適切な法令知識を持つことは企業の信頼性を保つ上で必要不可欠です。
仮にコンプライアンス違反があったことが世間に広がれば、企業の信頼を著しく下げてしまいます。一度下がった信頼はそう簡単に回復しないため、従業員の法令遵守の徹底が重要です。

例えば、個人情報保護法や労働安全衛生法など、業務を遂行する上で知っておくべき法律は多数あります。これらを遵守しないと、法的な問題を引き起こし企業の評価を下げる可能性があります。従業員教育を通じて法令遵守の重要性を認識し、具体的な遵守行動を学ぶことで、企業は社会的信頼と企業価値の維持・向上につながります。


スキルアップによる生産性の向上

従業員教育によりスキルアップすることで、企業の生産性が向上します。例えば、新たな技術やツールを習得した従業員が増えると、一人あたりの仕事の効率が上がります。また、教育を通じて従業員のコミュニケーション能力や問題解決能力を高めることができれば、組織全体として多様な課題に対応できるようになり、生産性の向上につながります。

以下の表は、スキルアップが生産性に与える影響の一例です。

スキルアップ内容

生産性への影響

新たな技術・ツールの取得

一人当たりの業務効率が向上

コミュニケーション能力の向上

スムーズな業務進行が可能になる

問題解決能力の向上

多様な課題への対応力アップ


これらを踏まえ、従業員のスキルアップに直結する教育を実施していきましょう。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


従業員教育で使われる手法

従業員教育で使われる手法

ここからは、従業員教育で使われる手法についてご紹介します。
従業員教育で使われる手法は、下記の通りです。

  • マニュアル配布を中心とした教育
  • OJTによる業務を通じた教育
  • 集合研修による教育
  • eラーニングを活用した教育

各手法はそれぞれ特性と利点があり、使用状況や目的に応じて適切に組み合わせることが重要です。


マニュアル配布を中心にした教育

マニュアル配布を中心とした教育は、企業が従業員に対して業務知識や操作手順を伝達する基本的な教育手法です。
従業員が自己学習できるよう、具体的な作業手順やルールなどが網羅的に記載されたマニュアルを配布することで、新入社員からベテランまで同等の知識・情報を共有します。

例えば、以下のような項目を含むマニュアルが考えられます。

項目

内容

業務の目的

その業務がなぜ必要なのか具体的に説明

業務の流れ

全体の流れを理解し、自分の役割を理解する

業務手順

具体的な操作手順や注意点を記載


これらを熟読し理解することで、従業員は業務に取り組む際の基盤となる知識を身につけます。マニュアルは従業員が疑問や困難に遭遇した際の「教科書」でもあります。そのため、マニュアル配布は従業員教育において非常に重要な方法の一つです。しかし、従業員教育においてマニュアル配布のみで教育することは少なく、特にアルバイト教育においては基本的にマニュアル+OJTを組み合わせながら行っていくことがほとんどです。また、マニュアルの内容が社外秘であれば、現場でしか見られないため理解や習得に時間がかかってしまう場合もあります。


OJTによる業務を通じた教育


JT(On The Job Training)は、現場での実作業を通じて行われる従業員教育であり、マニュアル配布と組み合わせて行うことが多く、日本企業で広く行われている手法の一つです。新しい従業員が実務を通じて学べるためアウトプットしやすく即効性があります。
OJTの一例として、まずは上司や先輩が業務を実演し、その後で新人が同じ業務を行うといった「見る・やる」のサイクルを繰り返す手法があります。このやり方は、新人が実際に業務を行う中で問題点を見つけ、それを改善していくことで自身のスキルを確実に向上させることができます。

しかし、近年の働き方の多様化によりリモートワークが増えるなかにおいて、OJTのみに依存した教育手法だけでは十分とはいえません。そのため、時代に合わせた教育手法を模索し実行していくことが求められています。


集合研修による教育

集合研修による従業員教育は、参加者を一か所に集め行われる教育手法です。集合研修は、新しい取り組みや施策、企業の方針などを均一に伝えるために有効な方法です。具体的には、社内外の講師を招き、特定のテーマやスキルについて講義を行う形が一般的です。また、集合研修では、参加者同士の意見交換やディスカッションも行われるため、視野を広げる機会ともなります。

最近では、オンラインで集合研修を実施する場合も増えており、グループディスカッションやチャットツール、ブレイクアウトルームなどを活用し対面と同じように参加者同士でのコミュニケーションも可能です。

新店舗立ち上げにあたって従業員全員で運営方法や基本的な流れを受講したり、店長や責任者などを対象としたマネジメント研修などさまざまです。ただし、集合研修は場所や時間を確保する必要があるため、計画的に行うことが求められます。


eラーニングを活用した教育

eラーニングは、インターネット環境があればどこにいても学習ができるため、手軽さと効率性の高さから従業員教育に積極的に取り入れられています。eラーニングでは、同じ教材を何度でも使用できるため、教育の標準化や集合研修にかかる費用の削減にもつながります。教材は動画やテキスト、クイズ形式など多種多様で、視覚的にもわかりやすく、学習の効果を高めることができます。

