catch-img

【企業向け】動画販売プラットフォーム4選 選ぶポイント・メリットを徹底解説

近年、企業が自社のノウハウを動画として販売することで、新たな収益源を生み出す事例が増えています。その実現のために利用されるのが動画販売プラットフォームです。しかし、どのプラットフォームでもいいというわけではなく、目的に沿った機能があるのか、ターゲットとなるオーディエンスに適しているのかなどを考慮する必要があります。
本記事では、企業向け動画販売プラットフォーム4選、選ぶポイント、メリットを詳しくご紹介します。

実際に企業でどのようにeラーニング販売のビジネスを立ち上げたのか、他社事例を知りたい方は「導入事例:株式会社日経BP / 株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ / 株式会社アット・アップ / 他」​​​で詳しくご紹介します。

etudesでは「eラーニングやオンライン講座販売のビジネスを立ち上げたい」「現在の販売システムを変更したい」企業さまに、プラットフォームをご提供しています。システムのビジネス向け利用について知りたい方はお気軽にご相談ください。
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


目次[非表示]

  1. 1.企業が動画販売プラットフォームを選ぶポイント
    1. 1.1.目的に沿った機能があるサービスを選択する
  2. 2.ターゲットオーディエンスの適合性を考慮する
    1. 2.1.運用サポートとセキュリティ
    2. 2.2.扱いやすい操作性
  3. 3.企業向け動画販売プラットフォーム4選
    1. 3.1.etudes
    2. 3.2.Brain
    3. 3.3.note
    4. 3.4.Udemy
  4. 4.企業が自社コンテンツを動画販売するメリット
    1. 4.1.新たな収益源ができる
    2. 4.2.ブランドの拡大と認知度向上
    3. 4.3.ターゲット市場の拡大
    4. 4.4.スピーディーに正確に情報共有が可能
  5. 5.動画販売プラットフォームを活用した事例
  6. 6.動画販売プラットフォームならetudesがおすすめ
    1. 6.1.社外向けに自社コンテンツを販売可能
    2. 6.2.誰でも利用しやすいストレスフリーのUI/UX
  7. 7.まとめ


ビジネス利用ができるeラーニングシステムetudesが分かる資料セット(会社紹介・サービス概要・導入実績)をダウンロードする


企業が動画販売プラットフォームを選ぶポイント

ここからは、企業が動画販売プラットフォームを選ぶ際のポイントについてご紹介します。
企業が動画販売プラットフォームを選ぶポイントは、下記の4つです。

  • 目的に沿った機能があるサービスを選択する
  • ターゲットオーディエンスの適合性を考慮する
  • 運用サポートとセキュリティ
  • 扱いやすい操作性


目的に沿った機能があるサービスを選択する

動画販売プラットフォームを選択する際の重要なポイントは、サービスが提供する機能が自社の目的に適合しているかどうかです。
ただし、目的に沿った機能が整っているだけでは十分ではありません。導入時には必要ないと考えられる機能でも、事業の発展やマーケットの変化に伴って後々必要となる可能性もあります。
そのため、サービスの柔軟性と拡張性も重要な選定基準となります。

具体的には、以下のような機能があるかどうかをチェックしてみましょう。

機能名

内容

視聴権限の設定機能

特定のユーザーグループに動画を公開したり、有料コンテンツと無料コンテンツを分けることができる

視聴履歴の取得

ユーザが離脱したポイントだけでなく、細かい視聴履歴データを取得できれば、コンテンツの改善がしやすくなる

動画の評価やコメント、アンケート機能

ユーザーからのフィードバックを直接受け取り、動画の品質改善や新しいコンテンツ作成のアイデアを得ることができる

対応する端末、OSの範囲

多種多様な端末やOSに対応しているプラットフォームを選ぶことで、より多くのユーザーに自社のコンテンツを提供することが可能になる


これらの機能が整っているプラットフォームを選択することで、自社のコンテンツを効果的に運用し、価値を最大限に引き出すことが可能になります。


▼ コンテンツ販売に最適なプラットフォーム探しにお困りではありませんか?
    初期費用無料・有効IDのみのご請求で、最低1ID / 500円からスモールスタートできる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


ターゲットオーディエンスの適合性を考慮する

企業が動画販売プラットフォームを選ぶ際に重要なのが、ターゲットオーディエンスとの適合性です。販売予定の動画が、視聴者のニーズや問題解決にどれほどマッチしているかが重要となります。
例えば、若者をターゲットにした商品の動画販売を考える場合、若者が多く利用しているプラットフォームを選ぶことが肝心です。また、ビジネスパーソンをターゲットにした教育コンテンツの動画であれば、ビジネス関連の情報が集まるプラットフォームが適切でしょう。
動画販売プラットフォームは、ターゲットオーディエンスの特性を調査した上で選びましょう。


