catch-img

飲食店のアルバイトを教育する方法|コツやメリットをご紹介

ハードな業務スケジュールとなりがちな飲食店では、なかなかアルバイトの教育を行えないという場合も少なくありません。しかし、eラーニングの活用など、少ない労力で効率的に飲食店のアルバイト教育を実施する方法を知ることで、アルバイトの定着率を向上させ、サービスの質や売上向上につなげることができます。今回は、飲食店でアルバイトを教育する方法とコツ、メリットを見ていきましょう。


▼店舗スタッフの効率的な教育手法とおすすめのツールをご紹介

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


目次[非表示]

  1. 1.飲食店のアルバイトを教育する方法
    1. 1.1.マニュアルの作成
    2. 1.2.研修・教育制度を作る
    3. 1.3.正しく評価される制度を作る
  2. 2.飲食店アルバイトが辞める原因
    1. 2.1.教育不足
    2. 2.2.人手不足
    3. 2.3.人間関係
  3. 3.飲食店アルバイトを教育するメリット
    1. 3.1.業務生産性の向上
    2. 3.2.店舗のサービス向上
    3. 3.3.アルバイトの定着率向上
  4. 4.飲食店アルバイトに教育をするコツ
    1. 4.1.ステップごとに教える
    2. 4.2.企業や店舗の理念・方針を伝える
    3. 4.3.反復して何度も教える
  5. 5.飲食店アルバイトの教育や研修にはeラーニングがおすすめ
    1. 5.1.いつでもどこでも学習が可能
    2. 5.2.入社時期に関わらず教育ができる
    3. 5.3.教育プログラムを何度も使える
    4. 5.4.理解度テストを実施できる
  6. 6.eラーニングで教育をするなら「etudes」がおすすめ
  7. 7.まとめ


飲食店のアルバイトを教育する方法

飲食店を支えるアルバイトスタッフが、存分に能力を発揮し、長期的に労働力を提供する環境を構築するには、アルバイトに対する教育が欠かせません。飲食店のアルバイトスタッフの教育方法には、以下の3つがあります。


  • マニュアルの作成
  • 研修・教育制度を作る
  • 正しく評価される制度を作る


それぞれの教育方法について、詳しく見ていきましょう。


マニュアルの作成

アルバイトに仕事を覚えてもらうためには、分かりやすいマニュアルの作成をすると良いでしょう。マニュアルを作成すれば、自店舗のルールや理念を統一し、サービスの質を一定に保つことも可能です。また、マニュアルがあれば、新しく入ったアルバイトが「何をすればいいかわからない」「覚えられなかったらどうしよう」といった不安を軽減することができます。一度作っておけば何度も同じことを教えなくても済むので、教育担当者の負担も軽減できるでしょう。

マニュアルを作成する際には、写真やイラストなどを使って誰でも分かりやすいマニュアルにしておくことが大切です。さらに、分かりづらいポイントや重要な部分は、動画として残しておくことも良いでしょう。


研修・教育制度を作る

実務に入る前に事前の教育やサポートを行うための研修・教育制度を構築しておくことも、アルバイトスタッフの教育に有効です。研修・教育制度を作るにあたっては、OJT形式で行うのか、eラーニングを活用するのか、教育関連業務の管理運営はどのように行うかなどを、アルバイトを受け入れる前に検討する必要があります。また、制度を新たに導入する場合には、既存の従業員への周知を行い、全面的に新規アルバイトスタッフを支援する体制を作っておくことも重要です。

アルバイト研修にeラーニングを導入する際の流れについては『アルバイト研修にはeラーニングを導入すべき!eラーニングによる研修の流れをご紹介』の記事も御覧ください。


正しく評価される制度を作る

アルバイトスタッフは、勤務日時、シフトが個人によって異なるため、経験値に差が出てしまう、また、経歴によって期待できる労働能力が異なるといった背景があるため、スタッフの評価を行う場合、困難に感じることもあるかもしれません。
しかし、アルバイトスタッフが働くモチベーションを落とさず、個々の能力を存分に発揮するためには、公平に評価を行うための基準や制度は不可欠です。具体的には、各役割で期待される能力や成果、さらに成果に対する評価基準を明確にし、基準と連動した昇給がある場合は、詳細についてあらかじめ明示しておくこと等が挙げられます。


