catch-img

おすすめのeラーニングサービスは?目的別の選び方を紹介

自社の研修や学習をeラーニング化するなら、eラーニングサービスが提供するeラーニングシステムを導入しましょう。

eラーニング教材を配信するだけではなく、学習管理の効率化やコスト軽減など、いろいろなメリットを期待できます。

まずは、「eラーニングとはそもそも何?」「どのようなメリットや選び方があるの?」といった基本的な疑問を解決しましょう。

今回は、eラーニングサービスについて詳しく紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.そもそもeラーニングって何?
    1. 1.1.今までの集合型研修との違い
  2. 2.eラーニングの歴史
  3. 3.eラーニングの基本的な機能
    1. 3.1.受講者情報管理
    2. 3.2.講座・進捗管理
    3. 3.3.eラーニング教材の配信
  4. 4.eラーニングサービスが注目される理由
  5. 5.eラーニングを取り入れるメリット
    1. 5.1.効率的に学習できる
    2. 5.2.受講者情報や進捗の管理がしやすい
    3. 5.3.コストを抑えられる
  6. 6.eラーニングサービスを取り入れるデメリットは?
  7. 7.eラーニングサービスの導入で失敗しないポイント
    1. 7.1.活用方法に合わせて運用の仕方を検討する
    2. 7.2.習得したい内容に合わせて教材を選ぶ
    3. 7.3.事前に予算をチェックしておく
  8. 8.【目的別に紹介】eラーニングサービスの選び方は?
    1. 8.1.企業の研修・人材育成に活用したい
    2. 8.2.大学のオンライン授業に使いたい
    3. 8.3.自社の素材を活かして教材を作成したい
    4. 8.4.自社ですぐに活用できるサービスを利用したい
    5. 8.5.営業担当などが外出先からも確認できるようにしたい
  9. 9.eラーニングシステムの導入までの流れ
  10. 10.eラーニングシステムの導入成功事例
  11. 11.eラーニングサービスならetudesがおすすめ
  12. 12.まとめ

そもそもeラーニングって何?

eラーニングとは、インターネットを活用した学習方法です。サーバーに保存した動画などの教材を配信して、タブレットやパソコン、スマートフォンなどを使用し受講します。

eラーニングを利用すれば、受講者は好きな時間や場所で学習が行う事が可能で、モチベーションが高いうちに勉強ができます。

ただ、利用するにはインターネットが必要になるため、Wi-Fiやインターネット回線などの整備が必要です。当然、パソコンなどのデバイスも必須となります。


今までの集合型研修との違い

eラーニングを導入することで、いつでも・どこでも・何度でも研修が受けられるようになりました。

これによって、従来の集合型研修から以下のような変化があります。

  • 研修を行うための場所の確保が不要になった
  • 研修実施日のために社員全員のスケジュールを調整する必要がなくなった
  • 受講者全員が同じクオリティの講習を受けられるようになった
  • 毎年行う研修は同じeラーニング教材を繰り返し使えるようになった

eラーニング導入によるメリットは、後ほど詳しく説明いたします。


eラーニングの歴史

eラーニングの発端は、1950年代までさかのぼります。当時、コンピューターは一般化していませんでした。そのため、コンピューターを利用した学習自体、注目度は高くなかったのです。

その後の1990年代中期に、マイクロソフトWindowsが登場します。コンピューターの利用が徐々に普及した2000年代に、本格的にeラーニングのシステムが普及するようになっていきます。

2010年代にはタブレットやスマートフォンも一般化し、電子機器が会社だけでなく広く身近なものとなったため、eラーニングを導入する会社も増えるようになっていき、現在に至ります。


eラーニングの基本的な機能

LMSのイメージ

はじめに、eラーニングを配信・管理するプラットフォームとなる「eラーニングシステム」にはどのような機能があるのか、知っておきましょう。

基本的な機能としては以下の3つが挙げられます。

  • 受講者情報管理
  • 講座・進捗管理
  • eラーニング教材の配信

以下にて、詳しく見ていきましょう。


受講者情報管理

eラーニングは、「LMS」というシステムと併用して運用が行われる事が多くあります。LMSでは、

  • 受講者の所属管理
  • 成績情報の管理・蓄積
  • 提出物の管理・蓄積
  • 受講履歴の管理・蓄積

このように、さまざまな受講者情報を効率的に管理できます。

社員の能力を可視化して、習得してもらうスキルを選択する事もできるため、eラーニングによって自社に合わせた人材育成を行えます。


講座・進捗管理

講座(コース)の管理を行うこともできます。eラーニングには、標準でさまざまな講座を取り揃えているものが多くあり、セットプランやテーマ別で自由にカスタマイズが可能です。

