catch-img

オンボーディングにeラーニングを活用すべき理由とは?

企業にとって人材育成は重要な課題です。若手社員、中堅社員向けの研修はもちろん、新入社員や内定者に向けた研修には特に力を入れるべきです。この記事では、新しく入社する社員に対する人材教育、オンボーディングを成功させるための教育方法としてeラーニングをピックアップし詳しく解説していきます。


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


目次[非表示]

  1. 1.オンボーディングに役立つ研修方法はeラーニング
  2. 2.eラーニングでオンボーディングを行うメリット
    1. 2.1.学習の進捗状況が把握できる
    2. 2.2.居住地に関係なく研修が受けられる
    3. 2.3.受講者のペースで研修を進められる
  3. 3.eラーニング×対面研修で効果アップ
    1. 3.1.OJT
    2. 3.2.ブレンディッドラーニング
  4. 4.eラーニングによるオンボーディングで学ばせる内容
    1. 4.1.ビジネスマナー
    2. 4.2.基本のビジネススキル
    3. 4.3.マインドセット
    4. 4.4.自社オリジナルのコンテンツ
  5. 5.オンボーディングには「etudes」
  6. 6.オンボーディングに使えるetudesの教材
    1. 6.1.新入社員・内定者向け研修セットプラン
    2. 6.2.OJTトレーナー向け研修セットプラン
  7. 7.オリジナル教材作成サポートも実施
  8. 8.まとめ


オンボーディングに役立つ研修方法はeラーニング

オンボーディングは、企業が新しい人材を受け入れてから組織の一員として定着させるプロセスのことです。多くの企業では、新しく社員が入社したら対面型の研修を企画・実行して新入社員研修を行い、必要に応じて基本的なビジネスマナーから企業の理念に至るまで短時間で集中的に指導するのが一般的となっています。

しかし、対面型の研修は多くの社員を一度に指導できる反面、個別のフォローがしにくいことや、研修場所への移動に時間や費用がかかることなどが課題となっていました。そこで、eラーニングを活用すれば、新しく社員が入社した際のオンボーディングをより効率的に実施することができます。


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


eラーニングでオンボーディングを行うメリット

ではここからは、eラーニングをオンボーディングに活用するメリットを3点紹介します。

  • 学習の進捗状況が把握できる
  • 居住地に関係なく研修が受けられる
  • 受講者のペースで研修を進められる

以下にて、詳しい内容を見ていきましょう。


学習の進捗状況が把握できる

まずeラーニングはPCやスマートフォン、タブレットなどの端末を使って学習を行う学習方法のことです。eラーニングでは、LMS(Learning Management System)という、教材やユーザーを管理することのできるシステムを使い、学習を効率化させることが可能です。


LMSは多くの製品があり、製品ごとに機能はさまざまですが、基本的には教材を配信したり、ユーザーごとの学習状況を把握したりできる機能が搭載されています。


LMSを学習に活用すると、管理者が受講者の学習状況を把握することが可能になります。従来の対面研修では、個人ごとに学習状況を管理する体制が整っていないことが多く、指導する講師同士で学習進捗状況を共有できなかったり、オンボーディングの段階で必要な内容を伝えきれなかったりすることがありました。


LMSを活用してeラーニングを配信すれば、受講者ごとの進捗状況をまとめて管理でき、受講者に無駄のない教育プログラムを提供することができます。また、学習の進捗状況を把握したうえで、フォローが必要な受講者の選定も行えるなど、多くのメリットがあります。


居住地に関係なく研修が受けられる

オンボーディングにeラーニングを活用することにより、どこに住んでいても手軽に研修を行えます。大規模な対面研修だと、研修の開催地から離れたところに住んでいる人が研修に参加する場合、移動時間や交通費がかかってしまいます。


eラーニングはインターネット環境と対応端末さえあれば、いつでもどこでも学習を行うことができるため、住んでいる場所によって生じる格差を解消できます。


受講者のペースで研修を進められる

eラーニングでオンボーディングを行うことにより、受講者のペースで研修を進められます。従来のオンボーディングとして一般的な対面研修では、新入社員をまとめて研修を行うため、人によって理解度がバラバラになってしまうという課題点がありました。


eラーニングではその人にあったペースで研修を進められ、管理者は学習の進捗状況を確認することができるため、誰も取り残されない研修が可能になります。


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


eラーニング×対面研修で効果アップ

eラーニングの研修を受講する女性社員たち

ここまでオンボーディングにeラーニングを活用するメリットをお伝えしてきましたが、eラーニングだけ行っていればいいのかというと、そうではありません。eラーニングにはさまざまなメリットがある反面、実践的なスキルを指導したり、研修を通じた職場での人間関係を構築したりすることが難しいというデメリットもあります。

