catch-img

スタッフ教育を成功させるポイント4つ|効率化させるコツも紹介

スタッフ教育は多くの企業に取って重要な一方で、企業内で多くの共有すべき情報がある場合や、より実践的な教育を実施したい場合マニュアル共有だけでは不十分と感じるスタッフ教育が上手くいかず難しいと感じている人材教育担当者の方も多いのではないでしょうか?

繰り返し実施することが多いスタッフ教育は、eラーニングシステムを利用して効率化することがおすすめです。デジタル化で効率化できるだけでなく、システムを活用すれば、フランチャイズや代理店、多店舗運営など多種多様なスタッフ育成を工数少なく実現できます

今回は、スタッフ教育の必要性やスタッフ教育成功のポイント、スタッフ教育を効率化させるコツを解説します。

実際に企業でどのように人材育成をしているのか、他社事例を知りたい方は「導入事例:株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ  / 株式会社メガネトップ / 株式会社オカムラ / 他」で詳しくご紹介します。



etudesでは「人材育成の運営工数を削減したい」「eラーニングで育成施策の成果を上げたい」企業様をご支援しています。人材育成にお困りの方はお気軽にご相談ください。
サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら


目次[非表示]

  1. 1.スタッフ教育の必要性
    1. 1.1.限りある人材資源の有効活用が必要なため
    2. 1.2.店舗の信頼を得るため
    3. 1.3.生産性を高めるため
  2. 2.スタッフ教育を成功させるポイント
    1. 2.1.オリエンテーションを実施する
    2. 2.2.業務マニュアルを作成する
    3. 2.3.スタッフの現状の能力を可視化させる
    4. 2.4.評価制度を整える
  3. 3.スタッフ教育を効率化させるならLMSの活用がおすすめ
    1. 3.1.マニュアル・ナレッジを集約・整理することができる
    2. 3.2.研修の受講履歴などが確認できる
    3. 3.3.受講履歴を分析して教育施策に活用できる
  4. 4.スタッフ教育なら「etudes」にお任せください
    1. 4.1.多様な教材形式に対応し、自由にコース作成が可能
    2. 4.2.複数ブランドがあっても個別の環境でページ作成が可能
    3. 4.3.スタッフの入れ替わりにも対応できる料金体系
  5. 5.まとめ


eラーニングシステムetudesが分かる資料セット(会社紹介・サービス概要・導入実績)をダウンロードする 


スタッフ教育の必要性

スタッフ教育は、スタッフに企業の経営目標の達成や業務向上に繋がるスキルなどの習得を促し、企業にとって戦力となる人材を育成し、企業全体の成長に繋げることです。スタッフのスキルを向上させ、業務ノウハウの共有など継続的にスタッフへ成長の機会を与えることで、人材資源の流出を防ぐことも可能です。ここでは、スタッフ教育の必要性を具体的に詳しくご紹介します。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる   
資料のダウンロードはこちらから 


限りある人材資源の有効活用が必要なため

現在は労働する人材そのものが減少傾向にあり、人材資源は流動的なため人手不足の傾向にあります。既存スタッフのモチベーションを高め、スキルを向上させることは生産性の向上や、組織の活性化にとって必須と言えるでしょう。
仮に、既存のスタッフが離職しても組織に必要な優秀な能力を持つ人材は採用が難しいため、限りある人材資源を有効的に活用する必要があるでしょう。
また、社員に対して適切な評価をし、柔軟な働き方を取り入れたり、残業を減らすサポートなどを行い、限りある人材資源を定着させることも大切です。


店舗の信頼を得るため

店舗スタッフは店舗の顔となるため、社会人としてのルールなどを教育することで店舗の信頼も上がります。規律を守るスタッフが多いと企業全体の雰囲気も良くなり、社会的にも信頼を得ることができます。
挨拶や正しい敬語の使い方などの基本的なマナーを教育することで、接客態度が向上し、顧客がファン化する可能性も高いでしょう。