必要な講座を導入することによって、効果的にeラーニング学習が実施できるでしょう。

また、受講者の学習状態の進捗を把握して、受講者一人ひとりの苦手な分野を知る事もできます。学習の進捗が遅れている人に対して、適切なサポートができます。


eラーニング教材の配信

受講者に向けて、eラーニング教材を配信する工程もeラーニングシステム上で行うことができます。

受講者一人ひとりに向けてメールを作成して送信するといった手間はかかりません。先述の通り、eラーニングシステム上に受講者情報が登録できるため、「営業部全員にこの教材を配信」と設定するだけで自動で配信されます。

このようなeラーニングの学習を管理するシステムは、単独では「LMS(学習管理システム)」とも呼称されます。


eラーニングサービスが注目される理由

eラーニングサービスが企業から注目を集めているのは、社内業務のDX化の推進と、在宅勤務の普及が背景にあります。元々は新型コロナウイルス感染拡大防止措置として在宅勤務は一般化しましたが、今や当たり前の働き方となりつつあります。

社員全員がオフィスに勤務していない状況でも、全員が均等に研修を受けられるよう、多くの企業がeラーニングサービスによるeラーニング研修の導入を選んでいます。

また、オンライン上で社員研修を行えるeラーニングサービスは、無駄なコストを削減し効率を高める事にもつながります。

特に社員の多い企業であれば、集合研修を行おうとした時、研修場所の確保だけでも難しい場合があります。オンラインであれば、人数に関係なく参加ができるため、新たな研修の方法として導入を検討している企業も増加しているのです。


eラーニングを取り入れるメリット

社員研修のeラーニング化を検討しているなら、どのようなメリットがあるのかを把握しておくのがいいでしょう。eラーニングを取り入れるメリットには以下の3つがあります。

  • 効率的に学習できる
  • 受講者情報や進捗の管理がしやすい
  • コストを抑えられる

以下にて詳しく見ていきましょう。


効率的に学習できる

まず、オンライン上で研修を受講するため、場所にこだわる必要がありません。さらに、研修に必要な内容を動画コンテンツとして残しておくと、受講者は好きな時間に復習や学習を行えるため、自分に必要な学習ができます。

一度システムを構築すれば、毎年同じ研修を行う際に、eラーニング教材を繰り返し利用することができます。

管理者にとっては無駄な研修業務が削減され、受講者にとってはムラのない学習ができます。どちらにとっても、eラーニング導入によって効率化すると言えるでしょう。


受講者情報や進捗の管理がしやすい

eラーニングを配信するeラーニングシステムはLMSと同等の機能が備わっているため、受講者情報や進捗の管理も行いやすいです。

eラーニングシステムでは、受講者の学習進捗状況をグラフや数字などで可視化できます。また、受講者一人ひとりがどの研修を受けたか、受けていないかも把握できます。

さらに、テストの結果をもとにして各受講者の必要な学習についてピンポイントでアドバイスもできるため、苦手な分野の克服も狙えます。

的確なフィードバックにより、学習意欲の向上につなげる事ができるでしょう。


コストを抑えられる

eラーニングは、研修のための講習をオンライン上で行うため、当然、研修用の場所を確保する必要がなくなります。これによって、場所代や講師代といったコストを抑えられます。

また、講座や教材の内容を更新する時も、eラーニングであれば簡単に教材の修正ができるのです。集合研修であれば、紙の教材を印刷し直さなければならない場面でも、eラーニングならシステム上で内容の更新をするだけで完了します。印刷によってかかるコストだけでなく、教材をまとめる人件費も削減できるでしょう。

企業として、さらなる研修実施の必要性を感じながらも出費をなるべく抑えたいなら、eラーニングの導入がおすすめです。


eラーニングサービスを取り入れるデメリットは?

