catch-img

研修の種類と手法一覧|種類ごとの特徴と研修内容の選び方を解説

研修にはさまざまな種類や手法があり、近年では複数の研修形態やテーマを組み合わせて研修を行う企業も少なくありません。
しかし、むやみに研修を行っても適切な教育効果は得られない可能性があります。
より効果的な研修を実現するためには、適切な研修を選び、ポイントを踏まえて研修することが大切です。
この記事では、研修の種類や手法のほか、研修の特徴や選ぶ際のポイントなどを解説します。


▼研修運営業務をシステムを使って効率化した事例はこちらから

学習習管理システム(LMS)で効率化を実現した事例3選


目次[非表示]

  1. 1.研修の種類
    1. 1.1.階層別研修
      1. 1.1.1.新入社員向け研修
      2. 1.1.2.リーダー・中堅社員向け研修
      3. 1.1.3.管理職研修
    2. 1.2.テーマ別研修
      1. 1.2.1.ロジカルシンキング研修
      2. 1.2.2.コンプライアンス研修
      3. 1.2.3.キャリア研修
      4. 1.2.4.コミュニケーション研修
    3. 1.3.職種別研修
      1. 1.3.1.営業向け研修
      2. 1.3.2.事務職向け研修
  2. 2.研修実施手法の種類
    1. 2.1.Off-JT
    2. 2.2.OJT
    3. 2.3.eラーニング
    4. 2.4.オンライン研修
  3. 3.研修内容・種類を選ぶポイント
    1. 3.1.自社の課題に沿った内容にする
    2. 3.2.働き方に合わせた手法にする
    3. 3.3.ブレンディッドラーニングも有効
  4. 4.研修の管理・eラーニングなら「etudes」
  5. 5.まとめ


研修の種類

研修の種類は、代表的な分類がいくつかありますが、ここではよくある3つの区分をご紹介いたします。

研修の種類

細区分

階層別研修

新入社員向け、リーダー・中堅社員向け研修、管理職向け等

テーマ別研修

コンプライアンス、ロジカルシンキング、キャリア形成等

職種別研修

営業向け、事務職向け等

研修の種類によって、さまざまな学習効果が得られます。
それぞれの特徴を知り、自社の研修の効果を最大化しましょう。


階層別研修

階層別研修は、新入社員や中堅社員、管理職といった階層に分けて、それぞれの階層に必要な研修を施す手法です。
目的や内容、ゴールなどが設定しやすく、学習モチベーションを維持向上させやすいという利点があります。
また、それぞれの階層レベルに合致した適切な研修を学習すべきタイミングで受けることができるため、学習効果が見込みやすい研修方法といえるでしょう。
さらには、階層を細分化することで研修受講者それぞれのニーズに細かく対応できるというメリットもあります。


新入社員向け研修

新入社員向けの研修は、学生から社会人へと意識の転換をさせるポイントといえます。
広汎的なビジネスマナー、業務遂行におけるマインドセットなど、会社で働くための最低限の知識を一通り身につける機会でもあり、有能な人材となる基盤を整えるうえでも重要です。
また、慣れない業務やストレスに対処するためのセルフマネジメント能力を培う場であったり、ほかの社員とのコミュニケーションの場となったりするため、新入社員を育成するためには欠かせない研修といえます。


リーダー・中堅社員向け研修

リーダー・中堅社員には、より専門的なスキルの習得のための学習はもちろんのこと、ほかの社員との連携やマネジメント能力の習得も欠かせません。
リーダー・中堅社員の研修では、自身のマインドセット、会社や自部門への理解、周囲を巻き込んで仕事を推進するための適切なコミュニケーションなど幅広いテーマを扱う必要があります。
また、リーダー向けの研修ではリーダーシップの発揮や、チームでの業務遂行に関するスキルも研修を通じて身につけておくと良いでしょう。


管理職研修

管理職には、業務の専門的な知識やスキルはもちろん、より高次元なリーダーシップやマネジメント能力も求められます。
また、管理職自身がプレイヤーからマネージャーとしての意識の変革を行う機会を得ることも不可欠です。
管理職向けの研修では、こういったレベルの高い教育を実施する必要があります。
それに加えて、人事考課関連の知識やこれからのビジネスに必要なデータサイエンスの知識なども管理職向けの研修で補うことができると良いでしょう。


テーマ別研修

テーマ別研修は、伸ばしたいスキルに着目してテーマを設け、そのテーマに基づいて実施するものです。
研修の内容が決定しやすく、学習者が1つのテーマのスキルを集中して伸ばすことが可能になるというメリットがあり、社員一人一人の補いたいスキルに対応しやすいのもポイントです。