生産性を高めるため

スタッフ教育でスタッフは業務に活かせる知識やスキルが学べます。業務に関するセミナー受講でスキルを身に付けたり、ビジネスマナー検定などで高度な資格を取得することも可能です。スタッフ1人1人が業務に関する知識やスキルを身につけると作業効率や企業全体の生産性が向上し、業績の向上にも繋がるでしょう。また、スタッフ教育を行うことで組織への帰属意識を高め、目標達成に向け積極的に取り組んでもらえることや早期の離職防止にも繋がります。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる   
資料のダウンロードはこちらから 

 


スタッフ教育を成功させるポイント

	学ぶ女性


スタッフ教育を成功させ、即戦力として成長させるためにはいくつかのポイントがあります。スタッフ教育を成功させるポイントを具体的に解説します。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる   
資料のダウンロードはこちらから 


オリエンテーションを実施する

新人スタッフが入社したタイミングで企業への理解を深めることを目的としたオリエンテーションを実施します。オリエンテーションは、スタッフが業務で成果を出すために企業への理解を深めることを目的としています。
オリエンテーションでは、会社の組織概要・仕事の進め方やルール・会社のビジョンなどを共有することで、仕事への心構えやマインドセットを行うことが可能です。


業務マニュアルを作成する

業務マニュアルを作成することで、作業中に不明点が出てもすぐに解決する事ができ、作業短縮にも繋がります。また、スタッフ指導や引き継ぎなどにも活用できるため、研修の時間を最低限にすることも可能です。マニュアル化することで教育の質を統一させ、スタッフ個々の理解度の差を無くすことができるでしょう。
マニュアルはPDFや紙・動画などで作成する方法があります。それぞれの業務内容に適した方法で制作しましょう。


スタッフの現状の能力を可視化させる

スタッフ教育の進捗を確認するために、スキルチェックシートや学習状況やスキルを可視化するシステムを導入しましょう。スタッフの現状の能力を可視化することで、計画的なスタッフ教育ができます。個人の能力の可視化は、育成・個人目標を立てる際や適材適所に人員を配置できるなど様々な業務に活用できるでしょう。


評価制度を整える

スタッフに業務を任せたきりで、そのままにしてしまうと、仕事への充実感がなくなり成長するきっかけを失うことにも繋がります。スタッフが目標を達成したら報酬を上げる、表彰する、昇進への処遇などの評価制度を作って、スタッフのモチベーションを上げましょう。
また、簡単でも良いのでその都度フィードバックすることを心がけましょう。スタッフには「出来ていないこと」だけではなく「良かった点」をしっかり伝えることが大切です。
適切に評価することでスタッフのモチベーションも向上し、業務効率向上に繋がります。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる   
資料のダウンロードはこちらから 

etudes


スタッフ教育を効率化させるならLMSの活用がおすすめ

	受付の男性と女性

スタッフ教育を成功させるポイントをご紹介しましたが、スタッフ教育をより効率化させるならLMSの活用をお勧めします。LMSはeラーニングシステム(学習管理システム / Learning Management System)のことで、学習教材の配信や教育者が受講内容などを管理することができます。スタッフ教育におけるLMSの活用ポイントを具体的に解説します。

スタッフ教育をeラーニングシステムで効率化する際の、システムの活用について詳しくまとめた、「店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント」の無料ダウンロードもおすすめです。


マニュアル・ナレッジを集約・整理することができる

LMSの活用で、ノウハウやコツなどあらゆる学習施策を集約・整理することが可能です。ノウハウやコツは感覚的な知識のため、データ化することが非常に困難な傾向にあります。しかし、LMSは数あるマニュアルやナレッジをデータ化して集約・整理することができるため、総合的な管理ができます。


研修の受講履歴などが確認できる

LMSはスタッフごとに受講した教材の履歴などが確認できる機能があります。受講者自身で学習の進捗度を確認できるため、どこまで受講したかが明確になり、続きから取り組みやすくなっています。
教育者側も個々の学習状況を確認することが可能なため、エリアごとや店舗ごとの教育施策の成果を比較しやすく、店舗スタッフ育成の可視化がしやすくなります。