このようにeラーニングサービスにはメリットもありますが、当然デメリットもあります。導入前に、メリット・デメリットの両方を把握しておくことが大事です。

eラーニングサービスのデメリットは、大きく分けて以下の2点です。

  • 学習環境の整備が必要
  • 実技研修には不向き

eラーニングによる研修には、インターネット環境が必須となります。必要に応じて、従業員のWi-Fi設備の整備や、タブレットやパソコンの配布が必要になります。そのため、企業によっては準備するだけで出費が大きくなることも考えられます。

また、インターネットを使用し受講を行う特性上、実技を伴う研修を実施するのは難しいでしょう。実際に手を動かす作業や機械の操作をレクチャーする場合は、eラーニングと集合研修を上手く組み合わせて研修を行うことをおすすめします。


eラーニングサービスの導入で失敗しないポイント


眼鏡と鉛筆とノート

社員研修としてeラーニングサービスの導入を考えているなら、失敗しないためのポイントを把握しておくようにしましょう。

eラーニングの導入にもリスクはあるため、しっかりポイントを理解しておく事が研修を成功させる秘訣となります。

  • 活用方法に合わせて運用の仕方を検討する
  • 習得したい内容に合わせて教材を選ぶ
  • 事前に予算をチェックしておく

eラーニングの導入の際は以上の点を考慮して行うようにしましょう。

各項目について、詳しく紹介していきます。


活用方法に合わせて運用の仕方を検討する

eラーニング運用にかかせない「eラーニングシステム・LMS」は、

  • オンプレミス型
  • クラウド型

の2つがあり、それぞれ特徴が違います。オンプレミス型は自社の社内サーバーにLMSを構築する方法であり、比較的簡単にカスタマイズができます。セキュリティについても自社の基準で設定することが可能です。

一方、クラウド型は自社内にサーバーを持たずに、仮想環境上に自社専用のサイトを構築する方法です。現在一般的なのは、クラウド型となっています。

それぞれコストやセキュリティ面で違いがあるので、自社に合わせた方法を考えましょう。


習得したい内容に合わせて教材を選ぶ

eラーニングサービスによっては、豊富な講座や教材が既存コンテンツとして用意されている場合があります。たとえば、新人研修でeラーニングを導入しようとしている場合、新人研修に関わる教材が豊富にあるeラーニングサービスを検討するようにしましょう。

既に配信したい教材内容がある程度決まっている場合は、既存コンテンツを利用した方が効率的です。研修教材作成のプロが作成した教材は高品質であり、多くの企業で配信できるように設計されています。

教材内容が特殊であったり、自社サービスに特化したノウハウをeラーニング化させたい場合は、専門のコンサルタントが開発支援をしてくれるベンダーや、eラーニング教材作成の実績が多いベンダーを選択するようにしましょう。


事前に予算をチェックしておく

eラーニングの導入は予算の確認もしておくべきです。eラーニングの導入にかかる費用は大まかに以下のようなものがあります。

  • eラーニングサービス初期費用
  • サーバー構築費
  • 教材費
  • ID数に応じた利用費
  • eラーニングサービス月額利用料
  • インターネットの整備費用
  • インターネットメンテナンス費用

 事前にどれくらいの費用がかかるか確認しておかないと、途中で予算オーバーとなって導入が中止となる事態にもなりかねません。


【目的別に紹介】eラーニングサービスの選び方は?

eラーニングの導入を考えているなら、サービスの選び方についても確認しておきましょう。

eラーニングコンテンツにもいろいろな種類があるため、目的に合ったサービスでなければ、期待した成果を得られない場合もあります。

ここでは、目的別にeラーニングサービスの選び方をご紹介していきます。

  • 企業の研修・人材育成に活用したい
  • 大学のオンライン授業に使いたい
  • 自社の素材を生かして教材を作成したい
  • 自社ですぐに活用できるサービスを利用したい
  • 営業担当などが外出先からも確認できるようにしたい

一つずつ、詳しく解説していきます。


企業の研修・人材育成に活用したい

企業の研修や人材育成に力を入れたいなら、eラーニングサービスに以下の機能が備わっているかを確認しましょう。

  • 受講状況の管理機能がわかりやすい
  • URL連携機能が付いている

受講状況が管理できれば従業員の能力や研修の成果を可視化できるため、必要に応じて的確なアドバイスができます。研修を意欲的に受講している従業員に対して、正しく人事評価をすることも可能となります。

さらに、URL連携機能を用いて、Zoom等のオンライン会議ツールと連携させることで、ビデオ通話で受講者とオンライン上で対面し、より詳細なコミュニケーションも取れるため、より効果的な人材育成の場としての活用が期待できます。