ロジカルシンキング研修

物事を正確に捉え、目的に応じて分かりやすく他者に伝達するためには欠かせないロジカルシンキングに焦点を当てて、研修を実施することができます。
思考方法の学習はもちろん、ロジカルシンキングの実践やテスト、反復演習を組み込むことで、より実践的な研修になるでしょう。
そのほかにも、データ分析や定量的思考、ロジカルコミュニケーションなど、ロジカルシンキングに関連したビジネスに活かせる知識を習得できる研修の導入も効果的です。


コンプライアンス研修

企業に欠かせないコンプライアンスについて幅広く学ぶ研修です。
様々な状況でのハラスメントについて学習したり、情報の取り扱いをはじめ、実務の中で求められる法令遵守についての知識を身につける場として、どの社員にも非常に重要な研修といえます。
コンプライアンス研修においては、具体的な例で学習し、レポートなどの課題と組み合わせて研修を行うことで、さらに社員のコンプライアンス意識を高めることが可能になるでしょう。


キャリア研修

キャリア研修は、これまでの業務を通してキャリアを自己決定するための手法を習得したり、より具体的なキャリアイメージを構築できるようになったりすることを目標に行われます。
階層別ではなく、テーマ別研修として行うことで、社員の属性や個人間で異なるキャリアの課題を解決し得る点が特長です。
また、キャリアの展望や課題は、時間の経過によって変わる可能性があり、そうした変化にも柔軟に対応することができるのもメリットの1つです。


コミュニケーション研修

コミュニケーションスキルの習得は、上司や部下、同僚、チームメンバーなどとの関係性を構築したり、取引先との交渉を円滑にしたりするうえで欠かせません。
コミュニケーション研修では、アサーティブコミュニケーションなどといったコミュニケーションのための基本的な知識の習得からミーティングのファシリテーションスキルや、状況に合わせた適切なネゴシエーションスキルまで、広く深く学習できる点がメリットです。
グローバルな場やテレワークでも使えるコミュニケーションなど、近年の傾向を反映した研修も有効になります。


職種別研修

職種別研修は、営業担当であれば営業に必要な知識を、事務職であれば事務職に必須のスキルを身につけるための研修です。
職種に応じて専門性の高いスキルを集中的に学ぶことができるため、実際の業務に学習を活かしやすく、社員の専門性を高めることが可能になるというメリットがあります。


営業向け研修

営業担当者は必然的に対人の仕事が多くなるため、コミュニケーションの知識や交渉の手法を身につけておくことが重要になります。
さらに市場理解や競合理解、顧客開拓などの知識も必要です。
営業向けスキル研修としてはプレゼンテーション研修、コミュニケーションスキル研修、マーケティング研修などが挙げられますが、いずれの場合にも座学だけではなく、実践的な練習やテストが必要になるため、ある程度アクティブな研修内容とする必要があるでしょう。


事務職向け研修

事務職にはさまざまな業務内容がありますが、基本的なビジネス文書の作成方法や文書作成ソフトの活用方法、電話応対スキル等が必要になります。
社内や社外の人と関わり、業務を円滑に進めるうえで必要なコミュニケーションスキルも併せて習得できるとよいでしょう。


▼研修運営業務をシステムを使って効率化した事例はこちらから

学習習管理システム(LMS)で効率化を実現した事例3選


研修実施手法の種類

真剣に話を聞く男性

研修を行うにあたって、研修の種類を選定することと同様に研修を実施するための手法を正しく選定することも重要になります。

研修の実施手法の種類には、主に以下の4つがあります。


  • Off-JT
  • OJT
  • eラーニング
  • オンライン研修


それぞれの研修の手法には、メリット・デメリットの両方があります。
研修の手法の特徴を知って、より効果的な研修を目指しましょう。


Off-JT

Off-JT(Off the Job Training)とは、座学を中心に専門的な知識の習得を目指して行われるものです。
主に、職場から離れた場所で研修や学習が行われることが多く、OJTでは指導しにくい分野の学習を進めることができます。
Off-JTでは、研修を実施する間は業務が中断されてしまったり、会場費等の研修関連コストがかかってしまうといったことがデメリットになります。
一方で、集中的に研修を行うことができたり、知識の習得漏れを防いだり、コミュニケーションの場を提供できるといったメリットも存在します。