マニュアルで配布している内容をeラーニングコンテンツにするだけで、教材配布の手間が省けるだけでなく、繰り返し行う研修を効率化することができます。OJTで業務手順を録画しシステムにアップロードして動画教材とすることもおすすめです。教える側の教育担当社員の負担も軽減され、何度も同じことを伝える必要がなくなります。

▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


従業員教育を実施するポイント

ここからは、従業員教育を実施するポイントをご紹介します。
従業員教育を実施するポイントは、下記の通りです。

  • 定期的に教育内容をアップデートする
  • 研修を外部の研修専門ベンダーに依頼する

これらのポイントを押さえておくことで、より効果的な従業員教育の実施が可能となります。


定期的に教育内容をアップデートする

従業員教育において大切なのが、教育内容を定期的にアップデートすることです。教育内容のアップデートは、時代の変化や市場の動向、それに伴う企業の方針の変更等に対応するために不可欠な要素です。

例えば、先進的なIT技術の導入により、その知識やスキルが求められる場合や、新しい法令が施行された場合など、業務内容が変わることは珍しくありません。このような変化に対応して、教育内容を見直すことで、従業員一人ひとりが業務に対する理解を深め、スキルを適切なレベルに保つことが可能です。

また、内容のアップデートに加えて、各従業員が実務で活かせる内容の教材や、個人のスキルレベルに応じた教材を揃える必要があります。従業員のスキルは多様なため、同じ教育内容では個々の成長は見込めません。個人のスキルレベルに応じた教育を行っていくためには、体系化された教材が付いたeラーニングの導入がおすすめです。スキルレベルに合わせた従業員教育が効率的にでき、成果につながりやすくなります。


研修を外部の研修専門ベンダーに依頼する

従業員教育を実施するポイントとして、研修を外部の研修専門ベンダーに依頼することもおすすめです。最大の利点は、専門的な知識や技術を持つプロフェッショナルによる高品質な研修を受講できる点です。外部ベンダーに依頼することで、社内のリソースを節約し、他の重要な業務に集中できるというメリットもあります。

また、研修内容の最新化や多様性の確保も見込めます。研修専門ベンダーは教育に関する最新の知識やトレンドを把握しており、それらを反映した研修プログラムの提供が可能です。

▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


従業員教育の事例

従業員教育の事例

ここからは、効果的な従業員教育ができた事例をご紹介します。
参考にしたい従業員教育の事例は、下記の3例です。

  • 株式会社スターバックス
  • 株式会社メガネトップ
  • 住友ゴム工業株式会社


スターバックス株式会社

スターバックスでは、ロミンガーの法則を取り入れ全従業員に対する綿密な教育体制を整えています。従業員教育の70%をOJTで行い、20%をメンターであるコーチからのフィードバックで習得し、10%をeラーニングで学ぶという方法です。

新入社員は、店長や選任トレーナーからは会社の歴史、社会的責任、そして企業文化を習得しながらOJTで実務を学んでいきます。さらにeラーニングを活用し、足りないスキルや知識の補填を行っています。このような従業員教育の取り組みが、スターバックスの高品質なサービスを支えています。


株式会社メガネトップ

株式会社メガネトップは、「眼鏡市場」を日本国内に1,000店舗以上展開している小売業です。株式会社メガネトップでは、「人的資本」を強化し、どこの組織でも通用するようなスキルセットを持っている人材を生みだすことを目標にeラーニングシステムであるetudesを活用し従業員教育を実施しました。

株式会社メガネトップでは、一人ひとりのニーズに沿った学びを提供することが重要と考えていましたが、従来型の集合研修では効率が悪く自律型教育が確立ができないことが課題でした。そこで、「受講者の主体性」と「企画側での管理」を用いて戦略的にeラーニングシステムであるetudesを活用していくことにしました。

eラーニングを活用した成果としては、下記の通りです。

  • 社員が自律的に学習する風土の構築に成功した
  • 任意のグルーピングによって研修管理ができた
  • 管理機能が直感的で操作しやすく、機械操作が苦手な運営メンバーでも安心

etudesを活用することで、人的資本の強化に成功し、運営担当者のスムーズな運営業務にも寄与することができました。

参考サイト:株式会社メガネトップ導入事例


住友ゴム工業株式会社

住友ゴム工業株式会社では、eラーニングシステムであるetudesの導入により従業員教育の運営工数の削減に成功しました。導入以前は、人事システムから対象者を抽出し、対象者の上司をCCに入れて研修内容をメールで送り、手作業で日程調整を行っており運営に手間がかかっていました。

