eラーニング教材

人材育成の成果につながる研修教材をご提供・作成いたします

報告・連絡・相談

報告・連絡・相談

適切な報告・連絡・相談による業務遂行・振り返り・改善の方法を学びます。

約160分

カリキュラム

タイトル

概要

イントロダクション

報告・連絡・相談の必要性とそれぞれの違いを理解する

内容と伝え方のポイント(動画で確認)

ホウ・レン・ソウの4つのポイントのうち、「内容」と「伝え方」について、留意すべきことを学ぶ

内容と伝え方のポイント(演習で実践)

報告・連絡・相談の内容を考える際のポイントと、伝え方のポイントを学ぶ × 4問

タイミングのポイント(動画で確認)

ホウ・レン・ソウの4つのポイントのうち、「タイミング」について、留意すべきことを学ぶ

タイミングのポイント(演習で実践)

様々な業務における報告・連絡・相談の最適なタイミングを考える。悪い知らせはわかったらすぐに知らせる × 4問

手段のポイント(動画で確認)

ホウ・レン・ソウの4つのポイントのうち、「手段」について、留意すべきことを学ぶ

手段のポイント(演習で実践)

複数の場面を提示し、適切な報告・連絡・相談の手段(対面・電話・メール)を考える × 6問

振り返り・改善(動画で確認)

振り返り・改善の必要性と4つのステップの概要を理解する

原因の突き止め方(動画で確認)

業務が終わった後に、その業務が上手くいかなかった場合、一度立ち止まって振り返るための方法について学ぶ

原因の突き止め方(演習で実践)

現場で起こりがちな新入社員の失敗例を提示し、その原因を知識・スキル・意欲でタイプ分けをして突き止める

解決策を考える(動画で確認)

効果的な解決策を見出すために、どのような手順で考えればよいのかを学ぶ

解決策を考える(演習で実践)

タイプ分けをした原因に応じて、解決策を考える

知識確認テスト

学びのポイントを覚えているか確認する

効果測定アンケート

学びのポイントの理解度、職場での実践意欲を確認する

おすすめ対象者

  • 新入社員
  • 報告・連絡・相談がだらだらと長くなり、適切なタイミングでできていない若手社員
  • 振り返り・改善の基礎を学びたい方

コンテンツの特長

  • 仕事を始めたばかりのタイミングでは、業務の計画や遂行 スキルに目がいきがちですが、業務遂行後の振り返り・改善までをセットで学ぶことで成長速度を加速させます