運用サポートとセキュリティ

企業が動画販売プラットフォームを選ぶ際には、運用サポートとセキュリティが非常に重要なポイントとなります。
例えば、動画のアップロードがうまくいかない、ビュー数が正しく反映されないなどの問題が発生した時に迅速かつ適切にサポートしてくれるかどうかは、サービスの利便性を大きく左右します。
また、動画販売プラットフォームでは、自社の重要なコンテンツを扱うため、第三者に漏れることなく安全に保管されることが重要です。ユーザー情報の取り扱いについても、個人情報保護法などの法令を遵守した厳重な管理が必要となります。
以上のことから、選択するプラットフォームの技術サポートとセキュリティ対策を確認することは、企業にとって非常に重要なポイントです。


扱いやすい操作性

動画販売プラットフォームを選ぶポイントのひとつに、扱いやすい操作性があります。
扱いやすい操作性は、購入者にとって重要な要素です。なぜなら、操作性が悪いプラットフォームでは、購入プロセスが煩雑になり、結果として購入者の離脱を招きやすくなってしまうからです。
また、運営側にとっても操作性は重要です。ユーザーフレンドリーなプラットフォームは、新規コンテンツを投稿する際や、既存のコンテンツの管理を行う際にもスムーズな操作が可能となり、運営側の作業効率を大きく向上させる効果があります。
動画販売プラットフォームの中には、無料で試すことができるトライアル期間を設けているものもあります。トライアル期間を活用することで、自社にとって最も適したプラットフォームかどうかを判別することが可能です。

▼ コンテンツ販売に最適なプラットフォーム探しにお困りではありませんか?
    初期費用無料・有効IDのみのご請求で、最低1ID / 500円からスモールスタートできる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


企業向け動画販売プラットフォーム4選

ここからは、企業向け動画販売プラットフォーム4選をご紹介します。
企業向け動画販売プラットフォームは、下記の通りです。

  • etudes
  • Brain
  • note
  • Udemy

以上、4つのプラットフォームはそれぞれ異なる観点から活用することができ、自社のニーズに合わせて選択することが重要です。


etudes

「etudes」は企業向け動画販売プラットフォームとして注目されています。自社コンテンツを社外に向けて販売可能なため、新たな収益源を作り出すだけでなく、ブランドの認知度向上やターゲット市場の拡大にもつながります。
また、操作性の良さも魅力です。「etudes」では、誰でも利用しやすいストレスフリーのUI/UXを提供しています。これにより、はじめて利用するユーザーでも迷うことなく操作ができます。
以上の理由から、「etudes」は動画販売プラットフォームとして非常におすすめです。今後、自社コンテンツを動画販売しようと考えている企業には、ぜひ取り入れて頂きたいサービスです。


Brain

企業向けの動画販売プラットフォームとして、Brainも一つの選択肢となります。
Brainは、主に教育・研修用のコンテンツ販売に特化したプラットフォームで、動画コンテンツとして広く公開、販売することが可能です。
専門的な知識や技術を持つ企業や個人がその知識を活かした教育コンテンツを提供でき、シンプルな操作性で、はじめて利用する人でもストレスなく操作が可能です。


note

noteは、個人から企業まで幅広いユーザーを対象とした動画販売プラットフォームです。
自身が作成したコンテンツを自由に価格設定して販売することができ、動画だけでなく、テキストや音声、画像等も販売できるのが特徴です。
また、noteでは購入者とのコミュニケーションも重視しています。コンテンツを購入したユーザーに対してメッセージを送ることができ、購入者との直接的な意見交換やフィードバックの収集が可能です。


Udemy

Udemyは、世界中で多くの企業や個人が利用する動画販売プラットフォームです。
Udemyでは、自社の知識をあらゆる形式の動画コースとして販売することができ、会社のスキルや知識を広く世界中に伝えることができます。また、Udemyが提供する詳細な分析機能を利用すれば、コースのパフォーマンスや学習者の行動を把握することで、より効果的なコース作りにつなげることが可能です。

▼ コンテンツ販売に最適なプラットフォーム探しにお困りではありませんか?
    初期費用無料・有効IDのみのご請求で、最低1ID / 500円からスモールスタートできる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


企業が自社コンテンツを動画販売するメリット

ここからは、企業が自社コンテンツを動画販売するメリットについてご紹介します。
企業が自社コンテンツを動画販売するメリットは、下記の通りです。

  • 新たな収益源ができる
  • ブランドの拡大と認知度向上が期待できる
  • ターゲット市場の拡大が見込める
  • スピーディーに情報共有が可能


新たな収益源ができる

動画として自社コンテンツを販売することで、新たな収益源を創出することが可能になります。既存のサービスや製品への依存度を下げ、リスクを分散することができます。

また、新たな収益源を確保することは、企業の業績の安定や成長を促進する力となります。多様な収益源を持つことにより、一部の収益源が失われたとしても他の収益源でカバーでき、経営の安定性を保つことが可能になります。


ブランドの拡大と認知度向上

高品質な動画コンテンツは、企業のブランド価値を向上させる素晴らしい手段であり、信頼性を構築するのにも役立ちます。購入者に対して良質な動画コンテンツを提供することで、好意的に感じてもらったり、企業ブランドの価値の向上や顧客からの信頼が得られたりします。また、有料コンテンツを通じて提供される情報は、企業の専門知識や価値提供力をアピールする手段ともなり、さらなる認知度拡大にもつながります。