そこでおすすめなのが、eラーニングと対面学習を組み合わせてオンボーディングを実施することです。

対面学習とeラーニングを組み合わせることにより、eラーニングの欠点を解消し、より高い研修効果を期待することができます。

ここからは、「OJT」にeラーニングを組み合わせるアイデアと、「ブレンディッドラーニング」という学習方法について紹介していきます。


OJT

OJT(On-the-Job Training)とは、実際に業務を行うことを通じて実践的なスキルや知識を身に付ける人材育成手法です。対面研修などの講義形式の研修とは異なり、実際に業務を経験することができるため、実務に役立つ内容を丁寧かつ重点的に指導できるというメリットがあります。また、対面研修と比べて指導者との距離が近いため、指導者との信頼関係を築きやすいこともメリットの一つです。


そんなOJTですが、eラーニングと組み合わせることによって、その効果を最大限に引き出せます。とくにeラーニングを用いて行うべきなのは、OJTトレーナーの教育です。OJTで教える内容を、事前にOJTトレーナーがeラーニングで学んでおくことで、いざ教えるときに分からないことがないようにしておくのです。そうすることによって、教育の効率化を図れます。また、OJTトレーナーに対してコーチングやティーチングスキルをeラーニングで学ばせることで、より分かりやすくオンボーディングを行うことができるでしょう。


ブレンディッドラーニング

ブレンディッドラーニングとは、さまざまな学習方法を組み合わせることにより、それぞれの学習方法のデメリットを補って効率的な教育を行う手法です。


基本的なパターンとして、eラーニングと対面研修の組み合わせがあります。従来の研修は講義形式で実施することがほとんどでした。しかし、eラーニングと対面研修を組み合わせたブレンディッドラーニングの場合は、eラーニングで講義動画によるインプットを行い、対面研修ではグループワークなどのアウトプットを行います。


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


eラーニングによるオンボーディングで学ばせる内容

eラーニングにもメリットとデメリットがあります。そのため、オンボーディングにeラーニングを取り入れる場合、eラーニングで教育するのに向いている内容を選択することが大切です。eラーニングでの教育が難しい内容は、対面研修やOJTなど他の教育手法と組み合わせると、研修の教育効果を最大限に引き出すことができます。


続いては、eラーニングによるオンボーディングで学ばせるのにおすすめの内容を4点ご紹介します。

  • ビジネスマナー
  • 基本のビジネススキル
  • マインドセット
  • 自社オリジナルのコンテンツ

以下にて、詳しい内容を見ていきましょう。


ビジネスマナー

オンボーディングで指導する内容のうち、ビジネスマナーはeラーニング向きの内容です。ビジネスマナーの基本動作などをeラーニングでインプットし、OJTで実践していくのがおすすめの流れです。電話応対や接客の言葉遣い、名刺交換の一連の動作などを、映像を使って確認することでわかりやすく頭に入れることができます。


また、オンボーディングでビジネスマナーを指導する企業が多いため、LMSの既存教材に質の高いビジネスマナーの教材が含まれていることもあります。既存の教材を活用できれば、すぐに研修を行いやすいということもeラーニングにおすすめする理由の一つです。


基本のビジネススキル

コミュニケーション力、課題解決能力、ロジカルシンキングなどの基本的なビジネススキルも、オンボーディングにおけるeラーニングで指導するのに向いています。


基本的なビジネススキルは、社会人として最低限身につけておきたいスキルですが、人によって得意な分野と不得意な分野が分かれやすい内容でもあります。そのため、対面研修やOJTでビジネススキルを指導すると、教える人によって指導の質が変わってしまうおそれがあります。


eラーニングであれば、講義動画を用意しておけば全ての受講者が同じ教材を使って学ぶことができ、公平な指導を行うことが可能です。


マインドセット

マインドセットも、オンボーディングにおけるeラーニングで指導するのに向いている内容です。マインドセットとは、社会人としての心構えを身につけることで、これから組織の一員として企業の利益を求める戦力になるための大切な準備です。


