eラーニング教材

人材育成の成果につながる研修教材をご提供・作成いたします

異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーション

異文化背景を持つ外国人と働く上で必要な捉え方の違いを理解し、良好な関係を築いていくためのコミュニケーションを学びます。

約80分

カリキュラム

タイトル

概要

PART① グローバル環境でぶつかる壁を知る

異文化でどのような摩擦が生じるのか、その摩擦への対処法について学ぶ

PART② 目に見える・見えない違いを意識する

異文化間で摩擦が生じる例とそれへの対処法について学ぶ
日本人と渡航先予定の国の人との「目に見える違い」と「目に見えない違い」を考える(×1問)
外国人の社員と衝突が起こった背景として、どんな価値観の違いがあるのか、上手くやっていくための工夫を考える(×3問)

PART③ 日本人のコミュニケーションを客観視する

日本人のコミュニケーションの特徴を認識し、どのようなところに誤解が起こりやすいかという視点を養う
海外におけるコミュニケーションの事例を見て、いつもの自分ならどのようなことを言うかを考える(×3問)

PART④ コミュニケーションスタイルの違いを理解する

コミュニケーションスタイルの違いを認識し、どのようなところに誤解が起こりやすいかという視点を養う
認識の祖語が生まれてしまったケースを見て、認識の祖語が生まれないようにするためにはどういう伝え方が必要か考える(×2問)

PART⑤ 時間感覚の違いを理解する

時間感覚の違いを認識し、どのようなところに誤解が起こりやすいかという視点を養う
時間感覚の違いから、ことがうまくいかなかった事例を見て、このことが起きないようにするにはどう対応することが必要か考える(×2問)

PART⑥ 信頼関係の築き方の違いを理解する

信頼関係の築き方にどんな違いがあるのかを認識する
ビジネスの場で信頼関係を築くためにどう対応するかを考える(×2問)

PART⑦ 非言語的コミュニケーションの違いを理解する

非言語的コミュニケーションの種類を認識し、文化による違いを学ぶ
非言語メッセージの種類を整理する(×1問)
自分が相手に与えている非言語メッセージを、動画を取ることによって確認し、ふり返る(×1問)
相手の非言語メッセージを観察し、ふり返る(×3問)

PART⑧ 異文化コミュニケーションの振り返り

ここまでの学習内容を振り返る

おすすめ対象者

  • 海外出張や海外駐在を予定している方
  • 外国籍社員と働く日本人社員

コンテンツの特長

  • 日本人と外国人の違いについて様々な場面で学ぶことができます
  • スライドのみならず、音声でも要点を伝えるため、視覚と聴覚から学びを得ることができます