▼店舗スタッフの効率的な教育手法とおすすめのツールをご紹介

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント



飲食店アルバイトが辞める原因

	カフェで働く女性二人

せっかく新規にアルバイトスタッフを獲得しても、すぐに辞めてしまう、という悩みを持つ企業も多いのではないでしょうか。
特に飲食店は離職率が15%と、他業種と比べて高く、スタッフがすぐやめてしまう、新人がなかなか定着しないといった現状があります。
参考:2 産業別の入職と離職 厚生労働省 

アルバイトが辞める環境を作らないためにも、飲食店アルバイトが辞める原因を知っておきましょう。主に、次の3つの観点からご紹介します。


  • 教育不足
  • 人手不足
  • 人間関係


教育不足

アルバイトスタッフの離職の原因の1つは、教育不足が挙げられます。教育が不十分な場合、仕事そのものへの不安が続き、会社への不信感を募らせる原因にもなります。教育制度やシステムの構築を行っておらず、アルバイトの教育を現場に任せきりにしていたり、口頭でのレクチャーのみだと、「なかなか覚えられない」「何をすれば良いかわからない」という不安が残り、アルバイトにとっては日々の勤務がストレスになってしまいます。

また、アルバイトの場合は勤務時間が正社員と比べて短い場合が多く、シフトによって研修の実施内容にばらつきが出てしまう場合もあります。均一な教育を実施できない場合、アルバイトごとに業務の進め方、できる仕事内容にもばらつきが生じます。結果として人員配置がうまくいかない、人員によって運営が安定しないといったことにもつながります。

アルバイトの離職を防ぐためには、必ず教育制度を作成し、どのように十分な内容の研修を進めていくのかを事前に決めておくことが大切です。


人手不足

アルバイトスタッフの離職の原因の2つ目は、人手不足です。人手不足であると、「休みを自由に取れない」「思っていたより勤務時間が増えている」など、アルバイトの働き方そのものに対し不満が増えがちです。アルバイトの場合、本業である学業や育児などとの調整がしにくい場合には、結果として退職を選ばざるをえない場合も多くなります。
人手不足を解消するためには、雇用条件や労働条件を見直すことや、先にあげたように教育制度を導入し、長期勤務を促すことで、極端な人手不足を軽減することができるでしょう。


人間関係

アルバイトスタッフの離職の原因の3つ目は、職場の人間関係だと言われています。業務を教える立場のスタッフの指導経験がない場合、「指示の仕方が高圧的」「指示がわかりにくい」など、業務がスムーズに進まないだけでなく、チームワークや人間関係の悪化にも影響し、離職につながります。チームとして各メンバーの役割を明確にする、教育担当者に育成の方法を教育するなど、教育制度と併せて風通しの良い人間関係が作れる風土を作っていく必要があるでしょう。


▼店舗スタッフの効率的な教育手法とおすすめのツールをご紹介

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


飲食店アルバイトを教育するメリット

労働人口の減少に伴う人手不足が叫ばれる昨今では、飲食店におけるアルバイトが店舗の運営の要となることも少なくありません。手間やコスト、時間を投資しても、飲食店アルバイトをしっかりと教育することは、さまざまなメリットがあります。ここでは、主な3つのメリットをご紹介いたします。


  • 業務生産性の向上
  • 店舗のサービス向上
  • アルバイト人員の定着率向上


業務生産性の向上

アルバイトに教育を施すことは、店舗全体の生産性を向上させることにつながるというメリットがあります。アルバイトが「新しい仕事を覚える」「生産性を向上する工夫ができる」「正しい評価で昇給ができる」という環境にあれば、やりがいを感じながら働くことができます。さらに教育を通じて、個々の能力や役割が明確になり、相互補完ができるチームワークの構築や、チーム内のコミュニケーションを向上させることにもつながるでしょう。