大学のオンライン授業に使いたい

大学のオンライン授業であれば、

  • 大規模なユーザー数でも使用できるか
  • webテストが実施できるか

を確認しましょう。大学の授業だと一度に大人数が利用することが予想されるため、大量のアクセスが集中してもサーバーが安定するのか確認すべきです。

また、eラーニング受講後に理解度をチェックできる「小テスト機能」がついているeラーニングシステムならなお良いでしょう。小テストがあることを前提として受講してもらうことで、より学習に集中できるはずです。


自社の素材を活かして教材を作成したい

自社の素材を活かして教材作成をしたい場合は、オリジナルの教材作成ができるeラーニングシステムかどうかに着目して選びます。

eラーニングサービスによっては、紙媒体やpdf、パワーポイントなどで作られた既存の自社研修素材も、プロのアドバイスを受けながらeラーニング化することが可能です。

「今まで行ってきた研修の内容はそのままで、eラーニング化したい」という要望に応えることができます。


自社ですぐに活用できるサービスを利用したい

すぐサービスを活用したい場合は、eラーニングの既存教材が充実しているものを選択しましょう。多くのeラーニングサービスには配信用の教材が用意されていますが、ベンダーによってその内容はさまざまです。

活用できる教材数が多いほどすぐにeラーニングを実施することができるため、充実度の高さで探してみましょう。

また、導入スピードを重視しているなら「クラウド型」のサービスを選ぶことをおすすめします。


営業担当などが外出先からも確認できるようにしたい

営業担当者が外出先で研修を受けたり、受講状況などを確認できるようにしたいなら、「マルチデバイス」に対応しているeラーニングサービスを選択しましょう。

マルチデバイスとは、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットでも品質を落とさずにeラーニングが受けられる機能のことです。

マルチデバイスに対応していれば、外出や出張が多い部署の社員でも周囲に遅れることなく研修を受けることができます。

eラーニングシステムの導入までの流れ

しゃべる男女

実際にeラーニングシステムを導入するとなると、どのような段階を踏んで進んでいくのか、流れを知っておくとスムーズでしょう。

eラーニングシステムの導入までの大まかな流れは、以下になります。

  • 自社でeラーニングを導入する目的を明確にする
  • eラーニングサービスの比較・検討
  • 発注するベンダーを決定
  • 費用やシステム、プランを決定
  • 契約を締結

その後はLMSを使用して環境構築を行い、教材作成や受講者データの登録を行っていきます。

環境構築後、サイトにデータを登録して、マニュアルの作成などの運用設計を行い、運用開始となります。


eラーニングシステムの導入成功事例

eラーニングシステムを導入し、成果を上げた企業の事例をご紹介いたします。

アルー株式会社が人材育成ノウハウを集結して開発したeラーニングシステム「etudes(

エチュード)」を導入した株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ様の事例です。

日本最大級の規模と伝統を誇る百貨店グループのナレッジを活かした人事領域のトータルコンサルティングサービスを行う同社は、日本全国にいる派遣登録者への教育ツールとしてetudesを導入しました。

これまで、集合研修を行うこともありましたが、やはり受講者に遠方から来てもらうことのハードルが高く、交通費などのコストも発生していました。

eラーニングシステム「etudes」の導入によって全国の受講者が漏れなく研修を受けられるようになっただけではなく、パソコンに限らずスマホでも受講できることで学習のしやすさもアップしました。

法改正や新しい国家資格にも、eラーニングシステムだからこそ迅速に対応できるという点でもetudes導入による効果がみられます。

出典元:etudes導入実績


eラーニングサービスならetudesがおすすめ


etudes

引用元:etudes(エチュード)公式サイト


etudes(エチュード)は、先ほどの導入事例に限らず多くの大手企業や省庁にも導入されている、クラウド型eラーニングシステムです。

豊富な学習教材を揃えており、オリジナル教材の作成サポートも充実しています。自社にとってベストな方法でのeラーニング教材作成を、プロの目線で提案いたします。

また、LMS機能も備わっており、直感的でわかりやすいUI/UXが特徴です。初めてのeラーニングシステム運用も、etudesなら安心でしょう。

受講者にとっても管理者にとっても、全ての利用者にやさしいeラーニングシステムであることがetudesの強みです。


まとめ

eラーニングサービスが提供するeラーニングシステムについて詳しく解説いたしました。

用途や目的によって、着目すべきポイントが異なることがおわかりいただけたかと思います。

研修業務の効率化やコスト削減をお考えなら、eラーニングの導入が効果的です。

使いやすさ、導入しやすさ、運用しやすさを兼ね備えたeラーニングシステム「etudes」のご利用をぜひご検討ください。

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る