受講履歴を分析して教育施策に活用できる

スタッフが学習した進捗状況や目標への達成度などが可視化できるため、個々の学習意欲を高めることができます。一方で成績が優秀なスタッフが受講している教材を分析し、どのような社員がこの教材を使い評価を出しているか明確になるため、必修科目にすることも可能です。
さらに、人事担当者にとっても個別の学習進捗状況が把握できるため、育成成果のばらつきなどの課題が明確になり、1人1人に対して最適な人材育成を実施しやすくなるでしょう。人材育成方針の見直しや研修内容の変更などスタッフ育成への施策に活用することが可能です。


▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる   
資料のダウンロードはこちらから 

etudes


スタッフ教育なら「etudes」にお任せください



引用元:etudes(エチュード)公式サイト


スタッフ育成にLMSを活用するなら、20年の人材育成ノウハウが詰まったetudes(エチュード)をご利用ください。etudesは、初期費用無料で教育をオールインワンでサポートするeラーニングシステムです。マニュアル共有だけでは、業務で得た情報やノウハウを周囲と共有することがなく属人化しやすくなり、業務効率の低下に繋がります。

etudesはスタッフ育成が不十分だとお考えの方や多くの情報共有を行いたい方にお勧めです。また、複数ブランドを持つ企業やフランチャイズ運営など多種多様なスタッフ育成が必要な企業にもお勧めします。


多様な教材形式に対応し、自由にコース作成が可能

スタッフ教育に関する教材は、写真付きなどの業務に関するテキストや接客動画まで多種多様です。etudesの学習教材は自由なコース作成が可能。以下の教材が自由に設定できます。


  • 動画
  • テスト
  • アンケート
  • スライド
  • ワークシートなどの提出物機能
  • URL連携
  • 教材ダウンロード


動画などの教材はアップロードし放題。自社ノウハウやナレッジを簡単にeラーニングに導入できます。テストなどを組み込み資格認定コースを作成し、受講完了した際に修了証発行もできます。

etudesの学習教材の種類は、以下のページからご確認いただけます。
学習教材の種類|LMS・クラウド型eラーニングシステム「etudes(エチュード)


複数ブランドがあっても個別の環境でページ作成が可能

企業の中で複数ブランドを保持している場合、「会社」個別の環境下で無制限にページ作成ができます。会社ごとにIPアドレスを制限し、不正アクセスや情報漏洩を防ぎ、会社同士が相互に閲覧できない仕組みになっています。組織管理設定では、直営店やフランチャイズ・エリア別・店舗別など必要範囲に応じて、各管理者の権限設定が可能なため全国展開の店舗も対応可能。エリアマネージャー・店長など担当に適した権限の設定ができます。


スタッフの入れ替わりにも対応できる料金体系

etudesの導入にかかる費用は、月額費用最大500円(税抜)/IDのみ。毎月ログイン可能なIDの数により価格が決定する仕組みで、1ID・1か月から利用できます。急なスタッフの入れ替わりがあり、受講人数が算出しにくくても対応しやすいシンプルな価格形態です。導入コストが低く、マルチデバイス対応でスマートフォンからもアクセスできるため気軽に活用しやすいでしょう。

 

▼ eラーニングや教育プラットフォームにお困りではございませんか?
初期費用無料・有効IDのみご請求で、最低1ID / 500円で繰り返し実施する研修の効率化ができる   
資料のダウンロードはこちらから 

etudes



まとめ

今回は、スタッフ教育の必要性やスタッフ教育成功のポイント・スタッフ教育におけるLMSの活用について解説しました。LMSの活用は、資料やマニュアルの共有に留まらず、会社として届けたいノウハウ・ナレッジを集約しスタッフに共有することが可能です。スタッフ個々の学習における進捗状況が可視化できるため、スタッフ育成に役立てることもできるでしょう。
etudesは月額のみで導入することができるため、気軽に開始できるのではないでしょうか?スタッフ育成を効率的に行いたい方・教育成果を可視化したい方はぜひ、アルー株式会社にご相談ください。



人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る