ターゲット市場の拡大

動画販売プラットフォームを活用することで、企業は地理的な制約を乗り越えて顧客層を拡大することができます。インターネットを介して動画コンテンツを提供することで、世界中の潜在的な顧客にアクセスできることで、売上を拡大する機会を得られます。
このように、動画販売プラットフォームを活用することで、自社のターゲット市場を広げ、ビジネスチャンスを拡大することが可能になります。


スピーディーに正確に情報共有が可能

動画販売プラットフォームを活用することで、企業はスピーディーかつ正確に情報を共有することが可能です。
テキストベースの情報提供と比較して、視覚や聴覚を同時に活用することで、より迅速に情報を理解できます。説明動画などの映像を使用すれば、複雑なプロセスや製品の特徴も視覚的に理解することができ、直感的な理解を促進します。
また、動画販売プラットフォームを利用することで、情報の伝達ミスを最小化することが可能です。動画は再生、一時停止、巻き戻しが容易であり、視聴者は自分のペースで動画を視聴し、理解度を確認しながら情報を取得できます。これにより、誤解や情報の見落としを防ぐことができます。

▼ コンテンツ販売に最適なプラットフォーム探しにお困りではありませんか?
    初期費用無料・有効IDのみのご請求で、最低1ID / 500円からスモールスタートできる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


動画販売プラットフォームを活用した事例

株式会社アット・アップは、携帯電話業界、特に販売店のスタッフに向けて「現場力向上」にこだわった集合研修を中心とした人材育成サービスを提供しています。
株式会社アット・アップでは、新型コロナウイルスの影響を受け、集合研修の実施が難しくなったことをきっかけに、動画販売プラットフォームを活用したオンライン研修の提供を計画しました。
動画販売プラットフォームの導入以前は、売上の70%以上が労働集約型(スタッフの稼働)によるものでしたが、動画販売プラットフォームの導入により、売上の50%をデジタルコンテンツにシフトすることができました。
また、沖縄や北海道といった遠方からの依頼も増えており、場所に縛られずビジネスを展開することに成功しています。
参考サイト:株式会社アット・アップ導入事例

▼ コンテンツ販売に最適なプラットフォーム探しにお困りではありませんか?
    初期費用無料・有効IDのみのご請求で、最低1ID / 500円からスモールスタートできる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


動画販売プラットフォームならetudesがおすすめ

引用元:etudes(エチュード)公式サイト
自社の知識や技術を形にし、広く社会に提供するために最適なプラットフォームがetudesです。etudesは、社外向けに自社コンテンツを販売可能です。またetudesは操作性に優れており、直感的に誰でも利用しやすいUI/UXが特徴です。


社外向けに自社コンテンツを販売可能

etudesを活用すれば、社外向けに自社コンテンツを販売可能です。最近では、自社にあるノウハウをeラーニング上の学習コンテンツとして販売する企業が増えてきています。すでに対面で行っているセミナーをオンライン化したり、社内教育を社外へ展開して収益化するケースも多いです。

etudesでは、学習コンテンツの社外販売を想定した管理機能が充実しています。人材育成を手掛けてきたアルーならではのノウハウを活かしたシステム設計となっているため、特に教育ビジネスなどで多くの企業に導入されています。


誰でも利用しやすいストレスフリーのUI/UX

etudesでは、誰でも利用しやすいストレスフリーのUI/UXを採用しています。eラーニングシステムの中には、古いUI/UXのシステムも少なくありません。eラーニングのためのツールが使いにくいと、ユーザのコンテンツ購入のモチベーションが半減してしまいます。
etudesは誰でも直感的に操作できるユーザー画面が特長です。ユーザー自身の動画の視聴状況やコース全体の進捗状況が視覚的に表現されるため、受講するユーザーがスムーズに学習を開始することができます。

▼ コンテンツ販売に最適なプラットフォーム探しにお困りではありませんか?
    初期費用無料・有効IDのみのご請求で、最低1ID / 500円からスモールスタートできる
 ⇒ サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


まとめ

本記事では、企業向け動画販売プラットフォーム4選、選ぶポイント、メリットを詳しくご紹介しました。動画販売プラットフォームを利用して自社コンテンツを発売することで、新たな収益源となるだけでなく、ブランドの拡大と認知度向上、ターゲット市場の拡大など多くのメリットをもたらします。プラットフォームを選ぶ際は、機能性、ターゲットオーディエンスの適合性、運用サポートとセキュリティ、そして操作性の使いやすさを考慮することが重要です。これらの情報を参考に、最適な動画販売プラットフォームを選びビジネスに活かしていきましょう。



人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気のお役立ち資料

企業の導入・活用事例集

 etudes導入事例集

etudesがよく分かる資料2点セット

	アルー株式会社eラーニングシステムご紹介資料

eラーニング販売をご検討中の方向け

eラーニングビジネスをはじめたい方向け

人気記事ランキング

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る