店舗のサービス向上

アルバイトスタッフに必要な研修や教育を行うことで、提供するサービスの質を一定水準に保つことが可能になります。対応するスタッフによって提供するサービスの質に違いが出れば、店舗に対する顧客の不信感に繋がります。また、店舗で起こる様々な状況に応じて、適切な対応を各アルバイトスタッフが均一的に取れることが理想的です。アルバイトスタッフ教育の実施が店舗のサービス品質の基準を保ち、結果として顧客の信頼性を高めることにつながると言えるのではないでしょうか。


アルバイトの定着率向上

適切な教育や研修を実施することで、アルバイトスタッフはスムーズに業務を遂行することができるようになり、成果が出しやすくなります。成果が出れば働くモチベーションを維持向上しやすくなり、結果として長期勤務できる人材育成にもつながるでしょう。特に新規アルバイトスタッフにとって働きやすい環境を最初から提供することは、アルバイトの定着率を向上させることに直結します。教育や研修を通じて既存のアルバイトスタッフや社員とコミュニケーションをとり、仕事への不安を取り除くことができる面でも効果的です。


▼店舗スタッフの効率的な教育手法とおすすめのツールをご紹介

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


飲食店アルバイトに教育をするコツ

キッチンスタッフをする女性

飲食店のアルバイトスタッフへの教育の重要性を理解していても、現場に任せきりだったり、今までの研修内容を使いまわしているだけでは、適切な教育効果を望めません。教育における以下の3つのポイントをおさえて、効率的・効果的な教育を目指しましょう。


  • ステップごとに教える
  • 企業や店舗の理念・方針を伝える
  • 反復して何度も教える


ステップごとに教える

飲食店アルバイトの教育の基本は、ステップごとに教えることです。段階的に教育を行うことで、新人アルバイトであっても目標を達成しやすいことから、達成感を得やすくなるほか、ステップを細分化することで、仕事や働き方の構造の理解がしやすくなるという効果が得られます。業務の内容や店舗によって、どのようなステップに分けるかは異なりますが、知識獲得から始めて、ロールプレイングの実施、最終的に実践的に接客をするといったように、一人で実務を遂行できることをゴールとするのが一般的ではないでしょうか。


企業や店舗の理念・方針を伝える

働き方の基準やルールを示すだけでなく、目的意識や目標達成について共通の価値観を持ってもらうためには企業や店舗の経営理念や方針、ビジョンを共有しておくことが非常に有効です。店舗スタッフの全員が同じ理念や目標で働くことで、連携がとりやすくなり、仕事のモチベーションを向上させる効果が期待できます。特に、初期段階でこれらを伝えておくことでアルバイトは仕事の目的、意義を掴みやすくなるため、研修が効率的になるだけでなく、実務へスムーズに入りやすくなります。


反復して何度も教える

短い勤務時間の中で行うアルバイトへの研修の場合、何度も説明する時間を取ることが難しい場合がありますが、反復することは知識定着のために大切なポイントになるため、なるべくまとまった時間を取った後に細かい時間区切りで何度か教えるなど、知識定着のために工夫が必要になるでしょう。十分な説明がないまま、1回でできなかったことをアルバイトの責任にしたりすることはアルバイトの意欲低下を招いてしまいます。教育担当者だけではなく、スタッフ同士でも理解が進まない箇所を新人であっても尋ねやすい環境を整えておくことも重要です。


▼店舗スタッフの効率的な教育手法とおすすめのツールをご紹介

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


飲食店アルバイトの教育や研修にはeラーニングがおすすめ

人員や時間が限られた飲食店においてはアルバイト教育や研修などの実施そのものや、そもそも実施のための教育環境を整えることができないという場合も少なくありません。そういった場合でも飲食店アルバイトの教育を簡単に実施することができるのがeラーニングの導入です。eラーニングを用いた教育には、次のようなメリットがあります。


