株式会社日経BP様
導入事例

etudes で実現する「経営者の分身作り」。中小企業幹部候補向けLMSの挑戦

日系BP稲葉様

株式会社 日経BP

事業部名:経営メディア販売部
担当者名:次長 稲葉 正敏 様(2019年3月現在)
業種:出版・Webサイトの運営
課題:独自のeラーニングサービス「社員の学び場 GOKUU」を運用するためのプラットフォームを探している
導入の背景
  • 新たな事業としてのeラーニングサービスを運用するためのプラットフォームが欲しい
導入の決め手
  • 中小企業の教育インフラを整えたいという想いに強く共感してくれた
導入後の効果
  • 2018年11月にサービス開始
  • 毎月5本ほど新たなコンテンツが追加され、飽きずに学び続けられる仕掛け作りができている

日経BP社は日本経済新聞グループとして、経営・技術・生活の3分野において、雑誌・書籍の出版事業、デジタル事業、展示会・セミナーなどのイベント事業など、ビジネスパーソン向けの事業を展開している。「日経トップリーダー」は、日経BP社が発行する中堅・中小企業経営者や新たに事業を立ち上げる起業家向けの月刊誌だ。1984年の創刊以来、経営の最前線を取材し、激変する経営環境の中で事業を展開する経営者に必要となる情報を提供してきた。

もともと日経トップリーダーは啓蒙という方向性があり、雑誌の発行以外にも一線で活躍する経営者を講師に招く経営者向けのセミナーを毎月コンスタントに開催している。このような事業展開を通じて、著名な経営者のセミナーの音源、動画が蓄積されていた。音源については1990年代半ばのものからすでにデジタルデータとして残っており、そのなかには堀場製作所の堀場雅夫氏、カシオ計算機の樫尾和雄氏といった名経営者の生前の音源も含まれている。同社ではこの貴重な資産を活用する新たな事業について模索していた。

「すでに亡くなっている経営者の講演は、今となっては新しく作ることはできない貴重なものです。他ではないこのようなコンテンツを中小企業の幹部の育成につなげたいという強い思いがありました」(稲葉氏)。

幹部を育成し企業の持続的成長を促す「社員の学び場 GOKUU」

GOKUU

この貴重な資産を活用するため、新たな事業として注目したのがeラーニングサービスだ。現在中小企業では幹部の育成が大きな問題になっている。

中小企業の経営者は良くも悪くも一国一城の主であり、自身の素質で社員を牽引するタイプが多い。社長の右腕となる幹部を育成するというところまでなかなか目が向かないのが実情だ。そんな経営者の悩みを解決するべく生まれたのがeラーニングサービス「社員の学び場 GOKUU(ゴクー)」(以下、GOKUU)だ。

京セラを創業した稲盛和夫氏は名経営者として知られるが、まだ経営者になって間もないころは自分と同じ責任感で働く社員がいないことに悩んでいた。自分の毛を抜いて吹きかければ自分の分身が何人も生まれるという孫悟空の逸話を何度も夢見たという。

GOKUUはこの稲盛氏のエピソードにちなんで名付けられた。まさに稲盛氏が思い悩んだ幹部の育成という問題を解決するため、経営の視点から学びの多いコンテンツをオンラインで提供し、経営者の分身を育てていくための学びの場だ。

「日経トップリーダーだからこそできるコンテンツを強みとして、あえて経営幹部向けにこだわりました」(稲葉氏)。

etudesの豊富な機能と日経トップリーダーのコンテンツが融合

日系BP稲葉様

日経BP社がGOKUUのプラットフォームとして選んだのが、株式会社D2C(当時)の提供するクラウド型eラーニングシステム「etudes」だ。 D2C(当時)では日経BP社に3年程前からetudesの提案を続けていた。

「D2C(当時)の担当者さんが日経トップリーダーの読者だったこともあり、中小企業の教育インフラを整えたいという我々の思いにすごく共感してくれました。GOKUUのサービスは社内でも新しい試みで、心強い味方が現れたと思いました。まさに願ってもないプロポーズをD2Cさん(当時)からいただいたということですね」(稲葉氏)。

地道な社内調整とコンテンツ制作を並行して行い、運用開始にこぎつけた。コンテンツの企画やサービスの販促を日経BP社が、システムの運用についてはD2C(当時)が担当し、二人三脚でサービスの運用を進めることになった。

貴重な資産で、GOKUUのコンテンツを充実

インタビュー風景

こうしてGOKUUは2018年11月にサービスを開始した。過去の豊富なコンテンツの他に、毎月5本ほど新たなコンテンツが追加され、飽きずに学び続けられる仕掛けになっている。

サービスはまだ始まったばかりだが、利用企業からの評判は上々だ。 「他にはない経営視点のコンテンツには魅力を感じていただいています。利用企業の経営者で別の会社を立ち上げる方がいて、新会社でも利用したいと言ってくれる方もいます。」(稲葉氏)。

経営の視点から社員を育成するために、良質なコンテンツを作り、経営者の分身を育てていくGOKUUの取り組みはこれからも続く。

 

etudesを使った社外向けLMSの活用例については、『eラーニングビジネスのモデルケース3選』をぜひダウンロードください。(無料)

また、LMSの社外利用についてより詳しく知りたい方は『社外向け学習もLMSで効率化!ビジネスプラットフォームとしての活用方法』や『eラーニング教材を社外向けに販売することはできる?おすすめのLMSも紹介』の記事をご覧ください。

オンライン講座の販売や有料セミナーのオンライン配信、オリジナルeラーニングコンテンツの販売など、LMSの社外利用についてのノウハウをご覧いただけます。

営業担当者より

営業

名経営者たちの講演集や名物社長の経営論、そして日経トップリーダー特集の動画化など、GOKUUには日経BP社ならではの魅力あるコンテンツが満載です。経営幹部の育成という、これまでにないeラーニングサービスの船出を支援させていただくことができて、大変光栄に思っています。

今後もコンテンツ制作や運用を通じて「経営視点での学び」に貢献するべく、持てる力を注いでいきたいと考えています。

 

関連記事

人材育成・eラーニングのどんなお悩み・疑問にも
私たちがお答えします。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
etudesのことが良くわかる
お役立ち資料はこちらから
         
etudes(エチュード)はアルー株式会社の登録商標です。
記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。
ページトップへ戻る