そこで、eラーニングシステムを導入し研修運営の工数削減に着手しました。eラーニングシステムの導入により、受講日程の調整がシステム上で受講者自身が行うことができるようになりました。また、直前の変更やキャンセルに振り回されることがなくなり、研修実施日に受講者名簿を出力するだけで準備が完了するようになり、大幅な工数削減が成功しました。

参考サイト:住友ゴム工業株式会社導入事例

▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


従業員の教育にはLMSの導入がおすすめ

従業員教育の実施には、LMS(Learning Management System / eラーニングシステム)の導入が効果的です。LMSとは、オンライン上で学習管理を行うシステムのことで、各従業員の学習進度や理解度を一元的に管理することが可能です。これにより、教育内容の改善や個々の従業員へのフィードバックも容易になります。

さらに、コスト面でも大規模な集合研修よりも低コストで教育を行うことができます。効果的な従業員教育のためには、LMSの導入と活用がおすすめです。


様々な業界や職種にも使える

LMSはさまざまな機能を搭載しているため、従業員教育において、様々な業界や職種に対応することが可能です。eラーニングを活用すれば社内育成の成果を高めるだけでなく、代理店やフランチャイズといった事業展開の場合の情報共有や人材育成にも活用できます。繰り返し実施する教育内容を効率化することもできるため、入れ替わりの多いアルバイトや派遣社員などの教育にも最適です。

また、マルチデバイス対応のシステムであれば、PCをひとり一台付与していない場合でもスマートフォンなどを使ってeラーニングシステムを活用することもできます。


汎用的な教育はLMSで効率化できる

汎用的な教育とは、社員全員に対して行う基本的なビジネスマナーや業界知識、法令遵守などの教育を指します。これらの教育は一定の周期で繰り返し行う必要がありますが、その運用は大変な労力を要します。しかし、LMSを導入することにより、その労力は大幅に削減できます。

例えば、eラーニング形式の教材をLMS上にアップロードすれば、社員は自分の好きな時間に学習することが可能です。また、テストやアンケート機能もついていれば、社員の理解度を確認したり、教育内容の改善点を把握したりすることも容易になります。


従業員教育なら「etudes」がおすすめ

引用元:etudes(エチュード)公式サイト


従業員教育で効率的に高い成果を出すなら、企業向け研修専門のアルー株式会社が提供するeラーニングシステム(LMS)の「etudes」がおすすめです。etudesは初期費用が無料なことに加え、月額の請求は有効ID課金制のため、利用しない月がある場合でもコストをおさえることができます。eラーニング受講はもちろん、etudes上で研修の出欠管理や受講管理をすることができます。

また、独自に開発した階層別研修などの教材を利用することもでき、教材がない場合でもすぐにeラーニングによる人材育成を始めることができます。ここからはetudesのメリットについて詳しく紹介します。


研修の出欠管理や受講管理が容易に

etudesでは、eラーニングの受講に加え、研修の出欠管理など、研修運営に関わる管理全体をシステムを使って効率化することができます。例えばetudes上で研修の参加スケジュールを調整するといったことも可能です。管理者側で任意の日程のコースをアップロードすることで、社員が複数の日程のなかから自分の参加する研修日程を選択できるようになります。

研修後は出欠状況をExcelで一括インポートすることもできます。さらに、研修前後の提出物管理や、アンケートの結果管理もetudes上で完結します。


スタッフの入れ替わりにも対応できる料金体系

「etudes」は、スタッフの入れ替わりにも対応できる柔軟性もメリットです。提供ベンダーによっては最低契約ID数などが決まっている場合も多く、従業員の入れ替わりが頻繁に起こる企業では運用と料金体系があわないといった問題があります。etudesは、ユーザー数に応じた料金体系を採用しており、スタッフの増減に合わせて利用者数を調整することが可能です。これにより、企業は無駄なコストを抑えつつ必要な教育を提供することができます。

▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


まとめ

本記事では、従業員教育が重要な理由、実際に使われる理由、ポイント、事例を詳しくご紹介しました。従業員教育は企業にとって重要な戦略の一つです。企業理念の浸透や組織全体の競争力強化、法令遵守の徹底、生産性の向上など、さまざまな効果を期待できます。また、その手法は多岐にわたり、マニュアル配布やOJT、集合研修、eラーニングなどがあります。特にeラーニングを活用することで運用工数やコスト削減につながるためぜひ導入したい手法です。これらを踏まえ、自社独自の教育プログラムを設計し、企業全体の生産性向上を目指しましょう。


人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気のお役立ち資料

企業の導入・活用事例集

 etudes導入事例集

etudesがよく分かる資料2点セット

	アルー株式会社eラーニングシステムご紹介資料

eラーニング販売をご検討中の方向け

eラーニングビジネスをはじめたい方向け

人気記事ランキング

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る