  • いつでもどこでも学習が可能
  • 入社時期に関わらず教育ができる
  • 教育プログラムを何度も使える
  • 理解度テストを実施できる


いつでもどこでも学習が可能

eラーニングの最大のメリットの1つとして、インターネット環境さえあれば、時間や場所を問わずに学習が可能になることが挙げられます。従来型の集合研修とは異なり、eラーニングであれば、研修日時を調整したり、研修会場を用意したりする必要はなく、研修管理工数も教育コストも削減することが可能です。eラーニングを業務時間に含めるなど、一定のルールを定めておくことは必須になりますが、各アルバイトが個々に学習できる点は大きな利点ではないでしょうか。


入社時期に関わらず教育ができる

アルバイトスタッフは入社時期や採用時期がそれぞれ異なることが多く、一括で研修を実施することが困難ですが、eラーニングで研修や教育を行えば、研修期間を個々人で調整できるため、よりスムーズに教育をすることができます。また、前職で飲食店の勤務経験がある人材には簡易的に、初めてアルバイトをする人にはビジネスマナーから、といったように、能力や経験に応じて研修内容を変えられるところもポイントです。


教育プログラムを何度も使える

eラーニングの場合、知識や接客マニュアル、ロールプレイングの動画などの教育に必要なコンテンツをeラーニングシステム上で保存することができるため、教育プログラムを何度も使うことができるというメリットがあります。また、人材に合わせて教材の組み合わせを変えることもでき、個々の能力に応じたプログラムを組み立てやすくなります。アップロードしている資料の内容の更新や新規追加がある場合でも、資料の差し替えが簡単で、教育プログラムをシステムで一元管理することができます。


理解度テストを実施できる

eラーニングを使って教育する場合は、個々の理解度をテスト形式で測ることも可能です。また、個々の理解度に応じて反復学習がしやすくなります。実務の中で知識不足が見られる場合にも、テストを実施すれば具体的に知識不足のポイントが明確になるだけでなく、eラーニングであれば必要な個所に絞って簡単に復習することができます。インプットとアウトプットがしやすく、アルバイトスタッフは効率的に知識を得るだけでなく、自身の理解度についても把握しやすくなります。


▼店舗スタッフの効率的な教育手法とおすすめのツールをご紹介

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


eラーニングで教育をするなら「etudes」がおすすめ

	etudesウェブ画面

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

実際にeラーニングでアルバイトスタッフの教育を行うといっても、管理面やコスト面から実施に踏み切れないことも少なくないのではないでしょうか。eラーニングシステムとして必要な機能が標準装備されたetudesの場合、初期費用0円、1ユーザー最大500円、1名からでも導入が可能です。教育に必要なマニュアル、eラーニング教材の管理はもちろん、動画などのコンテンツも簡単にアップロードすることができます。
研修の受講者履歴管理もシステムで一元管理できるので、個々のアルバイトスタッフの学習進捗、動画視聴履歴、テスト結果といった情報も管理画面で閲覧し、一括で管理することが可能です。


▼店舗スタッフの効率的な教育手法とおすすめのツールをご紹介

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント


まとめ

アルバイト教育・研修には、マニュアルを作成したり、教育制度や公正な評価システムを作ったりする必要があります。また、実際の教育では、段階的に行うことや、反復学習の環境を整えること、経営理念や方針を共有しておくことがポイントです。そのうえでeラーニングシステムを導入・活用することで、アルバイトへの教育スピードを早めたり、効率的に教育を行うことができるでしょう。


▼店舗スタッフの効率的な教育手法とおすすめのツールをご紹介

店舗スタッフ育成でのLMS活用のポイント








人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気のお役立ち資料

LMS選定中の方へおすすめ

LMS選定で考えるべきポイント6

etudesの特徴がすぐわかる

etudes資料2点セット

eラーニング販売をご検討中の方向け

eラーニングビジネスをはじめたい方向け

おすすめセミナー

人気記事ランキング

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る