OJT

OJT(On the Job Training)は、研修対象者の上司やチームリーダーが指導役となり、実際の現場で働きながら必要な知識やスキルを習得するスタイルの研修です。
実践的な研修環境で、業務に対するフィードバックがすぐにもらえたり、上司との関係性を早期から構築できたりするという点がメリットになります。
しかし、「指導役の業務の負担が増える」や「研修が属人化され、研修内容に差が出てしまう」、「現場の業務以外で必要な知識が得られない」といったデメリットがあることに注意しましょう。


eラーニング

eラーニングは、学習管理システムであるLMS(Learning Management System)を用いて、動画や資料などの教育コンテンツを配信し、研修受講者各人で学習を進める研修形態です。
会議室やオンライン会議に集まって実施する集合研修と異なり、講師に質問がしにくい、他の受講者の考えや意見を知ることが難しいというデメリットはあるものの、学習に際して場所的・時間的制約がないため、学びたいと思った時に学ぶことができる、業務の隙間時間を活用できるという特徴があります。
また、従来型の研修と比べ大幅なコスト削減を見込むことができることや、自社ノウハウをデジタル化して蓄積できることなど、さまざまなメリットを享受することができます。


オンライン研修

オンライン研修は、オンライン会議ツールを用いて、リアルタイムに研修を行うスタイルです。対面形式のOff-JTと同様に、オンライン上で講義やグループディスカッションを行います。
対面形式では、他のグループの会話が自然と耳に入ってきて、思わぬアイデアを得たり、コミュニケーションがうまれたりするメリットがあります。オンライン研修ではそのようなメリットが享受できない代わりに、チャット機能を活用して効率的に受講者の意見を可視化したり、講師がチャットを多数拾ってコメントすることで、受講者はさらに知見を深められるメリットがあります。リアルタイムという性質上、時間的制約があることや受講者全員にインターネット環境が必要になることに留意しましょう。


▼研修運営業務をシステムを使って効率化した事例はこちらから

学習習管理システム(LMS)で効率化を実現した事例3選


研修内容・種類を選ぶポイント

非常に多くの研修内容や種類があります。
効果的・効率的な研修を行うためには、研修内容・種類を選ぶポイントを押さえておきましょう。

具体的には、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。


  • 自社の課題に沿った内容を選ぶ
  • 働き方に合わせた手法をとる
  • ブレンディッドラーニングの活用も検討する


自社の課題に沿った内容にする

研修をより効果的にするには、研修の内容を自社の課題に沿ったものにすることが重要です。
そのためには、まず自社の課題を見つけることが必要になります。
課題を洗い出したら、それに対する改善策や解決策を挙げておきましょう。
そのうえで、導き出された解決策・改善策を実施し得る研修内容を選ぶことによって、より意義のある研修を実施することができ、自社の課題も解決することが可能になります。
課題に沿っていない場合、研修そのものが無駄になってしまいかねません。


働き方に合わせた手法にする

研修受講者の働き方に合わせた研修手法を選択することもポイントの一つです。
たとえば、リモートワークが多い場合ならオンライン研修やeラーニングを取り入れることで、適切に研修機会を提供することができます。
また、全国に受講者が散らばっている、オンライン研修が実施できる環境がないなど、受講者が置かれている環境がさまざまになることもあります。場合によっては、オンラインと対面式のハイブリッドで行う研修手法を選択することも有効です。


ブレンディッドラーニングも有効

ブレンディッドラーニングとは、複数の学習手法を組み合わせて行う学習方法の1つです。
組み合わせ例としては、オンラインとオフラインであったり、テキスト資料と動画コンテンツであったりと、非常に多岐にわたります。
ブレンディッドラーニングのメリットは、高い学習効果を見込むことができる点です。
たとえば、動画で分かりにくかった部分をテキストで再度学習することで、不足していた知識を補うことができるほか、集合研修では学習しきれなかった点をオンライン上の教材で復習できるなど、研修受講者の学習水準を底上げすることが可能になります。


▼研修運営業務をシステムを使って効率化した事例はこちらから

学習習管理システム(LMS)で効率化を実現した事例3選


研修の管理・eラーニングなら「etudes」

ノートにメモする手元

「研修をするにも、管理が煩雑」や「eラーニングを導入したいけど、どのツールが最適かわからない」といった悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。
そういったお悩みは、研修管理に必要な機能が搭載されたLMS「etudes」1つで解決できます。
etudesでは、eラーニングの実施・管理はもちろん、集合研修やオンライン研修に対応し、出欠状況や受講状況を一元管理することが可能です。
また、オリジナル教材の配信機能や教材作成支援の体制も完備し、研修関連業務をトータルでサポートいたします。


▼研修運営業務をシステムを使って効率化した事例はこちらから

学習習管理システム(LMS)で効率化を実現した事例3選


まとめ

研修は目的や対象に応じて多くの種類があります。提供する手法も様々です。
自社の課題を解決し得る研修を選定し、適切に管理・実施することで、研修はより効果的かつ効率的に行えるようになるでしょう。
研修の管理やeラーニングによる研修をご検討の際には、ぜひLMS「etudes」をご用命ください。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気記事ランキング

おすすめセミナー

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る