同じ企業で働くメンバーで価値観を共有することによって、コミュニケーションがスムーズになったり、社員の主体的な行動を引き出すことができたりします。


自社オリジナルのコンテンツ

オンボーディングにおけるeラーニングでの教育に向いている内容として最後に紹介するのが、自社オリジナルのコンテンツです。LMSを活用したeラーニングのメリットとして、オリジナルのコンテンツを利用することができるというポイントが挙げられます。


eラーニングを導入しなくてもビジネスマナーや基本的なビジネススキルなど、汎用性の高い学習内容に関しては、外部講師などを招いて質の高い研修を行うことが可能ですが、自社サービスに特化した内容の研修は自社でコンテンツを作成し、研修を行う必要があります。


eラーニングなら、自社サービスのマニュアルなどオリジナルのコンテンツを一度作成すれば、その後の研修に何度でも活用することができます。


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


オンボーディングには「etudes」

etudes_HP

引用元:etudes(エチュード)公式サイト

オンボーディングにeラーニングを導入すれば、社員を迎えるたびに行っていた教材の作成や対面研修の準備といった手間を省き、常に安定したクオリティでオンボーディングを行うことが可能となります。しかし、eラーニングを取り入れる際に導入するLMSには多種多様な製品があり、どれを選べばよいのか迷ってしまうこともあります。

                                    

アルー株式会社が提供する「etudes(エチュード)」は、受講者にも管理者にも使いやすい操作で、学習を身近なものにできるLMSです。質の高い教材や初期費用のないシンプルな料金プラン、セキュリティの強さから、多数の企業に選ばれています。


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


オンボーディングに使えるetudesの教材

アルー株式会社では、さまざまな場面に対応したセットプランをご用意しています。ご用意するセットプランのうち、オンボーディングに使えるプランの概要とパッケージ内容をご紹介します。

新入社員・内定者向け研修セットプラン

アルー株式会社の提供する「新入社員・内定者向け研修セットプラン」では、ビジネスマナーや基礎的なビジネススキルなど、これからビジネスパーソンになるために必要な内容をオンボーディングにおいて身につけさせることができます。


社会人として必要な責任感やロジカルシンキング、コミュニケーションに関する教材や、ビジネスで使われることの多いExcel、Word、Power Pointの基本的な使い方マニュアルなどが揃っており、どこの部署へも安心して送り出せる新入社員を育成することができます。


eラーニング上でアウトプットもできることから、確実に内容を身につけさせることが可能です。


新入社員/内定者向け <スタンダードプラン>

新入社員/内定者向け <ライトプラン>


OJTトレーナー向け研修セットプラン

アルー株式会社の提供する「OJTトレーナー向け研修セットプラン」は、オンボーディングにおいて新入社員を一人前のビジネスパーソンに育て上げることができる、オールインワンのeラーニングセットプランです。


指導者として必要な心構えや褒め方・叱り方、新人との関係構築に関する教材や、新人指導に役立つExcel、Word、Power Pointの基本的な使い方マニュアルなどが揃っており、企業の未来を担う指導者を育成することができます。


OJTは指導者によって教育の質が左右されやすい研修方法なので、しっかりとしたOJTトレーナーを育成することが特に重要となります。


OJTトレーナー向け研修セットプラン


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


オリジナル教材作成サポートも実施

アルー株式会社では、オリジナル教材作成のサポートも実施しています。企業独自のノウハウや自社製品のマニュアルなど、既存の教材では対応できない内容を教材化できるのもeラーニングの魅力です。


しかし、いきなりeラーニング用の教材を作成するのは少しハードルが高く感じるかもしれません。そこでアルー株式会社では教育ご担当者様に向けたeラーニングの教育設計のノウハウ提供も実施しております。


eラーニングの教材作成に関してお悩みのことがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。


「etudes」お問い合わせはこちらから


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


まとめ

この記事では、オンボーディングにeラーニングを活用するメリットや、eラーニングとその他の教育手法との使い分けについて解説しました。eラーニングは、受講者の学習状況の把握ができたり、いつでもどこでも自分のペースで無理なく学習を進められたりと、効率的なオンボーディングを行うために便利なツールです。


しかし、OJTや対面研修などの研修方法での指導が向いている研修内容もあるため、内容に合わせてeラーニングと対面研修を使い分けることが大切です。


新しく入社する社員にとっても企業にとっても、スムーズなオンボーディングを行うために、ぜひetudesの導入をご検討ください。


▼社内知識をeラーニング化してオンボーディングを効率化!

5分でわかるetudes


人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから

関連記事

人気のお役立ち資料

LMS選定中の方へおすすめ

LMS選定で考えるべきポイント6

etudesの特徴がすぐわかる

etudes資料2点セット

eラーニング販売をご検討中の方向け

eラーニングビジネスをはじめたい方向け

おすすめセミナー

人気記事ランキング

         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る